« 一杯目は美味しいコロンビア珈琲 | トップページ | ぷらばん »

2009年2月25日 (水)

マインドマップはロジカルなもの?

 仕事でかかわった子どもとの一日の活動をマインドマップという技法で表わしてみました。とは言っても、私は「ザ・マインドマップ」という本を一冊読んだきりで、他に専門的な指導を受けたわけではないので、まったくの自己流です。

神田昌典さんが、マインドマップは書き出す項目を質問形式にすると、その言葉を頼りに脳が問題を解くように働き始めるというようなことをどこかに書いていました。

その表現は自分の中に「すっ」と落ちました。一日の活動を自己流とは言え、マインドマップで書き出してみたら、他の視点から見られたり、別な発想が得られたりしないだろうかという思いから、作ってみることにしました。

 その日、起こったことを一本の線でつないで紙に書き出しました。起きたトピックは丸で囲みます。一見した感じは「すごろく」です。

丸で囲んだトピックに自分の解釈・仮説がある場合は、そこから枝分かれされさせました。色もトピック、解釈、仮説ごとに変えていきました。

 書くごとに「こうかもしれない」「こんな風に見えた」など、実際その場にいた時には思わなかったこと、忘れていたことなどが次々に出てきました。それらを書き込む作業は面白かったです。新たな発想を得るきっかけとしても、備忘録としても機能します。

絵のようにして書き出すので、作業は楽なように思えましたが、予想外に疲れてしまいました。集中するからなのでしょう。

 完成したものを同僚に見せながら、自分がそうじゃないかと思っている「マインドマップ」の説明、「書き出す項目を質問形式にすると、その言葉を頼りに脳が問題を解くように働き始める、そこから枝分かれしたりして、発想が広がる・・・」と、ここまで整理しての説明ではなかったと思いますが、現物を見せながらをしました。

すると、同僚の一人が「ロジカルなんだね」と言いました。「あ・・・ロジカル」今月11日に行った神田昌典さん、勝間和代さんの対談の中で、勝間さんが「マインドマップはロジカルだ」と言っていました。神田さんも驚いていましたし、私もあんなごしゃごしゃしたものが「ろじかるぅ?」と、驚きました。

 疑問がある、それに向けた仮説を立てる、問題解決に向けて思考を巡らせる、という流れはロジカルなものなのかもしれません。「かもしれません」というのは、ロジカルシンキング自体が私にとって勉強を始めたばかりのことなので、断言できるほどの感触がないからなのです。

 こうして、ひとつひとつ、試していきながら学んでいくという姿勢には間違えは無いようです。行動・行動・行動。

マインドマップ

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%94%E3%83%B3%E3%82%B0

 本日の自転車走行距離 32キロ

 今日であったねこ 6

「ザ・マインドマップ」

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f3675663%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f11543589%2f"

|

« 一杯目は美味しいコロンビア珈琲 | トップページ | ぷらばん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一杯目は美味しいコロンビア珈琲 | トップページ | ぷらばん »