« 星一つない夜でも君を見つけるから | トップページ | NCC-1701-D »

2009年6月17日 (水)

勝間さんの新聞記事

 二つ折りにした新聞紙の上に乗って、じゃんけんをします。負けると新聞を半分に折っていき、先に乗れないほど小さく折ってしまった方が負け。そういうゲームを子どもとしました。

「新聞島何とかゲーム」と聞いたけれど名前は忘れてしまいました。子ども二人と私と同僚の4人。ふと見ると、同僚の乗った新聞に勝間和代さんの記事が出ていました。

「あ・・・終わったらそれ読みたいから、取っておく」

 ゲームは単純なルールの割にすごく面白かったです。終わってその新聞を確保。小さく折りたたまれてしまいましたが、ポケットに入れるには都合がいい。

 別な場面で頭から水をかぶってしまいました。これからの季節こういうハプニングはしょっちゅう起こるので、驚きはしません。でびちゃびちゃ・・・おまけに泥までかぶってしまいました。

着替えに行ったついでに濡れた服を洗濯機に入れました。こうすれば翌日また奇麗なのが使えます。洗濯機に入れたことをすっかり忘れて、放課後にそれを見つけた同僚に言われ、あわてて干しに行きました。

 ズボンの後ろのポケットに何か塊が入っています。

「???」

 取り出してみると、四角くなった紙の塊。「?」

「あっ!!勝間さんの新聞記事だ!!!」新聞ゲームをした後、いろいろなことがあったので、すっかり忘れていました。がび~ん。

四角い塊となった新聞を近くにいた同僚に見せて受けたショックのことを話しました。

「それは読まなくてもいい記事だったんだよ。勝間さんの記事はたくさん読んでいるから身になっている」

あ・・・なるほど。そういう見方もいいですね。気を取り直して、自分の机に向かおうとした途中で、ともに新聞ゲームを楽しんだ同僚に会いました。

塊を見せて話をすると、

「笑える!!!」

 ・・・ぶっとばす。

Imgp3444

 

 本日の自転車走行距離 45キロ

 今日出会ったねこ 18

|

« 星一つない夜でも君を見つけるから | トップページ | NCC-1701-D »

コメント

そのゲームは小学生の頃、「沖ノ鳥島ゲーム」と呼んでいました。

投稿: かくげ太 | 2009年6月17日 (水) 21:39

かくげ太さん 沖ノ鳥島ゲーム!いずれにしても「島」がイメージなんですね。段々沈んでいく・・・・

投稿: ねこじまん | 2009年6月18日 (木) 07:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 星一つない夜でも君を見つけるから | トップページ | NCC-1701-D »