« NEXT GENERATIONS | トップページ | 星一つない夜でも君を見つけるから »

2009年6月15日 (月)

派手に行こうぜ!

 Imgp3443 映画「STAR TREK」のサウンドトラックCDを買いました。映画は最高に面白かったけれど、音楽の方が過去のシリーズのそれのように私の印象にもうひとつ残りません。

曲目をみていたら14曲番目に「派手に行こうぜ!」と訳題の付けられた曲がありました。オリジナルタイトルは「TO BOLDLY GO」この言葉は「TO BOLDLY GO.WHERE NO ONE HAS GONE BEFORE.」このシリーズ共通のキャッチフレーズです。

「TO BOLDLY GO」は「勇敢に行け」とでも訳したらいいのかなと思っていました。そこにこのCDでは「派手に行こうぜ!」という訳を付けています。

へえ~、そんな発想があったのかと驚きました。翻訳というより劇中のイメージから付けた意訳だと思いますが、いい訳です。

 自転車を注文した時に、好きな言葉フレームにを入れられました。私はこの「TO BOLDLY GO」を入れて貰うように頼みました。自転車でいろいろな所に行ってみたいという願いをこめてつけたかったのですが、文字数制限があって「WHERE NO ONE・・・」以降は入れられませんでした。なのでそのエッセンスだけでもと思い「TO BOLDLY GO」を。

 TO BOLDLY GO.を「派手に行こうぜ!」と訳されたのは私には衝撃的でした。「派手に行こうぜ!」という言葉、気に入ってしばらく頭の中で回していました。

そうしているうちに「ふっ」と、週末の飲み会のことが思い出されました。顔は合わせていますが、それほど話をしたことがない同僚と話をする機会がありました。そうしたらその方がすごい。生命力にあふれた感じ、輝いている、私はただただ圧倒されました。

すごい人だったんだと圧倒されっぱなし、こいつには敵わないとおもっていたのが、飲み会の翌日。少し落ち着いて振り返られるようになって、「あれ?でも穴もあるよね」と、冷静半分、やっかみ半分になったのが、翌日の後半。

 「派手に行こうぜ!」という言葉をキーワードに、「そういえば自分の中にもその方と似たような部分てちゃんとある」ということに突然気がつきました。この辺は自分の中でしか通用しないやや飛躍した理論があって、説明が難しいのですが。

そう思ったら、なんだか急に力が湧いてくるような高揚感を覚えました。

そのまま、映画「STAR TREK」の二回目を観てきました。一度観ているので何が起こるか分かっているのにドキドキする。そして力が湧いてくる高揚感があります。

 自分の中に使っていない、あるいは眠らせている力がまだまだある。そう思えるのでした。週末の飲み会、私の好きな言葉「TO BOLDLY GO.」、その意訳「派手に行こうぜ!」という言葉、「STAR TREK」が自分の中でつながってもっとそれが大きな何かにつながっていきそうな予感がしています。

 本日の自転車走行距離 39キロ

 今日であったねこ 11

「スタートレック」サントラ盤CD

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f6053409%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f13182359%2f"

|

« NEXT GENERATIONS | トップページ | 星一つない夜でも君を見つけるから »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NEXT GENERATIONS | トップページ | 星一つない夜でも君を見つけるから »