« お魚くわえたあの人に | トップページ | カード入れの方から会いに来る »

2011年2月 9日 (水)

「稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?」で長財布

  「稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?」という本を読みました。

 いいお財布を持つと、お金を大切に扱うようになる。

 お金のことを気にかけるようになる。

 お金をやり取りする人との関係も大切に考えるようになる。

 

 そうなってくると収入も上がってくるそうです。

 お財布にかけた金額の200倍の収入がこの著者の立てた仮設でした。

 「長財布」にするのは、お金を折り畳むことなく収納できるから。

 奇麗なお札を人に渡すことが出来る。

 お金も折り畳まれて窮屈な思いをしなくて済みます。

 書いてあることが、いちいちごもっとも。

 面白かったのです。

 素直な私は、「長財布」を早速買いました。

 著者は五万円するお財布でした。

 私はそこまで予算が組めなかったのでもう少し安いのを中古で。

 本には新品じゃないといけないとは書いてありませんでした。

 中古の財布は、それだけお「金に慣れている」ので、お金との相性もいいでしょう。

 勝手な解釈で中古品を買いました。

 それでも人生で最高級のお財布。

  買ってから思い出したことがあります。

 「お財布を買う」「お財布にお金を払うということ」に抵抗がった時期がありました。

 「なんで、お金を入れておくものに、お金を払わなければならない?」

 そう思っていたからです。

 そう考えていると不思議に、お財布をもらえました。

 買う場合も、この値段ならいいだろうと思えるものに出会えていました。

 面白いものです。

  千円、五千円、一万円とお札の中では、五千円が一番発行枚数が少ないそうです。

 五千円札が来るようになると「金運」が上向いてくるみたいです。

 長財布にしたとたん、五千円札が良く来るよういなりました。

 直ぐにお出かけになってしまわれます。

 しかし、わりに短いお出かけで戻られるようになりました。

 今まで、五千円札がお財布の中にあるか、無いかなど気にしていませんでした。

 この辺りの意識の違いが、お金やそれとまつわる人との関係を考え直す機会いなるのでしょう。

 因みに本当に金運が上がってくると「ギザ10」というふちがぎざぎざした10円玉が来るそうです。

 いまのところ、まだお見えになっていません。

 本日の自転車走行距離 32キロ

 今日出会ったねこ 2

 今日の間違いやすい探し

 「いきものがかり」と「なまものがかり」は、間違って聴きやすい。

Imgp5242

【送料無料】稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか? 価格:1,365円(税込、送料別)

http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f6887295%2f%3fscid%3daf_ich_link_tbl&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f14112061%2f

 

|

« お魚くわえたあの人に | トップページ | カード入れの方から会いに来る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お魚くわえたあの人に | トップページ | カード入れの方から会いに来る »