« かえるさぶれ | トップページ | 電撃大作戦!! »

2009年3月11日 (水)

輪っかがないばっかりに

 通勤用に使っているクロモリ鋼フレームのロードレーサーの変速レバーをシマノのSTIからダブルレバーという昔ながらの部品に交換したのは、通勤で使う限りでは変速する必要がほとんどないから。STIで素早く変速して速度を調節するという場面にほとんど出くわさないことが分かったからです。

 もともとこの自転車にはダブルレバーを付けていたので、元に戻すだけのはずでした。ところが、元に戻したはずだったのに、実際に走ってみると、フロンとの変速機が暫くすると勝手に動くのです。インナー(小さなギア)に変速しよう変速しようとするのです。

変速ワイヤーの締め方が甘かったかな?と、調整しましたが、効果はありません。変速機の取り付けを自分でやったから、取り付け位置が間違っていた?どうもそうでもなさそうです。

 何故だろう?いろいろと仮説を立てて、それを検証しましたが、どれも違うみたいです。STIにもう一度戻した方がいいのか?けれど、もともとダブルレバーでいけたのです。正常に機能するはずなのです。

 問題は解決しないまま、その自転車を使い続けました。特に上り坂でフロントのギアをインナーに落とすと、さらに変速しようとしますけれど前は2段変速しかないので、これ以上変速するとチェーンが外れてしまうだけです。

ああ・・・以前はこの自転車は、以前フロントが3段変速だった。変速機はその時の物を使い続けている。もしかして、変速機は合っていないから?幸い2段変速用の変速機は余りがあります。これに付け換えるか・・・。

その時にふっと、変速レバーの台座に目が行きました。「随分とすっきりしている」台座に取り付けるときの部品が一つ足りない!名前は判りませんが、自転車のフレームにある取り付け台座に、変速レバーを付ける場合に、台座とレバーの間に輪っかのような部品がついていたはずです。それがないからか?

2段の変速機に付け換えることは「プランB」として、まずこの輪っかを付けてみることにしました。家に帰って探すと、これまた幸いなことにすぐに見つかりました。ダブルレバーをしまっていた袋とは別な袋に入っていました。これが見過ごした原因です。

 ダブルレバーを外して、先にこの輪っかを組み込んで、もう一度ダブルレバーを取り付けました。変速ワイヤーを調節して、半ば祈るような気持で変速テストをしてみました。

「お・・・動く動く」変速します。そして変速レバーは固定されたまま、勝手にシフトしません。おお!成功だ。

こんな輪っかの部品一つ足りないばっかりに、うまく動かなかったのです。しかし、対する後ろ用の変速レバーは、同じように「輪っか部品」が付いていないのに、そんなものどこ吹く風というように、影響しません。後の変速レバーは「かち、かち、かち」と変速する時にその位置が決まるようなインデックス機能が付いています。恐らくそれのおかげでレバーは固定されているのでしょう。

 その後、通勤で何度か使いましたが、走行中に勝手に変速しようとする事故は無くなりました。問題解決です。「問題は放っておいても、勝手に解決することはない。むしろほおっておくと問題はどんどん悪くなる」といいますから、早めに解決できてよかったです。

 走りが軽くなったような気がします。変速レバーが常に正しい位置にあるのでそれが走りを邪魔しなくなったということは確かでしょうが、軽くなったと感じるのはむしろ「変速レバーの誤作動」という心配から解放された気持ちの変化でしょう。

Imgp2989 (左がフロント用の変速レバー。付け根に「輪っか」が入りました。右はリアの変速レバー、「輪っか」は入っていません)

 

 本日の自転車走行距離

 今日であったねこ

 ダブルレバー

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/050ae7ab.0c6a5535.050ae7ac.9f148a91/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fspoke-seya%2fsl7800%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fspoke-seya%2fi%2f10003515%2f"

|

« かえるさぶれ | トップページ | 電撃大作戦!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« かえるさぶれ | トップページ | 電撃大作戦!! »