« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月30日 (木)

まぶたのおとっつあん

Imgp3198  職場に出入りしているいりおもてねこの子ども達は全部で3ついるということが分かりました。

くろちびと母似のキジトラがふたつ。今日も元気に遊んでいました。

近寄るといりおもて母ねこが「しゃーっ!」と言って怒ります。

 黒がいるので父親は、いりおもてねこと仲の良い黒ねこだと仮説を立てていました。そうしたら、ちびねこたちが遊ぶすぐ裏に黒ねこが来ていました。ああ・・・やはりあんただったのね。

Imgp3197

 オスねこは子育てをしないと聞いていましたが、家族を見守っているのでしょうか??

 

 本日の自転車走行距離 33キロ

 今日であったねこ  11

| | コメント (0)

2009年4月29日 (水)

「起きていなくてもすべて正しい」

 FeBeからのメールマガジンで勝間和代さんの「起きていることはすべて正しい」のオーディオブックが発売になったという情報を知りました。

朝一番で、購入、ダウンロードをしてデジタルオーディオプレイヤーに放り込んでそのまま出かけました。

5月に房総半島で泊まりがけで出かける企画があるのです。その集合場所の館山まで自転車で走ったらどうなるだろうか?ということを確かめに出かけました。蘇我までは走ったことがあります。上総湊―金谷港―館山までも走ったことがあります。蘇我から上総湊までは未知の世界。

 家から館山までは走れない距離ではありませんでしたが、5時間もかかりました。集合時間に間に合わそうと思うとかなり早く出ないといけません。当日は電車で運ぶ輪行かな・・・。せいぜい蘇我までの自走でしょう。

 館山について、自転車を分解。あとは電車で帰りました。電車の中で今朝ダウンロードしたばかりの「起きていることはすべて正しい」を聞くことにしました。

あれ?!勝間さんの声だ!ああ・・・初めの挨拶ね・・・そう思っていたらずぅ~っと話しています。本人自らオーディオブックの読み上げを担当したようです。今までのは声優さんが読み上げていました。

おお。勝間和代さん新たな挑戦なのですね。これはお買い得なオーディオブックです!勝間さんは早口で吹き込まれているので、「倍速版」を聞いているような心地よさもありました。じつは次にオーディオブックを買う時は「倍速版」をと思っていたところでした。「起きていることはすべて正しい」に関しては倍速版はいらないかもしれません。

 ただ、自転車で130キロ近く走った後だったので、電車の中では耳にスピーカーを付けたままほとんどの時間を眠っていました。睡眠学習というやつです。

「起きていなくてもすべて正しい」

 本日の自転車走行距離 131キロ

 今日であったねこ 2

「起きていることはすべて正しい」

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f5882478%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f13067821%2f"

「起きていることはすべて正しい」オーディオブック版

http://www.febe.jp/content/content_27877.html

| | コメント (0)

2009年4月28日 (火)

カエルノアジ

Imgp2992

 「名古屋に行ったらお土産はかえる饅頭」と言い続けた甲斐がありました。

今年になって二度目のかえる饅頭です。

成分にかえるは含まれていませんが、可愛くて美味しいカエル饅頭はお勧めです。http://www.aoyagiuirou.co.jp/okashi/unique.html

 本日の自転車走行距離 16キロ

 今日であったねこ

「ユウキノアジ」

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f5168808%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f12635806%2f"

| | コメント (0)

2009年4月27日 (月)

悪の巣窟

 自転車で走っていたら、前を歩いているご夫婦らしきお二方。犬の散歩の途中だそうです。

旦那さんとおぼしき方が、マンションを指さして「マンションに住んでいる奴らはろくなもんじゃない。悪い奴らだ!」と言っていました。

・・・・なぜ??私もマンション住まいなんですけど。聞いてみたかったですが、不毛な会話になりそうだったので聞き流すことにしました。

 だいたい悪の巣窟というのは、マンションみたいに目立つところには無く、どこか東京近郊の山辺りにあります。それも更に地下深くにあって、たいていは機械仕掛けで開閉する両開きの岩戸があり、その先に悪者たちはいるものなのです。

だからマンションは見込み違いの場合が多いのです。まれに建物そのものが悪者、ビルがモンスターという場合がありますが。

 奥さまらしき人が私の自転車に気がついて「自転車来るよ」と教えてあげました。ゆっくりわきを通らせてもらうと「ちっ!」と旦那さん、舌打ちなさいました。「ちっ!」を聞いた瞬間、もしかしたらお気に召さないことはすべて相手のせいになさるタイプの御方ではないかとお見受けしました。私が出会ったのはそれだけのごく短い時間でしたが、そうだとしたら長くお付き合いされている方は大変だ・・・。

 本日の自転車走行距離 32キロ

 今日であったねこ 1

 ビルガモ 

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/09ee631b.c4204e61.09ee631c.48575fa5/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2faromacoffee%2fbirugamogold%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2faromacoffee%2fi%2f10002296%2f"

| | コメント (0)

2009年4月26日 (日)

未完成なタイムマシンに乗りたくない

 自転車で出かけよう、腕時計を忘れずに。心拍計も兼ねた腕時計ですが、最近は心拍など全然測っておりません。

けれど、腕時計をするのは習慣化したので、忘れるとなんだか不安です。

文字盤を見ると「1月1日 午前1時7分」のデジタル表示。「いちがつついたちいちじななふん???」

 何かで時計の設定をいじってしまったでしょうか?記憶にありません。昨晩最後の日付に関する記憶は2009年4月25日でした。あれから随分と時が流れました・・・か?電波障害?心拍計は使っていないから外部からの電波は受けないはず・・・。

自転車にはスピードメーターが別に付いていて、時刻はそれでもわかるので、腕時計が正確な時刻をささなくてもひとまずは大丈夫です。

出かけながら、サドルの上で時計が狂った理由をいくつか考えてみました。

仮説1 私が眠っている間に年代は不明だが、「1月1日 午前1時7分」までタイムスリップをした。

仮説2 特殊な電磁波を発生させる物体が家の上空または地下を通過したため、影響を受けた。

仮説3 時計のみが時空を超えた。

仮説4 未完成のタイムマシンの影響http://gatekepper.blog77.fc2.com/blog-entry-216.html

仮説5 機能不全 つまり壊れちまったということ

 仮説の検証

仮説1、他の人にとっても今日は、2009年4月26日なようです。なのでタイムスリップはしていない。

仮説2 家にある他のデジタル機器は一切影響を受けていないのでこれが原因とは考えにくい。

仮説3 時計についた傷などに変化が見られなかったので、時計はそのままのようです。

仮説4 今のところ同じことを繰り返したという体験は無いので、この影響の心配はなさそうです。

仮説5 これは困ります。やめてください。お願いします。

 仮説の構築と検証を繰り返しましたが、どれもしっくりとは来ませんでした。立ち寄り先でふと時計に目を落とすと、「電池切れ」の表示が点滅しています。時刻表示がおかしいと気がついた時にはこの表示はありませんでした。

