« ブルックスの革サドル | トップページ | 2倍なら100%増量中!ってこと! »

2009年12月25日 (金)

ジテンシャ・ノ・ノリゴコチ

Imgp3977

 折り畳み自転車ブロンプトンは、部品を換えたこともあってか、かなり乗り心地が変わりました。

 良くなりました。

 片側とはいえ、ペダルをビンディングにしたことで、自分のしたい走り方に近づけた感じがします。

 最高時速27キロ。店のお兄さんの40キロには及びませんが、意外と出ます。

 特に帰り道にその良さを実感しました。

 行きに感じなかったのは、慣れたから?

 出勤という時間的制約から解放されたこと、夜なので速度計の表示が見えず、速度が気にならなかったことなどもその要因のひとつでしょう。

 ハンドルをチタンに換えたのも良かった気がします。

 店で、試乗させて貰った時は、実機が無いので「店長の自転車」でした。

 店長機は、カーボンパーツで改良されていました。

 「カーボンやチタンは振動の吸収性がいい」

 お兄さんはそう説明してくれました。

 あ・・・・そういえばチタンハンドルが家にあったっけ。

 忘れてた部品をその時、思い出しました。

 けれど、チタンの振動吸収能力の高さは日々実感していますが、ハンドルにそれが期待できる??

 以前、使っていた時はそんな実感は無かったので半信半疑でした。

 でも、せっかく持ってるし、忘れかけていたけれどそれを思い出したので、押し入れから引っ張り出して来て、交換しました。

 やはり、帰り道にその違いに気がつきました。

 あ・・・いいかもしれない。

 純正品のハンドルより、振動が少ない気がします。

 もっともこの辺りは「そんな気がする」程度の認識ですけれど。

 本日の自転車走行距離 32キロ

 今日出会ったねこ 2

|

« ブルックスの革サドル | トップページ | 2倍なら100%増量中!ってこと! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブルックスの革サドル | トップページ | 2倍なら100%増量中!ってこと! »