« 自転車通勤で以降は? | トップページ | この乗り物の扱い »

2011年3月17日 (木)

「週刊 自転車ツーキニスト」からの抜粋

 私の自転車の師、疋田智さんのメールマガジン

 「週刊 自転車ツーキニスト」に自転車に増えて来た自転車通勤に対して、

 諸注意が書かれていました。

 420号と421号に渡って書かれていました。

 

 交通事情が不安定な今だけでなく、普通に自転車に乗る時の注意でもあります。

 今回は、完全なパクリです。

以下、自転車にかかわるところだけを抜粋します。

 「週刊 自転車ツーキニスト "Weekly Bicycle Tourkinist"

■1.左側通行

 まず断然一番目にお願いしたいのは“左側通行”だ。これはもう厳守。絶対の鉄則である。
 車道、歩道は、この際、問わない。本来は車道左端が望ましいし、そちらの方がはるかにスムーズかつセーフティなんだが、車道通行に慣れない人も多いだろうし、「歩道が安心」という悪しきイメージは、なかなか抜けない(それがどんなに間違っているとしても)。
 だから、今はまだ、車道と歩道については、道路状況に応じて、臨機応変に選んでいただいて構わないと思う。しかし「左」だけは守る。
 この左側通行の遵守だけで、自転車のリスクは半減できるはずだ。そして、現在、R-246などで起きているカオス(混沌)も、かなりの部分、回避できるはずなのだ。
 繰り返し強調しておこう。
 自転車は何としても左側通行。これだけは是非、心よりお願いしたい。
 そして、このメルマガの読者諸兄にお願いしたいのは、前から走ってくる(つまりは右側通行の)馬鹿者自転車、あ、いや、無知自転車に「自転車は左を走りましょうー♪」と、優しくアピールしていただきたいということだ。
 これはそのまま混乱回避に繋がる行為であり、巡り巡って、東北の方々を助ける行為であるとさえ思う。

■2.信号を守る

 何を当たり前のことを、といわれるかも知れないが、思いの外、守られていないのがこれだ。自転車は歩行者と似たようなもの、というイメージが抜けないのだ。
 信号遵守。当たり前だが、これまた鉄則である。
 あと、二段階右折も守ろう。これも法律でそう決まっている。

■3.飲酒運転をしない

 これまた当然のことではあるんだが、自転車も飲酒運転はダメだ。飲んだら乗ってはならない。ときどき地方に行くと「(クルマの)酔っぱらい運転はダメだから、自転車にしたよ」などという人がいるが、まったくの誤認識である。
 自転車であっても、飲酒運転は道交法違反だし(完全に赤切符)、なにより危険だ。
 首都圏がこれから自転車で過密状態になることが予想できる今、飲酒自転車運転に、寛容になってはならないと思う。

■4.夜間無灯火をしない

 これは思いの外重要で、夜間無灯火こそが、夜の事故の主因となっている。
 乗っている自分は見えているつもりでも、他者から自転車が見えない。自転車灯火の意味とは、他者から認識してもらうのが一番手、自分の道を照らすのは二番手、なのである。
 現在は電池式の明るいLEDライトが、非常に安く出回っている。これならばペダルも重くならない。エネループなどの充電バッテリーと併用すれば、ランニングコストなど、ほぼゼロだ。

 他にも傘差しや2人乗りなど、色々あるけれど「最低限、少なくとも」という意味ではこの4つ。是非ともよろしくお願いしたいものだ。この4項だけで、現在の自転車状況はかなり改善できる。
 というのか、このメルマガの読者諸兄である。そんなことは、ご自身としては百も承知であろう。
 だから、だ。
 周囲に、なのである。
 周囲にこの4つを伝授し続けていただけるとありがたい。

■停電のリスク

 そしてもうひとつ、関東の計画停電がこれからやってくる。
 光っていない信号機に巡り会うことも、これからは多々あるはずだ。交差点では常に徐行、光ってない場合は必ず停まる、そうした配慮も必要になってくるのだろう。
 しかし、これに関しては、私にも経験がないので分からない。

 皆々様、ご安全に。
 東北が、この状態の今、東京で救急車のご迷惑になるようなことは、極力あってはならないと思うから。

 ■5.歩道はあくまで歩行者優先、その上で徐行
 そして、もうひとつ、歩行者への気遣いだ。
 特に慣れていない人にとっては、道路状況などやむを得ない事情で、歩道を走らざるを得ないこともあるだろう。しかし、その際は決してスピードを出してはならない。暴走などもってのほかで、歩道はあくまで「走らせてもらっている」立場なのだ。
 歩行者にドケドケとばかりベルを鳴らす、なんてのも論外だろう。
 追い抜く時は「すいません」と声を掛ける。何かあったら即座に停まれるようなスピードを保つ。
 歩道には、お年寄りや、子供、ベビーカー、車椅子、白い杖など、多数の交通弱者が存在する。決して彼らの安全を脅かすようなことがあってはならない。
【ここまで】

■それともうひとつ

 交差点ではどうするか? 車道の左端ってどこのこと? どう走ればいいの? と、自転車の車道走行ルールについて、様々な質問も戴く。
 このメルマガの読者諸兄にも、周囲からそういう質問を受ける方も多いことだろうと思う。
 それぞれ場合分けをして、詳しく述べていったりすると、極端な話「自転車の安全鉄則」などという一冊の本ができてしまうわけで、分かりやすく、一言でいおう。

 自転車の車道でのルールは、原付とほぼ同じである。

 つまり原付バイク(←考えてみればヘンな言い方)でやってはならないことは、自転車でもやってはならないということだ。
 周囲に聞かれたらこう答えて欲しい。「原付バイクで考えてみれば、逆走や信号無視、傘差し運転ほか、“ダメ”なのは当たり前でしょ。自転車でも同じよ」と。

 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-url/index=books-jp&field-author=%E7%96%8B%E7%94%B0%20%E6%99%BA/249-6371737-5693951
【自転車通勤で行こう】
http://japgun.infoseek.ne.jp
バックナンバーはこちら。
http://www.melma.com/mag/03/m00016703/ 」

 引用終わり。

 本日の自転車走行距離 32キロ

 今日出会ったねこ 6

 今日の間違いやすい探し

 「温故知新」と「うんこ知新」は間違いやすい。

Imgp5477

|

« 自転車通勤で以降は? | トップページ | この乗り物の扱い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自転車通勤で以降は? | トップページ | この乗り物の扱い »