それと心拍計をしばらく使っていないので、電池はそうそう減らないはずという思い込みがあり、その寿命は頭にありませんでした。

帰って、電池を交換すると♪時は急に思い出したよう動き出す♪ 

 本日の自転車走行距離 22キロ

 今日であったねこ 0   

キャットアイ MSC-HR10 ハートレートコンピューター

 <a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/03210eec.9a73e6cd.045ce858.4a0f6446/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fworldcycle%2fcateye-mschr10%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fworldcycle%2fi%2f10007963%2f"

「スターゲイトSG-1」

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f5245120%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f12694817%2f"

| | コメント (0)

2009年4月25日 (土)

ぴん・へっど

 通勤用の自転車がまたパンクしました。先日、前後輪が同時にパンクするという極めて珍しく、かつ不快な体験をしたばかりだというのに・・・・。

 パンクした後輪を外してパンクの原因を調べました。小石、金属片、ガラス片など、それもとても小さなものがつぶつぶつぶつぶタイヤ中に刺さっていました。タイヤのパターンもちびていて、「こりゃ寿命だ」ということが一目瞭然でした。

パンクの直接の原因は、針金状の金属片でしたが、つぶつぶつぶつぶと刺さっていたかけらも、ちびて薄くなったタイヤをいずれは貫通してパンクを引き起こしていたでしょう。交換です。

 タイオガのシティグリッパーを使っていました。雨の日対策で選んでみたタイヤです。ごく太でスピードは出ませんが、これが使い心地の良いものでした。ただ、タイヤ表面のパターンの間が異物を拾いやすく、パンクしやすかったことと、減りやすい(主に雨の日使用だったので、どんなタイヤでもその寿命は短くなります)という欠点はありましたが、濡れた路面でもスリップする心配が全くなく、雨天時では最強のタイヤでした。

なので、次もそれにしたかったのですが、今のところ通販以外で売っているのを見たことがなく、今回緊急に交換が必要になったので、比較的どこでも手に入る「ツーキニスト」という通勤用のタイヤにして購入、帰宅途中に交換してしまいました。

700×28Cというサイズにしました。本当は35Cという太目のものにしたかったのですが、無かったので・・・。

 タイオガのタイヤは32Cというサイズでしたが、実際は35Cあるんじゃないかというくらいボリュームのあるものでした。それと比べると28Cというサイズは、ほっそ~りしていて、とても頼りない感じです。

泥除けも極太タイヤ用のを付けているので、妙に余った空間が変な感じです。

 本日の自転車走行距離

 今日であったねこ

 ツーキニスト

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/035ace87.d778e222.087b698a.a6928bb5/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fthepowerful%2ftourkinist700%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fthepowerful%2fi%2f10001349%2f"

 つぶつぶつぶつぶ刺さってパンクしたというイメージ

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/09eb831f.51d7e98f.09eb8320.b79d7838/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2ft-jnky%2f10000845%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2ft-jnky%2fi%2f10000845%2f"

| | コメント (0)

2009年4月24日 (金)

史上最強の人生戦略セミナー第二回に行く

 勝間和代さん講師の「史上最強の人生戦略セミナー」その第二回に行って来ました。

セミナーの内容は、自分の中にある問題を見つけ出して、それとどう関わっていくのかを考えることなので、とても個人的なことになるのでここには書きません。

 今回のセミナーで「はっ!」と学んだこと。

 「未来は変えられないけれど、過去は変えられる」という言葉です。

「へ?」変えられるのは未来じゃないの??タイムマシンに乗って過去を変えようとする悪者と戦うヒーローの口癖はたいてい「未来は自分たちの手で創るものだ!」です。

未来こそ変えられるものではなかったのでしょうか?

 未来とは「過去の積み重ね」の上に起こるもので、「今」という状況を変えない限り、決まってくるものだそうです。その「今」を変えたいと思ったら、「過去」と向き合うこと。

それも自分が出来れば見たくない、無かったことにしたいマイナスな部分の過去と向き合って、その自分の中の「歴史的評価」を変えていくことだそうです。

「自分て、思っているほどダメじゃない。過去にこんなにたくさんの凄いことをこなしてる」と過去の自分に対する認識を改めると「今」が変わり、その積み重ねである「未来」も変わってくる。

ああ・・・なるほど!「過去を変えることが出来る」ということはそういうことか!

 本日の自転車走行距離 32キロ

 今日であったねこ 10

| | コメント (0)

2009年4月23日 (木)

ご家庭では出来ない家庭料理「オール電池化」偏

P1040340

  オール電池化で「水てんぷら」。

製作者は途中で席を外してしまいました。

火をかけているときは、スイッチを切っていってください。電子のお願い。

 

  本日の自転車走行距離 45キロ

 今日であったねこ 13

| | コメント (0)

2009年4月22日 (水)

前後不覚!

 先日、雨の日の宇宙走行中にパンクしたばかりなのに、またやってしまいました。

タイヤの寿命が来ているというサインなのか、たまたま運が悪いのか?

ハンドルの切れが悪いと思っていたら、前輪の空気が甘くなっていました。パンクしたようです。雨の中、借りられるような軒先を探して、チューブ交換をすることにしました。

ホイールを外してタイヤを調べると、粒状のガラスの破片が刺さっていました。こんな小さなもののせいでパンクですか・・・・。まだ異物が刺さっていないかを確認してから、新しいチューブと交換しました。

 交換用のチューブは、バルブが短いタイプのもの。前回のパンクで滅びたかと思われましたが、未使用ものもがまだ一本残っていたのです。それを使っちゃいましょう。

短いバルブは空気を入れにくくて嫌なのですが、これが最後の一本。もうこのタイプのは買いません!交換作業も無事に終了。さて走りだそうと思ったら、ふらふら・・・・変な感じです。

あ・・・・後輪も空気圧が甘くなっている。パンクしたらしいです。

「がび~ん」

パンクは仕方ないですが、前後いっぺんにパンクするというのはそうそうあるものではないです。私の人生でも初めてのことでした。嘆いていても仕方がないので再び交換作業です。

♪ほら つよくなーれ つよくなーれ 100回唱えて♪

何かで自分を鼓舞しないとね。ただでさえイヤなパンク修理作業なのに、雨の中、しかも二回も・・・。

 後輪にも前輪に刺さっていたような物とおなじ粒状のガラスが刺さっていました。前後輪同時に踏んでしまったようです。予備のチューブ2本、すべて使ってしまいました。交換作業を終えて帰路につきます。今度パンクしたら押して歩かなければなりません。気を付けて走りましょう。・・・・粒状になったガラス片などよけようがないのですが・・・・。

 しばらく走ると変な感じがします。後輪の回転の仕方が変なのです。後輪を組み込むときにずれたかな?変速レバーをいじっても直りません。このまま騙しだまし走って帰ろうかと思いましたが、「ぴょこんぴょこん」と下から突き上げられるような不快感があったので、停止して調べることにしました。

手で後輪を回してみると、回り方がいびつです。???

