« 房総半島を走る | トップページ | 今戸神社 今どの辺編 »

2010年5月 4日 (火)

後輪は結構苦労している。

 2日に160キロも房総半島を走ったので、自転車の整備をしました。

 整備と言ってもチェーンを洗浄、各部の汚れを落とすというくらいですが。

 後のタイヤが随分と減ったことに気がつきました。

 今回は、「これでもか!」というくらいに山を登りましたから。千葉県は日本で最も平らな見だそうです。しかし、登りは登りです。やはりつらいのです。

 この登りに耐えた分、自転車の後輪は減ったのでしょうか?

 遠出をする時は、コントアーマグナムという大きめのサドルバッグを付けることが多いです。このバッグの重さを初めて感じました。

Imgp4372

 (マグナム先生装備中)

直前に風邪を引いたための病み上がりだったということもあって、自転車の、特に後輪がやけに重く感じました。そのせいでしょうか?

 登りが多い、病み上がり、大きめのバッグ、この3つが揃ったので、重く感じたのだと思っていました。

 タイヤの減りを見つけて、きつかったコースを改めて実感しました。と、いってもこのタイヤは昨年の8月から付けていますから、今回急激に減った訳ではありません。

160キロ走った→登りも多かった→タイヤはどうなってる?→減っている!→やはり!!

 という自分の中の図式が当てはまったということです。

 確かに、コントアーマグナムは重いです。次回は普通のサドルバッグで出かけてみましょうか。そうすれば、違いが判るかとおもます。

 その時は積荷を厳選しないと・・・。

 減った後輪を見ていたら、砂粒ほどのガラス片が刺さっているのと、糸のような細さの針金が3本刺さっているのを見つけました。パンクもせずに良く走ってくれました。

  自転車は後輪駆動なので、後ろのタイヤは前輪と比べるとその寿命が3分の1なのだそうです。けっこうご苦労なさっているのです。

 ぼちぼち交換ですね。

 本日の自転車走行距離 40キロ

 今日出会ったねこ 3

 コントアーマグナム

 <a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/0c1f2133.384ab387.0c1f2134.5018154a/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2flincroft%2fco811%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2flincroft%2fi%2f10000698%2f"

|

« 房総半島を走る | トップページ | 今戸神社 今どの辺編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 房総半島を走る | トップページ | 今戸神社 今どの辺編 »