« 非常識をはるかに超える発想 | トップページ | 御緑みどり »

2010年1月 4日 (月)

ねこを仲良くする方法

Imgp4051

 姪のねこを預かって、5日目です。

 だんだん慣れてきました。

 始めのうちは警戒して、お互いに威嚇していました。

 「大切な預かりねこをけがさせたら大変」

 と、母は気遣っていました。

 けれど、お互いを知らないと仲良くなんかなれません。多少ぶつからないと始まりません。

 様子を見て、両方をケージから出して、見合せました。

 けれど無理は禁物。うちのねこの方が年は下ですが、体は大きく、自分の家であるということもあって、圧倒的に有利です。

 だから、コンディションは預かりねこに合わせます。

 「だんだんきつくなってきたかな」と思える所で、「今回はここまで」と、お互いをケージに戻します。その繰り返し。

 姪、一家が年始に来ました。

 自分の家族が帰って来るとやはり嬉しそうです。

 でも、翌日家族旅行に出るので、ねこはそのまま預かります。

 置いて行かれたことが判るようで、家族が帰ったあとは寂しそうでした。

 そんなことが判らないうちのねこは、「遊びたい」思いでちょっかいを出します。

 応酬の「ねこぱんち」に力が入ってる・・・・。気が立っているようです!

 「今はそっとしておこう」

 うちのねこを退散させました。

 姪の母(妹)が、意外な過保護で、ねこをふたつ同時に出すことに反対していました。

 「喧嘩になる」って。

 怪獣じゃないんです。動物は意味の無い戦いはしないものです。ましてや同族、オスとメスです。それは無いです。

 同族で争う怪獣も、まれにいますが、

 「人間を食べたい」

 「仲良くしたい」

 など、お互いの考え方が違う場合が多いようです。

 少しずつの接触を続けて、ごはんを一緒に食べられるようにまでなりました。

 うちのねこは遊びたくて仕方がなく、食事が終わると追っ駆けっぱなしでした。

 そんなことしているうちに仲良くなるでしょう。

 そんなころ、お別れなんですけどね。

 本日の自転車走行距離

 今日出会ったねこ 2

 「サンダ対ガイラ」

 <a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f4157628%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f11926680%2f"

|

« 非常識をはるかに超える発想 | トップページ | 御緑みどり »

コメント

こんな方法があるんですね!
なるほど。

投稿: 悪女学研究所 ナオミちゃんベル | 2010年1月 4日 (月) 10:00

ナオミちゃんベルさん 実は、仲良くなりたいのに不器用な男の子どうしの間に入った、職場での体験がそのまま活かされています。

投稿: ねこじまん | 2010年1月 4日 (月) 13:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 非常識をはるかに超える発想 | トップページ | 御緑みどり »