« こちらの車線もスイスイ進みたい | トップページ | ご家庭では出来ない家庭料理「オール電池化」偏 »

2009年4月22日 (水)

前後不覚!

 先日、雨の日の宇宙走行中にパンクしたばかりなのに、またやってしまいました。

タイヤの寿命が来ているというサインなのか、たまたま運が悪いのか?

ハンドルの切れが悪いと思っていたら、前輪の空気が甘くなっていました。パンクしたようです。雨の中、借りられるような軒先を探して、チューブ交換をすることにしました。

ホイールを外してタイヤを調べると、粒状のガラスの破片が刺さっていました。こんな小さなもののせいでパンクですか・・・・。まだ異物が刺さっていないかを確認してから、新しいチューブと交換しました。

 交換用のチューブは、バルブが短いタイプのもの。前回のパンクで滅びたかと思われましたが、未使用ものもがまだ一本残っていたのです。それを使っちゃいましょう。

短いバルブは空気を入れにくくて嫌なのですが、これが最後の一本。もうこのタイプのは買いません!交換作業も無事に終了。さて走りだそうと思ったら、ふらふら・・・・変な感じです。

あ・・・・後輪も空気圧が甘くなっている。パンクしたらしいです。

「がび~ん」

パンクは仕方ないですが、前後いっぺんにパンクするというのはそうそうあるものではないです。私の人生でも初めてのことでした。嘆いていても仕方がないので再び交換作業です。

♪ほら つよくなーれ つよくなーれ 100回唱えて♪

何かで自分を鼓舞しないとね。ただでさえイヤなパンク修理作業なのに、雨の中、しかも二回も・・・。

 後輪にも前輪に刺さっていたような物とおなじ粒状のガラスが刺さっていました。前後輪同時に踏んでしまったようです。予備のチューブ2本、すべて使ってしまいました。交換作業を終えて帰路につきます。今度パンクしたら押して歩かなければなりません。気を付けて走りましょう。・・・・粒状になったガラス片などよけようがないのですが・・・・。

 しばらく走ると変な感じがします。後輪の回転の仕方が変なのです。後輪を組み込むときにずれたかな?変速レバーをいじっても直りません。このまま騙しだまし走って帰ろうかと思いましたが、「ぴょこんぴょこん」と下から突き上げられるような不快感があったので、停止して調べることにしました。

手で後輪を回してみると、回り方がいびつです。???

良く見ると、チューブがタイヤからはみ出して膨らんでいます。「しまった!チューブを組み込むときに失敗した!」前輪交換作業を終えたすぐあとのことだったので、後輪のそれは適当にこなしてしまったようです。その付けがここに出た・・・。

このまま走っていたら、「パン!」という音と共にチューブは破裂していたことでしょう。あぶないあぶない。チューブをこれ以上刺激しないように注意しながら、空気を抜きました。

 チューブをタイヤの中にしっかりと収めて、空気を入れる時も確認しながら作業をしました。通勤自転車完全復活です。

ちゃんと収まったタイヤはやはり走りやすい・・・。

 本日の自転車走行距離 33.5キロ

 今日であったねこ 8

|

« こちらの車線もスイスイ進みたい | トップページ | ご家庭では出来ない家庭料理「オール電池化」偏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« こちらの車線もスイスイ進みたい | トップページ | ご家庭では出来ない家庭料理「オール電池化」偏 »