« 700Cの実力 | トップページ | ♪ひっとりじゃない、つながぁてるよ♪ »

2009年12月30日 (水)

こんなサービス、めったに無いんだから!

Imgp3981

 映画「マクロスF」と「宇宙戦艦ヤマト復活編」を観てきました。

http://www.macrossf.com/movie/index2.html

http://yamato2009.jp/index.htmlららぽーと

 ららぽーと豊洲に入っている映画館で観ると、一日で2本観られるスケジュールでした。

http://www.unitedcinemas.jp/toyosu/index.html

 「映画のはしご」というのは好きでは無いのですが、1日ですべてが済んでしまうのは効率的でうれしい。

 封切作品を続けて観たのは、久しぶりのことです。

 まさに「めったにない!」

 マクロス先生は、テレビの続きかと思いきや、再編集でした。・・・・ってことはこの1本では完結しない?

 三部作?ガンダムみたいな?

 しまった・・・・

 案の上、映画が終わると完結編の「予告」がありました。

 ヤマト先生は、際立つキャラクターがないまま物語は進みました。

しかも表情に乏しい感じがしたので、感情移入出来るキャラクターを見つけられないまま終わってしまいました。

マクロスの方が各キャラクターが生きていて、それが心地よかった。

 シェリル・ノームが好き。

 風景がとにかく奇麗でした。それを観るだけでも一見の価値ありです。

 ヤマトも観終わると「第一部完」とありました。

 続きがあるんだ・・・・。

 どちらの映画も「敵」がぱっとしないというのが感想でした。

 マクロスは「宇宙カブトムシ」だし、ヤマトは「よじげんのぶにゃぶにゃ星人」。どちらも悪役としては物足りない。

 敵 → 悪 → 越えるべき困難 この構図があってこそ物語は盛り上がるのに。

 勧善懲悪という構図は実によく出来ています。

 マクロスの方は人間ドラマを重視したいので敵役を「宇宙カブトムシ」にして希薄にしたのでしょうけれど、ヤマトの方は強い「敵」あってこその物語だけに残念でした。

 次回作に期待!

 ・・・次回も行くのか?

 行くんでしょうね。

 本日の自転車走行距離 8キロ

 今日出会ったねこ 1

マクロス・クォーター

 <a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/09a4794f.c5471023.09a47950.c3ff85fc/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbigbe%2f23928%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbigbe%2fi%2f10024622%2f"

ヤマト

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/0b69f9b9.eb70c3e1.0b69f9ba.839cbc50/?pc=http%3a%2f%2fwww.rakuten.co.jp%2fhobby-toraya%2f530019%2f888488%2f888489%2f%23894097&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fhobby-toraya%2fi%2f894097%2f"

|

« 700Cの実力 | トップページ | ♪ひっとりじゃない、つながぁてるよ♪ »

コメント

そうなんです!悪役って実は大事なファクターなんですね。
そしていい作品の悪役って、スバラシイ。いろんな意味で。
今年も悪女の研究、頑張っていきます(^^

投稿: 悪女学研究所 ナオミちゃんベル | 2010年1月 1日 (金) 14:54

ナオミちゃんベルさん 悪役だったんですか?!

 悪がしっかりしていてくれないと、ヒーローが輝かない。
 
 お鍋もしっかり灰汁を取らないと美味しくないです。

投稿: ねこじまん | 2010年1月 1日 (金) 15:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 700Cの実力 | トップページ | ♪ひっとりじゃない、つながぁてるよ♪ »