« 運気を120パーセント上げる方法 | トップページ | 艦長の椅子ともお別れだ »

2010年12月13日 (月)

ブロンプトン改造と修理

Imgp5185

  土曜の夜、折り畳み自転車ブロンプトンのブレーキレバーを換えました。

 以前使っていたMTBのもの、シマノのXTRです。

 16年間使い続けましたが、まだ使えます。

 このブレーキレバーには、変速機のレバーも着いていました。

 しかし、後ろギアのレバーは壊れて外してしまいました。

 前のギアは生きているはずです。

 ブロンプトンは2段変速なので、それがあれば十分なはずです。

 ブレーキワイヤーを外して、レバーを交換しました。

 

 うまく行きました。

 次に変速機の交換です。

 分解して驚きました。

 ワイヤーの組み込み方がまるで違う。

 ブロンプトンは、非常に緻密に設計されている折り畳み自転車です。

 非常にコンパクトになります。

 これ以上ないというほど完ぺきに折り畳めます。

 そのために、各部品がそれ専用に開発されています。

 互換性がないのです。

 それは聞いていました。

 しかし、ワイヤーの組み込み方まで違うとは気が付きませんでした。

 普通は、変速レバーの方からワイヤーを差し込んで、変速機まで引っ張ります。

 そこで張り具合を調整します。

 ブロンプトンのそれは、全く逆で、変速機の方から差し込んで、レバーの方で調整します。

 しかもワイヤーが純正品、もしくはそれに合わせた加工品でないと合わないようになっていました。

 XTRの変速レバーではワイヤーを固定できません。

 しかも、XTRの変速レバーは壊れていました。

 こっちは生きていると思っていたのに・・・・。

 そうなると、変速レバーに関しては今のままにしておきましょう・・・・。

 しかし、それに気が付くのが少し遅かったです・・・。

 ワイヤーは、すでに切ってしまいました。

 というわけで、翌日の日曜にサイクルハウスしぶやまで修理に持ち込みました。

 http://www.cycleshibuya.com/

 ちょうど一年前にこの店に注文をしに行きました。

 おかしな縁です。

 事情を話してワイヤー交換をお願いしました。

 請け負った仕事の関係で、修理には2時間ほどかかると言われました。

 商店街で時間をつぶして待ちましょう。

 古本屋で30分時間を費やしました。

 「本を買って、公園で読めばいい!!」

 と思いつきました。

 「夢をかなえる口ぐせの法則」という本を見つけました。

 いい口癖について考え始めたばかりです。

 そんな時にこの本に出会えるとは私は運がいいです。

 本を買って店を出ました。

 昼食の時間に丁度良かったので、食事をしました。

 食べ終えて、お茶を飲んで出ようとしたところで携帯が鳴りました。

 修理が終わったそうです。

 まだ半分の1時間です!!

 「もう終わりましたか!!!」

 私は運がいいです!!

 半分の時間でやってもらえました。

 「2時間はかからないと思うけど・・・」と言われていましたが、半分で済むとは思っていませんでした。

 自転車の修理は出している間、自転車に乗って時間をつぶすことが出来なので不便なものです。

 どこに行くにも歩かなければなりません。

 受け出した自転車は完ぺきになっていました。

 

 スペック通りに動いてくれる自転車は気持ちがいいです。

 半分の時間で済ませてくれたお店に「ありがとう」とお礼を行って、家路に着きました。

 本日の自転車走行距離 32キロ

 今日出会ったねこ 2

 今日の間違いやすい探し

 「スペシャル」と「すぺ猿」は間違いやすい。

夢をかなえる口ぐせの法則 価格:1,575円(税込、送料別)

http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f5530825%2f%3fscid%3daf_ich_link_tbl&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f12849278%2f

 

 

|

« 運気を120パーセント上げる方法 | トップページ | 艦長の椅子ともお別れだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 運気を120パーセント上げる方法 | トップページ | 艦長の椅子ともお別れだ »