良く見ると、チューブがタイヤからはみ出して膨らんでいます。「しまった!チューブを組み込むときに失敗した!」前輪交換作業を終えたすぐあとのことだったので、後輪のそれは適当にこなしてしまったようです。その付けがここに出た・・・。

このまま走っていたら、「パン!」という音と共にチューブは破裂していたことでしょう。あぶないあぶない。チューブをこれ以上刺激しないように注意しながら、空気を抜きました。

 チューブをタイヤの中にしっかりと収めて、空気を入れる時も確認しながら作業をしました。通勤自転車完全復活です。

ちゃんと収まったタイヤはやはり走りやすい・・・。

 本日の自転車走行距離 33.5キロ

 今日であったねこ 8

| | コメント (0)

2009年4月21日 (火)

こちらの車線もスイスイ進みたい

 「となりの車線はなぜスイスイ進むのか?」という本を読んでいます。

車のドライバーから自転車がどう見えるかについても書かれていて、なかなか興味深いです。

ヘルメットをかぶって乗る自転車と、そうでない自転車だと、ドライバーはどう認識するのかの実験では、ヘルメットをかぶった人の乗る自転車の方が、近くを通過するそうです。ヘルメットをかぶらない素頭の方が、車は避けて走るそうです。

ありゃ意外!ヘルメットをかぶっている方が、交通ルールを守るなどの意識が高いだろうから、車が意識してくれるものだとばかり思っていました。

ところが、この本によると実際は、素頭の方を注意するそうです。どうやらヘルメットをかぶっているということは、事故を起こした時に被害が少ないだろうと思う。もしくは、素頭の方が人間的で、ヘルメットは無機質な感じがするので「人」として扱おうとするのかもしれないと仮説を立てています。

 また、道を曲がるときなどに手信号を出す自転車と、まったくしないで走る自転車とでは、手信号を出さない自転車の方に注意を払うそうです。

これも意外!それは、手信号を出す自転車はこれからすることが分かるので、油断してしまいがちなのだそうです。一方で、なにも表現しない自転車は、何をしでかすか予行動の測がつかないので注意をし続けるのだそうです。

言われてみると「なるほど!」と思えないことはないですが、これまで安全と思っていたことが、実は安全ではない?どうしたらいいの?これらの実験結果から、自転車に対するドライバーの反応は、「かなり相手に対して依存している」ということからきているのではないかと思いました。

運転している方は、相手が注意して回避行動を取ってくれるだろうことを期待している。それは車だけでなく、私も自転車に乗っていてよく思うことでもありました。「向こうが避けるべきだ」「車が気を付けてくれるべきだ」と、相手にその判断と行動を依存する傾向があります。

 左車線を逆に走行してくる自転車などに対して「こちらが正しいのだから」相手が避けるべきだと思って意地を張ったりとあまり意味の無い行動をとりがちです。

まだ読みかけの本ですが、これまでのところからの学びは、「自分を守るのは自分だけ」相手がどうにかしてくれるなどということは思わない方がいい。今日も無事に帰宅できたのは、ただ単に運がいいだけのまぐれが続いているだけ。運転が上手いわけでも、何かに守られているわけでもない。そう思う方が現実的で健康的かもしれません。

 本日の自転車走行距離 32キロ

 今日であったねこ 6

「となりの車線はなぜスイスイ進むのか?」

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f5885525%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f13069853%2f"

| | コメント (0)

2009年4月20日 (月)

マインド・マップでつかまえて

 「人生なんて・・・」ふいぃ~とため息をついた同僚に「大丈夫!あなたは意外と強い!」と言葉をかけました。どうも「人生なんて」などと聞くと「そんなことない」と言いたくなるのです。

「根拠はぁ?」と聞かれたので、「根拠はないけど、あなたを見てれば分かると」などとその場を取り繕い・・・。

そ~いわれると根拠といえるものを、根拠まで行かなくとも、なぜそう思うのかぐらいは言語化しておいた方が良さそうです。

そんなことを頭の片隅に置きながら、会議の時間となりました。たまたま件の同僚氏と隣の席になったからでしょうか、会議中にその『ふわっ』と「根拠」が思いつきました。

「あ・・・・やはり私の直感は正しかった!」

ところが、会議が終わるころにはすっかり忘れてしまいました!

「さっきの『大丈夫』の根拠を思いついたんだけどね・・・・」

「うん!うん!」

「会議が終わったらすっかり忘れちゃった!」

「さいてー!!!」

思い出したらまた話します・・・。と、またまたその場を取り繕い。

帰宅中、自転車のサドルの上で思い出すだろうと目論んでいました。自転車走行中、体を動かしてアクティブになっているせいもあり、意外といろいろな考え事ができるものなのです。ところがいくら走っても思い出せない・・・。

こうなれば、お風呂に使っている時が頼みです。しかし、いくらお湯に浸ってリラックスしても記憶はよみがえりません。出るものといったら屁の気泡ばかりです。

 「マインドマップ」でやってみたら?「ザ・マインドマップ」という本を一冊読んだだけで、正式な訓練などは受けていませんが、本を読んだことを頼りに時々、自己流のマインドマップをやっています。

同僚氏の名前を書いて、そこから「人生なんて」-「大丈夫」とキーワードを書き、それについて「なぜそう思うのか」を文字にして書き出してみました。その「なぜ」に自分で答えているうちに出ました、答えが・・・・。

ふぅ~これでひと安心です。

 翌日、同僚氏に

「昨日の結局思い出せなかったけれど、出ました」と伝えました。

「あの何とか(私の疑似マインドマップのこと)で?」

「そう」

見せながら説明すると、とても喜んでくれました。ノートの切れ端に描いた落書きに近いマインドマップを大事そうに持ち帰ってくれました。

げ・・・あげるつもりで書いたんじゃなく、こういう流れでだしたと言うことを説明するために見せたのに・・・ちょいと恥ずかしかったですが、喜んでもらったので良しとします。

