« ドアストッパー | トップページ | 電波の時計 »

2011年8月17日 (水)

新たな気持ちでチャレンジ

  ロードレーサーのペダルをSPD-SLに換えました。

Imgp6016

 ペダルと専用靴の底のつま先部分に着いたクリートという部品で固定されます。

 ペダルと靴が固定されるので、効率的なペダリングが出来るのです。

 以前も付けたことがありました。

 それまでに付けていたSPDペダルは、普通の靴の様にゴムの靴底でした。

Imgp6017

 (SPDペダル用サンダルの底)

 しかし、ロードレーサー用のSPD-SLペダルと靴は、走りに特化されています。

 MTB用のSPD靴のように歩くことをあまり考えられていません。

 Imgp6018


 (SPD-SL用シューズ)

 

 靴底がプラスチックでかちかちです。

 初めてこれを使った時のことです。

 足を着いた後、SPDペダル用の靴のつもりで、踵でペダルを探りました。

 カチカチの靴底では、金属製のペダルを捕まえることが出来ませんでした。

 そのままバランスをくずして転倒。

 幸い、川原の車止めをやり過ごす時に足を着いてのことでした。

 速度は出していませんでした。

 車は来ないところでした。

 危険のない場所でした。

 でも予想外のことで転倒しました。

 緩やかな上り坂だったので、転んだ衝撃も痛かった・・・。

 その痛みと、驚きで、「SPD-SLペダルだめ!!!」

 と、懲りてしまいました。

 靴もペダルも、職場のバザーに寄付してしまいました。

 それから数年後、今年の三月。

 年度末で、旧モデルとなったSPD-SL用シューズが安く売られていました。

 初めての時は失敗しましたが、それから経験も積んだし大丈夫でしょう。

 在庫処分品に自分のサイズと合うものがあったので買っておきました。

 ペダルの在庫処分品はありませんでした。

 そこまでは予算は回りません。

 地デジ用のHDDレコーダーを買った時にポイントが貯まりました。

 そのポイントでついにペダルも購入。

 恐る恐る使ってみました。

 ごくふつうに使えました。

 やはり坂道発進の時は、転んだ記憶がよみがえって怖かったです。

 でも何回か、経験しているうちにコツもつかめました。

 慣れるととてもいいペダルです。

 靴のかたちがあまりに特殊なので、通勤には使えません。

 出番は少なくなりますが、これはいいです。

  最初に失敗した時、靴とペダルは処分しなければよかったと思いました。

 けれど、それをしたから新しい気持ちで「もう一度チャレンジ」と思えたのかもしれない。

 そうとらえることにしました。

 本日の自転車走行距離 44キロ

 今日出会ったねこ 15

 今日の間違いやすい探し

 「SPD-SL」と「SPD」は、間違えて装着しやすい。

■送料無料■PD-6620G | シマノ ULTEGRA-SL SPD-SLペダルPD-6620G | シマノSPD-SLペダル ULTEGR...価格:8,799円(税込、送料別)

http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/075bbf42.f3437b59.075bbf43.b1555d98/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbebike%2fpd-6620g%2f%3fscid%3daf_ich_link_tbl&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbebike%2fi%2f10004562%2f

 

 

|

« ドアストッパー | トップページ | 電波の時計 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドアストッパー | トップページ | 電波の時計 »