« 新しい輪行袋 | トップページ | 「の」 »

2010年9月28日 (火)

心配することと信頼すること

 カミキリムシの幼虫「U字さん」が木の穴から抜け落ちていました。

http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2010/09/u-6565.html

 カミキリムシは木の中で幼虫時代をすごします。

 自然界でもうっかり木から落ちてしまうこともあるでしょう。

 カブトムシ用のマットを敷いて置いてよかったです。

 発見した時は、動きがありませんでした。

 死んじゃって出ちゃった・・・・・?

 さわると少し動きます。

 虫の息です。

 もう一度穴に戻そうとしましたが、入ってくれません。

 そのうち、またマットの上に落ちました。

 このまま死んじゃったら残念です。

 心配しました。

 でも、手の打ちようがありません。

 そこで「心配」をやめました。

 「信頼」に変えました。

 カミキリムシの幼虫を「信頼」するというのもおかしな表現です。

 生命力を信じることにしました。

 

 「心配」は、一見相手のことを考えているようです。

 でも心配は、「上手くいかないんじゃないか」ということが前提にあるような感じがします。

 信頼の方が、「上手くいくでしょう」という前向きな感じがしました。

 心配を信頼に変えたら自分の気分が楽になりました。

 「きっとU字さんはだいじょうぶ」

 しばらくして見に来ると、U字さんは木の下にもぐっていました。

 カブトムシマットを食べて成長する生活に変えたようです。

 それから数日経ちました。

 U字さんは生きています。

 心配することから信頼に変えたからU字さんが復活したのか・・・

 わかりません。

 でもその間、自分の気持ちは楽でした。

 「信頼」したことが実現した時、なんだか得した気分になりました。

 本日の自転車走行距離 32キロ

 今日であったねこ 1

 今日の間違いやすい探し

 「さるお方の犬」と「猿お方の犬」は間違いやすい。

 (カブトムシマットで生きることを決めたU字さん)

 Imgp5016

|

« 新しい輪行袋 | トップページ | 「の」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新しい輪行袋 | トップページ | 「の」 »