 本日の自転車走行距離 32キロ

 今日であったねこ 2

「ザ・マインドマップ」

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f3675663%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f11543589%2f"

| | コメント (0)

2009年4月19日 (日)

♪前に前に前に突き進むのさ♪

 去年の暮に同僚といったカラオケで「つよくなーれ」という歌を歌いました。カラオケはもともと好きでは無いので、何年ぶりに行ったかというくらい久しぶりのことでした。

モニター画面に映る歌詞を見ながら歌っていて気がついたことですが、この歌はプラス志向の塊りのようなものだということが判りました。CDを聞いているときには気がつかなかったことです。

それからは心を高揚させる曲として聴くことにしています。そうやって聴いていると、B面に入っている「PINK GENEREATION」という歌もかなりプラス志向の強い歌だということに気がつきました。

曲の中に♪前に前に前に突き進むのさ 立ち止まってる暇はないね♪という歌詞があります。「♪立ち止まってる暇はないね♪」を今年の目標の一つに頂きました。

何かしなくてはいけないことをする時に、なんだかんだといい訳をして、先延ばしにしがちです。そんな時に、頭の中で、もしくは実際に声に出して「♪立ち止まってる暇はないね♪」と言い聞かせると、即行動に移れるようになりました。

これは自分でも驚くほどの効果でした。これは何にでも使えるね!と思っていたら、自転車で信号待ちをしているときにはまずいですね・・・。

「♪前に前に前に突き進むのさ 立ち止まってる暇はないね♪」でスタートさせると・・・・・・・・・・。

 本日の自転車走行距離 17キロ

 今日であったねこ 2

「つよくなーれ」

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f4505112%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f12114502%2f"

| | コメント (0)

2009年4月18日 (土)

シルバー・シート

 自転車に乗っていると、よく道を聞かれます。

信号待ちをしているときにそれは多いです。すぐには走りださないだろうから話しかけやすいのか、自転車で来たということは、近くに住んでいると思われやすいのか。

どちらにしても私は道を教えることは上手くないのでお役にたてることが少ないです。先日も信号待ちをしていると声をかけられました。

お国は分かりませんが西洋から来た人のようです。流暢な日本語で地図を見せながら聞いてきます。地図があるなら探せそうですが、漢字が読めないようです。

銀座にある何とか言うビルに行きたいそうなのですが、確かに私は毎日のように通勤でこの道を通っています。しかし、ビルの名前まではいちいち見ていませんでした。

地図と照らし合わせて、「だいたいあの当たりだろう」と目星を付けることしかできませんでした。「あの辺かなぁ」と指をさすと「マタキイテミマス」といってその方向へ歩いて行きました。見つかることを祈ります。

日本語が通じることはありがたかった。けれど考えてみると日本語が使えるその人はすごいです。逆に私が海外に出て道に迷った時、同じように現地の人にそこの言葉で聞けるかというと・・・・。

そう思って、氏と別れた後に、自分が答えた言葉を英語にするとどうなるかを頭の中でやってみました。

「ここは銀座」・・・ギンザ。

「シルバー・シート」

ああ・・・何かが違う。

 本日の自転車走行距離 32キロ

 今日であったねこ 10

| | コメント (0)

2009年4月17日 (金)

謎の中国人

 昔バイトをしていた所でのこと。バイト仲間に太極拳をしている人がいました。ある時、太極拳の大会が日本で行われるというので、その準備のためにやってきた中国人の友人を案内したいというので、バイトを休むという連絡が入りました。

その電話を受けた同僚は上司へ報告しました。報告の後で「謎の中国人ですね!」と付け加えました。

それを受けたその上司は、「謎かどうかは分からないが、中国人なことは確かだ」と応えていました。

訳が分かるような分からないようなこの会話、聴いてから数十年の年月が過ぎ去ったというのに、今だに記憶に残っています。中国人といえば謎。何故かは分かりませんがなぞ。

 日が伸びてきたので、通勤用自転車のライトをハブダイナモライトから電池式のライトに交換しました。ハブダイナモは前輪が回って発電を続ける限り、バッテリー切れの心配はないし、明るいのでとても便利ですが、欠点は重いこと。これからは日が伸びる一方なので外すことにしました。

但し通勤用自転車は、太いタイヤを履かせているし、泥除けも付けているのでもともと重く、ハブダイナモを外しても「軽くなったぁ!!」という実感は薄かったです。

代わりに電池式のライトを着けました。それと透明プラスティックで出来た風車にLEDライトと発電機が仕込まれていて、風車が回るとLEDが光る「Windy Flasher2 」というものを久しぶりに装着しました。Imgp3192

前消灯としては機能しませんが、回転した風車が発電して青く光るので、バッテリー切れの心配ない表示灯としては申し分ありません。

ただ、発電するときにノイズが発生するので、ワイヤレスのスピードメーターや心拍計が影響を受けます。それで使用を中止していましたが、クロモリ鋼フレームのロードレーサーを通勤専用にしたのでワイヤレスの機器を外してしまいました。なのでノイズの影響を受けません。それで再登場。

 帰宅途中、信号待ちをしていると初老の男性が近づいてきました。

 「???」

何か言っています。中国語のようです。「なに?」言っていることがさっぱり分かりません。

通じないとみると、風車を指さしました。あ・・・これがどこで売っているのかが聞きたいか、さもなくば売ってくれと言っているようです。

買ったところ? これを買ったもう数年前のこと。その後他で売っているのを見たことがないし、発電時にノイズが発生するので評判は良くなようだし、もう生産しているかどうかも疑問です。

売ってくれ? しばらく使っていなかったとはいえ、気に入っているのです。あきまへん。

なのでどちらも却下。そもそも私の類推に過ぎず、仰っていることが分かりません。信号が変わるのを機会に失礼させてもらいました。

いったいどうして欲しかったのか、謎を残したままですが私はその場を後にしました。

なぞ・・・

 本日の自転車走行距離 16キロ

 今日であったねこ

 

| | コメント (0)

2009年4月16日 (木)

ちびおもてねこ2009

Imgp3189 Imgp3188

 職場に出入りするねこ、「いりおもてねこ」が今年もこねこを産みました。目撃者の証言によると4ついるそうですが、私が見られたのは2つ。

黒と、母似の「いりおもて柄(キジトラ」のちびおもてねこ達。その撮影に成功しました。

Imgp3187

 

 本日の自転車走行距離 32キロ

 今日であったねこ 9

| | コメント (0)

2009年4月15日 (水)

