« 落ちたら次は・・・ | トップページ | 10年後の本棚・・・ねぇ »

2009年1月28日 (水)

ねぎせんせい

 去年の今頃だったと思います。テレビで「魔法先生ネギま」というドラマをやっていました。たまたまこのCMを見かけたのをきっかけにして、連続して観ることにしました。このドラマに関しては何も知りませんでしたが、「なんとか先生」という番組は昔から好きなのです。

そのエンディング曲「つよくなーれ」がなんだかえらく気に入って、CDまで買ってしまいました。前向きで、プラス志向の塊のような曲です。しばらく聴いていなかったのですが、あることをきっかけにしてまた聴くようになりました。それを過日ここに書くと、「動画を探した」というコメントを頂きました。

「つよくなーれ」の動画???

動画を探そうなどという発想自体が自分にないことに気がつきました。早速ゆーちゅーぶを探してみるとありました。おなじみのテレビエンディングとドラマ出演者によるコンサート。よく考えてみれば、CDにするくらいですから、よそでも歌う訳ですね。

 他にもいろいろと動画がありました。驚いたのはドラマの本編そのものが「動画」としてアップされていたこと。普段動画なんて観ないので、「こういうのってあり?」とびっくりしました。

そういえばこのねぎ先生、確か放送途中から気がついたので全話観ていないのでした。観ていない分を観ることにしました。ゆーちゅーぶの容量の関係で、8分ほどしか動画は作れないようで、1本30分もののエピソードが3分割されていました。ちょっと出鼻をくじかれます。

 アクションあり、特殊撮影ありで結構面白い。カメラアングルが凝っていてそこから映し出される何とも不思議な映像が好きでした。第1話を観た後、続けて第2話を観ました。主人公のひとり明日菜さんという人と、親友の委員長さんという人がケンカをする話でした。

このケンカがバカみたいで面白い。けれどただのケンカじゃなくて、委員長さんに対する明日菜さんの友情から仕掛けたものだったということが最後に解ります。クラスの他の友人たちもそれを分かっているので、余計な手だし口出しは一切しないというところもいいです。

でも新任のねぎ先生は、その事情が分からなくておろおろします。最後に「武装解除」なる魔法をかけちゃいます。「余計なことを」と思いましたが、魔法先生だから仕方ないのか。すべてが終わって、委員長さんがねぎ先生に事情を話した後に親友の思いに対して「ずるいですわ、あの女」というところが良かった。ありきたりな感謝の言葉で表現するよりも、二人の絆の強さを感じました。

 続いて第3話。あ・・・見覚えがあります。私はこの回から見始めたようです。あまり面白くなかったし、観たことがあるので、1/3でやめてしまいました。面白くないと感じたのにどうして本放送の時に見続けたのでしょう?画像が凝っていて、ち密に計算されて作られている、この監督は頭がいいのだろうなと感じたからなのでした。

 ゆーちゅーぶに上げられた本編の動画には何故か英語の字幕が付いていました。字幕と日本語のセリフを照らし合わせながら観るのも面白かった。

 本日の自転車走行距離 32キロ

 今日であったねこ 1

ねぎ先生エピソード2 

http://jp.youtube.com/watch?v=O2EuSbjm8sc&feature=related

http://jp.youtube.com/watch?v=KCWQTbnTk84&feature=related

http://jp.youtube.com/watch?v=sNTEOFAS0Hw&feature=related

「魔法先生ネギま!」

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f5613188%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f12895182%2f"

|

« 落ちたら次は・・・ | トップページ | 10年後の本棚・・・ねぇ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 落ちたら次は・・・ | トップページ | 10年後の本棚・・・ねぇ »