« ご家庭では出来ない家庭料理「ぎがぷりん編」 | トップページ | 三殿台遺跡へ行こう! »

2010年1月23日 (土)

ご家庭では出来ない家庭料理「くずしぷりん編」

Imgp3982

 「ギガプリン」を仕込んだ翌日の朝。

 「出来た?」

 同僚に聞かれました。

 「まだ見てないけど。出来てるよ」

 「見て来て!!!」

 同僚が強く言うのも、私が世界で一番まずい素麺の製作者だったり、過日「フライパン餅」を見事に焦してしまったことを知っているから、

 『信用できない』そうです・・・・・

 なにしろ、「フライパン餅」はこの同僚から教わったのです。

http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2010/01/post-657e.html

 冷蔵庫を見て来ると、

 出来てました!

 件の同僚に見せると、

 「空気抜きしてない!」

 そう言われました。

 生地を入れた後、器を「こんこん」と軽くたたいて、空気を抜くそうです。

 「そんなこと、箱には書いてなかった!!」

 依頼主(こども)に生クリームと、イチゴで飾るか?と聞くと、そうして欲しいとの事だったので、一緒に作業。

 食べる時まで、ふたたび冷蔵庫へ。同僚がしまいました。

 昼過ぎに、件の同僚が呼びに来ました。

 言われるままに行くと、

 冷蔵庫開けたら、プリンが崩れていたって!!!

 見に行くと、本当に見事に崩れていました。

 もう笑うしかありません。

 同僚は「笑い事じゃない!!」と、責任を感じまくっていました。

 「だいじょうぶ。また作ったって良い」

 とにかく、これをかき集めて、依頼主の所へ持って行って、訳を話しましょう。

 ダメと言われたら、私がまた一緒に作ります。

 プリンが崩れた原因は不明です。

 冷蔵庫を閉めた時に、中のものとぶつかってしまったようです。

 「だいじょうぶ。こんなことは前にもあった」

 「ピンチの時は、ブルース・ウィルスの顔を思い出そう」

 そこで終わりと諦めなければ、なんとかなるものです。(含む希望的観測)

 作ったのが私だから、そういう判断が即時にできたのだと思います。

 発見した時、同僚の頭は「まっしろ」だったことでしょう・・・・。

 依頼主に見せると、それでいいと言ってくれました。

 ありがとう・・・・・・

 「ぎがぷりん」改め、「くずしぷりん」にその名も変更。

 味は全く変わりませんでした。

 一日が終わった後、スプーンと雑巾をもって、地下室にある冷蔵庫へ行きました。

 取りきれなかった「くずしぷりん」の後片付けです。

 冷蔵庫の床、壁に、崩れたプリンと生クリーム、イチゴが散らばっていました。

 プリン食べ放題です!

 そう思ったのは束の間。

 食べても食べても減りません・・・・。

 しかも冷蔵庫から直接食べるので、冷たい冷たい・・・・。

 「もういらない」ってくらいありました。

 予想をはるかに超えた量でした。

 プリンだけで、おなかいっぱい。

 「ぎがぷりん」は思わぬアクシデントで、「くずしぷりん」へとその姿を変えてしまいました。

 それでも楽しめた、職場の環境には感謝です。

 本日の自転車走行距離 32キロ

 今日出会ったねこ 1

 「断られた人が、夢を実現する」

 <a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f5952119%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f13111551%2f"

 

|

« ご家庭では出来ない家庭料理「ぎがぷりん編」 | トップページ | 三殿台遺跡へ行こう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ご家庭では出来ない家庭料理「ぎがぷりん編」 | トップページ | 三殿台遺跡へ行こう! »