宇宙でのパンク

 雨の日は、普段は道の端っこなどに追いやられている路上に落ちているゴミが、ふやふやふやふや雨に流されて道のあちこちに広がりやすい。

つまり踏みやすくなって、その結果自転車がパンクする確率が上がります。昨日、雨の中の宇宙走行中にそんなゴミを拾ってしまったらしく、後輪がとがった金属片を拾ってしまったようでパンクしてしまいました。

幸いなことに、家まであと僅かだったこと、陸橋の下を利用できたので雨に濡れずに修理作業ができました。タイヤ・チューブに刺さった不純物を取り除き(これをしないと再びパンクします)、予備のチューブに変えて、携帯用ポンプで空気を目分量で入れて修理完了(帰宅してゲージ付きポンプで適量にします)。再び走行開始、無事帰宅することができました。

 雨の日の宇宙走行に備えて自転車のタイヤをタイオガ・シティグリッパーという太めのタイヤにしています。このタイヤ、水はけが良いように表面に溝がしっかりと刻まれているのですが、その溝がゴミをひっかけ安い。このタイヤにしてからパンクする率が上がったような気がします。

 けれどこのタイオガ・シティグリッパーというタイヤ、雨に濡れた路面でもまったくスリップなどの心配する必要がなく、安心して走ることができます。濡れた鉄板の上でも走らない限り、滑ることはなさそうです。宇宙走行では最高のタイヤの一つだと思っています。

ただ今回に限り、パンクはむしろ望んでいました。それは使っているチューブのバルブの長さが短いタイプのもので、リムから頭が少ししかの露出しません。ポンプの口金が着け辛く空気がとても入れにくいのです。

長いタイプのものに買い替えましたが、せっかく付いている物、しかもまだ使える物を交換するわけにもいかないので「パンクするまで使いましょう」と思っていました。

ようやくその時がやってきたわけです。短いバルブに装着して長くする「バルブ・エクステンダー」というのも買いましたが、もう一つ使い勝手がよくありません。やはり始めから適当な長さの物を使った方が効率がいいです。

「これで短いバルブのチューブとはお別れ!」です。帰宅してサドルバッグに予備チューブの補給をしました。その新しい予備チューブのバルブを確認すると・・・・短いタイプ・・・・。

・・・・・・まだあったんだ。

 本日の自転車走行距離 35キロ

 今日であったねこ 8

タイオガ・シティグリッパー

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/03210eec.9a73e6cd.045ce858.4a0f6446/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fworldcycle%2ftig-c-tir119%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fworldcycle%2fi%2f10023845%2f"

トピーク バルブ・エクステンダー

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/03ff0b1c.69b2ceec.03ff0b1d.ff77aff7/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fjoint%2fbbe-topeak-ppp045%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fjoint%2fi%2f10015617%2f"

| | コメント (0)

2009年4月14日 (火)

私にとっての最高のねこ

Imgp3170

 猿、日曜に参加したサイクリングで立ち寄った公園でねこと出会いました。

声をかけると「にゃぁ~」と野太い声で答えてくれます。い~声なのです。答えてくれるねこは、人に慣れている場合が多いです。手を差し出すと、匂いをかいできます。

ここで更に手を伸ばしても逃げる気配を見せなければ、かなり親しくなれるねこです。

頭を撫でると、まんざらでもない感じ。引き寄せてみました。来てくれます。だっこしてみました。逃げようとしません。

人懐こいねこだということがmこれでようやく分かりました。

 このねこの野太い声が、私が人生で初めて飼ったねこの声を彷彿させてくれます。私が小学校5年生の時に買ってきたねこ。当時のお金で15000円したシャムねこでした。

デパートの屋上の特設会場で買いました。メスねこ、血統証付き。けれど帰って調べたらオスねこでした。当時は、ねこの雄雌の区別も分からなかったんですね。「ミーコ」って名前まで付けちゃったのに・・・。

だから血統証は真っ赤な偽物。親が買った先に電話しても誰も出ませんでした。だまされたわけです。

ねこは、肌が弱くて、肩の毛がすぐ抜けるし、歯並びは悪いし、血統証がまともだったとしても、「ねこちゃんコンテスト」などに出て賞を取るような玉ではありませんでした。

 けれどそんなことは全く問題がないくらい、いいねこでした。気性が荒くて、よく噛みついたり引っ掻いたりして、生傷が絶えませんでしたが、それも面白かった。であった時が5年生だったということもあり、ねこを飼っているというよりも兄弟のように共に育ったという対等な感じでした。

 Imgp3184 14年間生きました。私の中の最高のねこです。そのねこの声に、公園で出会った白ねこの声がそっくりでした。

 そのねこのお陰で、私の誇りのねこにしばい思いを馳せることができたのでした。

 本日の自転車走行距離 16キロ

 今日であったねこ 1

| | コメント (0)

2009年4月13日 (月)

ウルトラマン商店街

自転車仲間と都内を巡るサイクリングに行きました。桜新町の駅に集合して、まずは長谷川町子美術館。

Imgp3169私は「サザエさん」好きではないので、外で待っていました。長谷川待つこ。

続いては祖師谷大蔵にある「ウルトラマン商店街」ここはかつて円谷プロのあった場所。一度は来たいと思っていました。

駅前にはウルトラの先生の像が立っていました。ウルトラの先生の前で記念撮影。お昼はこの商店街のラーメン屋で食べました。「赤ラーメン」とかいう唐辛子いっぱいのラーメンを頂きました。あまり辛くなかった。もしかして「赤ラーメン」の赤は唐辛子では無くて別なもの?トマトとか・・・。

Imgp3175

 その後、中野方面へ。先月友人が主演する芝居を高円寺に見に行ったときに通った道に出てしまいました。

桜新町と高円寺の辺りはこういう風につながっているのかと、自分が知っていた「点」であった場所が「線」でつながりました。

 本日の自転車走行距離 32キロ

 今日であったねこ 5

| | コメント (0)

2009年4月12日 (日)

「泣いてたまるか」

 東京MX-TVで渥美清主演の「泣いてたまるか」というテレビ番組の放送が始まっていました。

タイトルは聞いたことがありますが、観たことはありません。試しに録画をして観てみました。4月6日放送分からの録画で、第一回からは間に合いませんでした。続きからで分かるかなと思いましたが、まあ話の種にでもなれば十分です。

 これがなかなか見応えがあります。脚本もよく練られていていいドラマでした。続いて次の放送分の録画も観ることにしました。

あれ・・・?前回はタクシーの運転手だったのに、野球の審判だ・・・。どうやら一話完結で、しかも毎回設定まで変わるようです。まあ、凝っていること。

この毎回趣向を凝らして設定を変えるあり方が好評だったようで、番組は2年も続いたそうです。そういえば昔のテレビドラマは13回とか半端な回数で終わらず、長かったんだ。途中で主演俳優も変わるそうです。・・・ちょっとショック。

