« 帰ってきたいりおもてははねこ | トップページ | 記憶の力 »

2009年1月25日 (日)

キイナでフォトリーディングな11万円の自転車

 テレビドラマ「キイナ―不可能犯罪捜査官―」http://www.ntv.co.jp/kiina/の第1話を録画しておいたのを観ました。

たまたまこの番組の予告CMを見かけたときに、奇異な先生が大量の資料をフォトリーディングしている場面があって、それが気になって録画をしました。番組の内容に関心を持ったわけではありませんでしたが、奇異な先生結構面白いです。続けて観る決意をしました。

 フォトリーディングとは、本の文字を画像のように見て、脳に落とし込むという本の読み方だそうで、使い方を習熟すると劇中の奇異な先生のように「ばっばっ」と、ただページをめくっているようにしか見えないようなスピードで本が読めてしまうそうです。

劇中ではフォトリーディングという表現こそ使っていませんでしたが、あれはフォトリーディングなのだと思います。本でその概要は読んだことがありますが、実際にフォトリーディングをしているところを見たのは初めてのことでした。(劇中の演技とはいえ)

フォトリーディングを日本に広めている功労者の神田昌典さんの「非常識な成功法則」のなかに、なりたい、したいと思うことは、実際にそれをやっている場面を身近に見ることで、イメージが湧いて、思いが加速するというようなことがありました。

フォトリーディングというのは便利なようです。しかし、勝間和代著「ビジネス頭を創る7つのフレームワーク力」という本の中でも紹介されていました。フォトリーディングは体操のようなものなので、本を読んで習熟するのは難しいそうです。セミナーに参加して訓練すると早く確実に身に付くようです。

しかし、受講料が確か11万円くらいするそうです。11万かぁ~、それだけの効果はあるとは思いますが、右から左へ「ぽん」と動かせるお金ではありません。しかも講義は関西が中心。旅費等も含めると・・・

11万円というお金が短期間で用意できるか否かということは置いておいて、これが私の好きな自転車のことだとしたらどうだろうかと考えてみました。

11万円の自転車には乗りません。欲しいと思わないでしょう。11万円の自転車は高いですが、自分の使い方、自転車でしたいことを考えると、11万円の価格帯の自転車ではできないのです。

片道50キロ、100キロという距離をサイクリングして楽しむということを考えた時に、その価格帯の自転車では、性能、耐久性等に不満が残ります。なので自分の実現したい自転車走行、それを実現させたいと考える時には、そこにもっと投資をすることを選ぶでしょう。

ということは11万円プラス諸経費は、さほど高くないと考えることができます。けれど、実はまだ高いと思っています。それは必要性が思っているほど切実ではないからです。

「あなたも今までの10倍速く本が読める」という本を数年前に読みました。読んだ後はたいていの本をそうするように古本屋に処分してしまいました。半年くらい前に古本屋で買い直しました。けれどそれはまだ読んでいないのです。

2度目を読んでも1度目と同じく、効果は得られないだろうと心の片隅で思っているからです。今回「キイナ」でフォトリーディングをする場面を見て、もう一度フォトリーディングをのことを考えてみようと思います。

セミナーに参加するかどうかは別として、もう一度本を読んでチャレンジしてみます。その前に今読みかけている本を早々に片付けないと・・・。そのためにも速読術は必要ですねぇ。

 きっと奇異な先生は、劇中では語られていませんがセミナー受けられたのでしょうね。

 本日の自転車走行距離 0キロ

 今日であったねこ 

「非常識な成功法則」

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1456317%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f11071209%2f"

あなたも今までの10倍速く本が読める

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1376121%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f11003536%2f"

フォトリーディング

http://www.adpentel.co.jp/photoreading/index.html

|

« 帰ってきたいりおもてははねこ | トップページ | 記憶の力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 帰ってきたいりおもてははねこ | トップページ | 記憶の力 »