毎日1時間もののドラマを録画して観るのはなかなかしんどいですが、ひとまず主役が降板する回まで観ましょうか・・・。

 本日の自転車走行距離 68キロ

 今日であったねこ 4

MX-TV

http://www.mxtv.co.jp/bangumi/create_html2008.php?date_value=20090413

「ないてたまるか」について

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B3%A3%E3%81%84%E3%81%A6%E3%81%9F%E3%81%BE%E3%82%8B%E3%81%8B

「渥美清の泣いてたまるか」DVD

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f3742737%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f11602477%2f"

| | コメント (0)

2009年4月11日 (土)

チタンの音

Imgp3013

 ノイズを消してくれるイヤフォンがあるということを聞いたので、探しに行きました。

現物を見ていると、ノイズを消去するのに、単4電池など別なバッテリーが必要なようで、なかなかイヤフォン単体でどうにかしてくれるものは見つかりませんでした。

バッテリーの予備も持ち歩くのは利便性に欠ける気がしたので却下。そこまでノイズに困ってはいないです。

 「高級イヤフォン」のコーナーを見ると、「チタン鍛造」というチタンを使った製品がありました。audio-technicaの製品。あ・・・チタン。私はチタンが好きなのです。

ノイズを消してくれる機能は付いていませんが音は良いそうです。私がイヤフォンを使うのに使いたいものは、セミナーの様子を録音したものや、本の朗読などの「オーディオブック」です。なので音質などマニアなことはそもそも分からないし、必要なこだわりではないのですが、「チタン」という所に魅かれて買いました。

 使ってみても音の違い・・・分かりません。デジタルオーディオプレイヤーを買った時に付いていたイヤフォンと比べるとバカみたいに重くなりました。

チタンは軽い金属ですが、それは鉄と比べた場合のこと。もともとプラスティックで出来たものと交換しても、その軽量化は期待できません。

よく考えて見れば当たり前のことですが、重くなったことに驚いてしまいました。

使い慣れてくると「あ・・・音は良いかもしれない」と思えるようになってきました。何より「チタン」というところがいい。これで耳学問します。

 本日の自転車走行距離

 今日であったねこ

audio-technica ATH-CK7

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/09ccae97.db9ba2b6.09ccae98.1a0894a2/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fyamaha-shibuya%2fpa00189%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fyamaha-shibuya%2fi%2f10000527%2f"

| | コメント (0)

2009年4月10日 (金)

♪昼は墓場で♪

昼は墓場で
青山墓地を職場の自転車で走りました。桜のトンネルが綺麗だったこと。これだけ花が咲いていると、墓地も楽しい公園のように見えてくるから不思議です。

 本日の自転車走行距離 32キロ

 今日であったねこ 2

| | コメント (0)

2009年4月 9日 (木)

だからお前はだめなんだ!

Imgp3008  「ねこは入れるな」という看板を見かけました。なんという野蛮な会社でしょう!と憤慨してよくよく見て見ると、高圧電気を扱う関係上、感電を恐れているようです。

うっかりねこが迷い込んで、そのねこが帯電ねこになったら大事故につながる。それを防ぐために「ねこ出入り禁止」にしているようでした。

それなら納得です・・・。でもねこが出入りできない所は伸びないぞ。

 本日の自転車走行距離 16キロ

 今日であったねこ

| | コメント (0)

2009年4月 8日 (水)

効率が10倍アップする新・壁面飾り生産術

 職場の壁面飾りを毎年作ります。

いつもは私がそういうことが好きで得意ということもあり、自ら担当していました。同僚も信頼して任せてくれるので、私としても嬉しい限りなのですが、後進にその道を譲ることにしました。今のままだと、私ひとりがそのノウハウを抱えていることになり、「出来る人」が限られてしまいます。

ただ交代しただけでは、毎年やることなのでそこに役立つ「続けられる仕組み」を作っておこうと考えました。

私がどういう方法発想で、デザインを思いつくのか、どうしたら他にも作業が山ほどあるこの時期に限られた時間内で効率よく、しかも見栄えのするものを作ることができるのかを、自分なりにもう一度考えて、それを書き出してみました。

 そのいくつかを

 ・デザインが決まるまでとにかくノートに思いつくままの絵を描き続ける

 ・製作では大きなハサミを使う → 効率がいいし、大胆に製作できる

 ・必要な材料は現場に運んでおく → 工程が多いと時間もかかる

 ・失敗したら、それを生かせないかを考えて、ダメなら潔く捨てて作り直し

 ・紙は大胆に切る 材料節約も大切だが締め切りに間に合わせることが最優先

 ・全体のイメージを紙に描く → 時間内にできるデザインなのかもここで判断

 ・「早く完成品が見たい!」と強く思う → 脳が自然にその方法を探し始める

 ・作業時間は多めに見積もりを出して申告する → 当然申告時間内余裕をもってに収まるので「奇跡の職人」の伝説も同時に作れる

 書き出しているうちに「自己啓発本」を書いているような気がしてきました。なのでこのメモを「効率が10倍アップする新・壁面飾り生産術」と名付けました。

もちろん、私がとても影響を受けた勝間和代さんの「効率が10倍アップする 新・知的生産術」から頂きました。

 新年度準備作業の一番の大物である壁面飾りを同僚に任せたので、私は掲示板の「お知らせコーナー」を作りました。「わかばちゃん」と名付けたかえるがお知らせしてくれます。Imgp3138

 同僚が考えた壁面飾りにはいくつか動物が登場します。麒麟も登場キャラクターの一員ですが、これがなかなか厄介なようで、それだけ私が手伝うことにしました。

Imgp3139ああ・・・やはりノウハウを手渡すより、自分で手を動かした方が気持ちがいいです。

 

 本日の自転車走行距離 32キロ

 今日であったねこ 3

「効率が10倍アップする 新・知的生産術」

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f5149927%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f12604985%2f"

| | コメント (0)

2009年4月 7日 (火)

マスキング作業

 職場の新年度に向けての準備作業で、部屋の壁を塗り替えました。塗り替える前にペンキが余計な所に着かないために「マスキング」という作業をするわけですが、これが結構面倒な作業で、どうかすると塗装作業よりも時間がかかったりします。

けれど、やればやっただけのことのある作業で、これを怠ると後で一生に近いと思われるほど長い時間公開をします。

 私はこのマスキング作業が、塗装に関しては素人集団の職場の面々のなかでは異様に上手いことが分かりました。マスキングテープをはがしても塗装がはみ出さないの。

どうしてだろう?と思ったら、家でも趣味で似たような作業を年中していたからでした。プラモデルの塗装をする前に塗り分け部分のマスキングをやっている訳です。それも部屋の壁塗りよりもはるかに細かく難しい作業を。

芸は身を助けるという奴でしょう。Imgp2899

(マスキング作業中のNCC-1701-E U.S.S.エンタープライズ)

 

 本日の自転車走行距離

 今日であったねこ

NCC-1701-E U.S.S.エンタープライズ 

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/09a4794f.c5471023.09a47950.c3ff85fc/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbigbe%2f21226%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbigbe%2fi%2f10019035%2f"

| | コメント (0)

2009年4月 6日 (月)

西湖で再会

 Imgp3134 河口湖を出発して、西湖、本栖湖と周り、富士宮までひたすら下るというサイクリングに自転車仲間と日曜に行ってきました。

日曜の週間天気予報は雨でしたが、雨は前日に前倒しとなり、予定は決行されました。雲が多く寒かったのが残念と言えば残念ですが、楽しかった。

 途中に通る西湖は、私にとって思い出のある場所で、私の所属しているある子ども会で毎年夏は、群馬県は中里村という所に皆で泊まりに行っていたのですが、中学生の時にどうしてもいつもの宿が取れないという年があり、一度だけ西湖のほとりにある「村民館」という廃校になった小学校を宿舎としている場所を借りてキャンプをしたことがありました。

その「村民館」は今はもう無いだろうけれど、あの近辺に行けば何か思い出がよみがえるかもしれないと、淡い期待を持っていました。

しかし、自転車で通ったコース上に、当時の思い出を蘇らせるものはありませんでした。一度しか行っていないしね・・・。いつもの中里村ではないので「ここじゃない!」という気持ちもあったから、余計に記憶には残っていないのかもしれません。

 西湖のほとりに「いこいの里」という所を観光する予定だったので、コースをそれました。「何となく見覚えのあるようなないような道・・・」と思っていたら

「あった・・・村民館」

Imgp3135 いこいの里のすぐ隣にありました。今はもう使われていないようで、閉鎖されていましたが、私はここに数十年前に来たことがあります!

子ども会の仲間は、この年を境に仲良くなり始めました。その関係は今でも続いています。毎年参加していたイベントの性格が、「終わったらおしまい」と、消費されるものから「来年はこうしよう!」と自分たちで主体的にかかわっていくものに変わっていく境目の年でもあったと思います。私のその認識のせいもあって、この翌年からの記憶は鮮明なのですが・・・。

 いこいの里観光組と、西湖周回組に別れましたが、私はどちらにも加わらず、ひたすら村民館を見ていました。記憶が蘇るようで、蘇らない、のどに魚の小骨の刺さったような、便秘のうんこのような、すっきりしない気持ちを残しつつ。

でもここは間違いなく、かつて我々がひと夏を過ごした所です。

 本日の自転車走行距離 32キロ

 今日であったねこ 0

| | コメント (0)

2009年4月 5日 (日)

元吉 淳 作品展に行く

Imgp3016  私の古い友人元吉君の初めての作品展、その初日に行ってきました。

他にも久しぶりの友人たちと何人も再開して、さながら小さな同窓会のようでした。私と出会うことを予期していなかったので、どこに目を向けていいのか分からなくて困っているという人もいました。「友よ、人生そういうこともあるのです。」

 作品は、幼かった頃から最近のものまでと幅広く展示されていました。その背景のような位置に何故か私の描いた絵も出ていました。知る人にしか分からないですけれど。

 数ある作品の中でも私が気に入ったのは「製作中」と表示されていたキャンバス一面を青で塗った絵でした。

ただ青く塗っただけのようにも見えますが、いろいろな絵の中に筆の動きが見られます。こういうのは、どこで「製作中」から「完成」に変わるのを決めるのが大変だと思います。どこでやめてもいいし、どこまでも続けてもいい。決断をするのは常に自分自身。

そういう絵というのは結構厳しいのかもしれません。

 元吉淳作品展 4月4日から4月7日まで。

O美術館 http://www.shinagawa-culture.or.jp/o_art/top/index2.html

 本日の自転車走行距離 62キロ

 今日であったねこ 0

| | コメント (0)

2009年4月 4日 (土)

 壁画ねこ

Imgp3015  新年度にの準備に向けて職場の作業は続きます。

 掲示板を新しいものと交換するために古いものを外しました。露出するコンクリートの壁。

こういう作りになっていたんだ・・・。壁のペンキを塗り替えたせいもあり、むき出しのコンクリートが出るとなんだか妙な感じです。まだ塗装作業は終わって無かったので、その刷毛でねこを描きました。

いづれ新しいボードが来れば塞がれてしまいます。しかし、5年がのち、10年がのちにまた別な理由でボードが外されることもあることでしょう。

その日に集っているだろう後世の優れた頭脳の為にこれを残します。

 本日の自転車走行距離 49キロ

 今日であったねこ 0

| | コメント (0)

2009年4月 3日 (金)

♪どうしちゃったのペンキないよね、ちょぉっと♪

どうしちゃったの 職場の新年度の準備作業をしています。壁の色を塗り替えます。

白くしたいのに、倉庫に白のペンキの在庫がない!昨日のうちに見とかなかったの・・・・?

無いものはないので、ペンキの買い出しが私の任務となりました。自転車で近所の店まで出かけました。必要なペンキは、1斗缶の半分もあれば良かったのですが、店にあったのは1斗缶か、ハンディなサイズの二種類でした。大きい方では多すぎるし、小さいのでは少なすぎます。

小さいのを必要な量だけ買うと、1斗缶よりも値段が高くなってしまうというので、大きい方を買うことにしました。どうやって持って帰るよ・・・。全く想定外の大きさです。

お店の人は自転車で来たことを伝えると、紐とハサミを持ってきてくれました。

「はい」と差し出されました。

へ?自分でやれと???

私は、ひもで荷物を固定して運ぶという高度で文明的な作業がとても苦手なのです。ましてや今度の相手は、1斗缶。倒れでもしたら大変大変。

なのでお店の人にも手伝ってもらうことにしました。それでどうにか固定することができました。「人を避ける時は気を付けてね」と言われて店を後にしました。走りだすと、意外なほど自転車は安定しています。流石、ビアンキの自転車。それに私は自転車乗るのうまいしね!ぐふふ。

速度を押えて、まっすぐに走っている分には問題がないのですが、お店の人が言ったように人を避ける、方向を変えるなどでハンドルを切ると途端にバランスを崩しそうになります。「曲がれない・・・」

なるべく方向転換をせず、なるべく速度を出さず、のろのろのろのろ走りながら、職場までたどり着きました。

 その後、ほぼ一日かけて、6人がかりで職場の一室の壁を塗り替えました。素人作業ですが、見違えるほど綺麗になりました。しかし、命がけでペンキを運んだ私の苦労を知る者はいない・・・・。

 本日の自転車走行距離

 今日であったねこ

「つよくなーれ」

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f4505112%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f12114502%2f"

| | コメント (0)

2009年4月 2日 (木)

元吉 淳 作品展

 私の古い友人の元吉淳氏が、初めての造形作品展を開きます。

 期間 4月4日(土)~4月7日(火) 10:00~18:00

 場所 O美術館 品川区大崎

 O美術館 http://www.shinagawa-culture.or.jp/o_art/top/index2.html

 よろしかったら足を向けてみてください。

 本日の自転車走行距離

 今日であったねこ

| | コメント (0)

2009年4月 1日 (水)

阿修羅展へ行く

Imgp3011  「うわっ!並んでる!」予想はしていましたが、こんなに大勢来ているとは。阿修羅さんが見たかったら、奈良に行ったらいいのに・・・。「そうだ奈良へ行こう」って。

東京国立博物館で3月31日から開催されている「阿修羅展」初日に行ってきました。阿修羅さんは10年くらい前に奈良で実物とお目にかかったので、さほど見たいとは思っていないのです。なのになぜ来たのか?私の目的は、期間中に発売される「阿修羅像人形」。老舗の模型屋で、今では玩具や精密な模型を自ら開発販売する、世界的にも高いレベルを持った海洋堂という所がその原型を作っています。

 着いたのは開館の約10分前。自転車を停めて列に並びます。列はものすごい長さでしたが、開館時間になると、するするすると流れだしたのでさほどストレスは感じませんでした。これほど長蛇の列とは思いませんでしたが、並ぶだろうことは予想していたので、デジタル・オーディオ・プレイヤーを持ってきたのは正解でした。それを聴いていると時間が短く感じられます。

 館内には比較的短時間で入ることができました。しかし、受付が一か所しかないので、そこで時間がとられました。

すると「あしゅらふぁんくらぶの方はこちらからどうぞ」というアナウンス。

「あしゅらふぁんくらぶぅ?」阿修羅さんにはファンクラブなるものがあるそうです。そのクラブの会員の特権で、脇道から入っている人がいます。しまった!入会しておくんだった。ファンクラブといえば、アイドルとかタレントばかりと思っていましたが、「スタートレック」とかのテレビ番組にもそうした実体のないものにもファンクラブがあるくらいですから、「像」として存在する阿修羅さんにファンクラブがあるのは考えて見ると不思議なことではないのですね。

 ようやく、会場に入ることができました。さてさて、阿修羅さん人形をとっとと買いましょう。混んでいるところは嫌いです、これだけ買って帰ってもいいくらいです。売店に行って一通り見まわしましたが、阿修羅さん人形はどこにもありません。

さっきから妙に長い行列があるのが気になっていました。その行列のいきつく先を見ると「阿修羅フィギュア販売」の表示がありました。

 「がび~ん」

皆さん、阿修羅人形を買いに来たのですね?!しかもこんなに大勢さん!!館内に入るために並んだ行列よりも長いんじゃないかというくらいにぐるぐるぐるぐると列はとぐろを巻いていました。

「阿修羅フィギュア販売」専用のレジを用意していたということは、かねてより「阿修羅フィギュアは売れる!」という読みがあったのですね!!しまった・・・。お人形の為に行列するのもどうかと思いましたが、これを買いに来たようなものなので並びました。

列に並ぶ年齢層を見ていたら、年配の方が多い。どんな所にどんなイメージで飾られるのでしょう?阿修羅展の図録と共にガラス戸のついた本棚というのがかっこいい。

待つこと耐えること、数十分。ようやく順番が来て買うことができました。お金を払う係りの人と、包んでくれる人が違ったので、「1個」と頼んだのに包んでくれるお姉さんが「2個ですか?」と聞いてくれました。反射的に「はい」と言いそうになりましたが、いけません。私が頼んだのは1個。それ以上はいりません。

 目当てのお人形を手に入れて、売店を覗きました。阿修羅さんの写真集や絵葉書に加えて、キーホルダー、Tシャツ、手ぬぐい、バッグ等など、キャラクターグッズがいっぱいでした。仏像であることや、信仰は関係ないみたいです。阿修羅さんを作った人が見たらさぞ驚きの光景でしょう。

 ついでと言っては大変な罰あたりですが、「阿修羅展」を見ました。展覧会全体が非常に凝った演出になっていて、照明など工夫して、どう魅せたらより効果的に映るかということがよく考えられていました。でも私には、蛍光灯ののっぺりとした明かりで、白っぽい床の部屋でしぜ~んに見たかった感じがします。全体的に暗いんです。

黒木瞳さんによる音声解説が貸し出されていましたが、500円するのでやめておきました。お人形にずいぶん使っちゃいましたから。

 阿修羅さんは、360度の方向から見られるようになっていました。3つの顔をそれぞれの方向から見ることができます。さすが国宝という感じです。良く今まで残っていてくれました。この先も大切に保存して伝えて行ってもらいたいものです。

 博物館を後にして、今度は上野駅に。駅構内でずんだ餅を売っているという友人に会うのが次なるミッションでした。しかし、肝心のお店の位置を聞いていなかったので探すのに苦労しました。しかも私は「ずんだ餅」というのがどういうものなのか知りません。駅中探して、ようやくそれらしい店に辿りつきました。けれどそこにいたのは別な人。そういえば勤務時間も聞いてこなかった。そういう訳で、あえなく任務失敗。

 帰宅して「阿修羅フィギュア」を開けました。丁寧にスポンジに包まれています。思っていたよりずっと小さい。けれど精巧にできています。流石海洋堂の仕事です。

上野の駅前のおもちゃ屋で1/6サイズくらいの阿修羅像の模型をみかけました。値段は6万円ほどでした。なかなか凄いなぁと思って見ていましたが、帰宅して手に取ったこの阿修羅フィギュアの方が、阿修羅展で見てきた実物に近い感じがしました。値段も1/20だし、こちらの方がお得。

Imgp3010 (手がたくさんある方って好きなんです)

 本日の自転車走行距離 32キロ

 今日であったねこ 1

「造形集団 海洋堂の発想」

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1481697%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f11092556%2f"

| | コメント (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »