« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月31日 (土)

♪プラスのイメージを無限に広げよう♪

 年末に同僚達と行ったカラオケで「つよくなーれ」を歌いました。この歌は気に入っていてよく聴いていますが、自分が歌ったのは初めてのことでした。歌詞は知っているからモニター画面見なくてもいいのですが、タイミングなどもありますから画面から目は外せません。

「♪プラスのイメージを無限に広げよう♪」という詩がありました。歌っている時は、その部分を二度繰り返すので、歌詞の吟味よりも繰り返すことへの気恥ずかしさを感じていました。

 それから数日してある時「はっ!」と気がつきました。「つよくなーれ」という歌はプラス志向の塊のような歌じゃないかと。その時に自分の中に浮かんだ画像的イメージが、カラオケの画面に映ったあの歌詞でした。画像がら得るイメージというのは大事なんだ。♪プラスのイメージを無限に広げよう♪なんていう歌詞があったことも意識していませんでした。

 「10年後 あなたの本棚に残るビジネス書100」という本で、勝間和代さんが勧める40冊のなかに「頭脳の果て」という本がありました。この本ではイメージストリーミングということについても書かれているそうです。

「詳しくは本書に譲りますが・・・」とあるので私も未読で良く分かりません。「イメージストリーミングとは、視覚化力の実践方法の一つで、頭の中にいろいろな画像を思い浮かべながら、新しいことを考えていく訓練」だそうです。

座り心地のいいイスやベッドに横たわりながら、目を閉じてそこに浮かんだイメージを声に出して説明していく訓練を毎日一回繰り返すことで頭の中の画像をイメージする習慣が出来て、画像と自分の感覚との新しい結びつきが得られるそうです。

この本は神田昌典さんも「非常識な成功法則」の中で勧めているのでかなり良い本のようです。本はまだ手に取ったこともありませんが、この訓練ならすぐにでも始められます。ということで、毎晩寝る前に実践しています。まだ二日目ですが。

 本日の自転車走行距離

 今日であったねこ

「頭脳の果て」

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f3604230%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f11501282%2f"

「10年後 あなたの本棚に残るビジネス書100」

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f5858432%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f13048742%2f"

つよくなーれ

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f4505112%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f12114502%2f"

| | コメント (0)

2009年1月30日 (金)

大航海時代

 澤上篤人さんの「10年先を読む長期投資」という本を読み始めました。

そこに株式投資・株式会社というのは、ヨーロッパで大航海時代と呼ばれた時代に、新大陸に向かう船隊がその資金を集めるために出資者を募ったのが始まりなのだとありました。

船で旅をするわけですから、再び生きて国へ戻ってこられるかという保証は何もありません。けれど、無事に新大陸に着いて、そこから交易品を持ち帰ることが出来れば大成功。出資者には、その時に得られた利益を返すことでお礼が出来ます。しかし、不幸にも船が沈んでしまえばそれっきり・・・。

あ・・・株式投資と同じだ。

澤上さんという人が、どういう長期投資を考えているのかは、本を読み進めていくことで分かってくるかと思いますが、こんな簡単に株式投資の仕組みを説明されたのは初めてでした。そういえば、私が株式会社の仕組みを始めて「そうなのかぁ~」と学んだのは那須正幹さんの「うわさのズッコケ株式会社」でした。これよりも単純なのに分かりやすい説明に感じました。

 私は投資信託に関心があります。4章以降にそれが触れられているようで、そこを読むのが楽しみです。

 本日の自転車走行距離 16キロ

 今日であったねこ

「10年先を読む長期投資」

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f5580913%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f12880824%2f"

「うわさのズッコケ株式会社」

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f328029%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f10228134%2f"

| | コメント (0)

2009年1月29日 (木)

10年後の本棚・・・ねぇ

 「10年後あなたの本棚に残るビジネス書100」を読んでいます。神田昌典さんと勝間和代さんがそれぞれお勧めの本を50冊づつ紹介してくれます。

『この本だけは絶対読もう!究極の10冊』というコーナーでおふた方が、その中でも特にお勧めな10冊をこの本のどこがいいと思うのかというコメントと共に取り上げています。

読んでいると自分もその本を読んでみたくなります。なので『究極の10冊』を私も読むことにしました。まずは神田昌典さんのお勧め本から。

「ナニワ金融道」「これからの10年 団塊ジュニア1400万人がコア市場になる」「経営学」「ユダヤ人大富豪の教え」「人の心を動かす文章術」「それでも人を愛しなさい」「探すのをやめたとき愛は見つかる」「企画書 提案書 大辞典」「凡人が最強営業マンに変わる魔法のセールストーク」「第8の習慣」

このうち「経済学」「人の心を動かす文章術」「凡人が最強営業マンに変わる魔法のセールストーク」を只今取り寄せ中。特に「凡人が・・・」は、ビジネスだけに限らず、幅広く応用が利くとのことで楽しみなのです。ついでに以前から気になっていた「となりの車線はなぜスイスイ進むのか?」も注文しました。

 本日の自転車走行距離  38キロ

 今日であったねこ 1

「10年後あなたの本棚に残るビジネス書100」

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f5858432%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f13048742%2f"

「経営学」

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1097333%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f10800091%2f"

「凡人が最強営業マンに変わる魔法のセールストーク」

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1621426%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f11215977%2f"

「となりの車線はなぜスイスイ進むのか?」

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f5885525%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f13069853%2f"

| | コメント (0)

2009年1月28日 (水)

ねぎせんせい

 去年の今頃だったと思います。テレビで「魔法先生ネギま」というドラマをやっていました。たまたまこのCMを見かけたのをきっかけにして、連続して観ることにしました。このドラマに関しては何も知りませんでしたが、「なんとか先生」という番組は昔から好きなのです。

そのエンディング曲「つよくなーれ」がなんだかえらく気に入って、CDまで買ってしまいました。前向きで、プラス志向の塊のような曲です。しばらく聴いていなかったのですが、あることをきっかけにしてまた聴くようになりました。それを過日ここに書くと、「動画を探した」というコメントを頂きました。

「つよくなーれ」の動画???

動画を探そうなどという発想自体が自分にないことに気がつきました。早速ゆーちゅーぶを探してみるとありました。おなじみのテレビエンディングとドラマ出演者によるコンサート。よく考えてみれば、CDにするくらいですから、よそでも歌う訳ですね。

 他にもいろいろと動画がありました。驚いたのはドラマの本編そのものが「動画」としてアップされていたこと。普段動画なんて観ないので、「こういうのってあり?」とびっくりしました。

そういえばこのねぎ先生、確か放送途中から気がついたので全話観ていないのでした。観ていない分を観ることにしました。ゆーちゅーぶの容量の関係で、8分ほどしか動画は作れないようで、1本30分もののエピソードが3分割されていました。ちょっと出鼻をくじかれます。

 アクションあり、特殊撮影ありで結構面白い。カメラアングルが凝っていてそこから映し出される何とも不思議な映像が好きでした。第1話を観た後、続けて第2話を観ました。主人公のひとり明日菜さんという人と、親友の委員長さんという人がケンカをする話でした。

このケンカがバカみたいで面白い。けれどただのケンカじゃなくて、委員長さんに対する明日菜さんの友情から仕掛けたものだったということが最後に解ります。クラスの他の友人たちもそれを分かっているので、余計な手だし口出しは一切しないというところもいいです。

でも新任のねぎ先生は、その事情が分からなくておろおろします。最後に「武装解除」なる魔法をかけちゃいます。「余計なことを」と思いましたが、魔法先生だから仕方ないのか。すべてが終わって、委員長さんがねぎ先生に事情を話した後に親友の思いに対して「ずるいですわ、あの女」というところが良かった。ありきたりな感謝の言葉で表現するよりも、二人の絆の強さを感じました。

 続いて第3話。あ・・・見覚えがあります。私はこの回から見始めたようです。あまり面白くなかったし、観たことがあるので、1/3でやめてしまいました。面白くないと感じたのにどうして本放送の時に見続けたのでしょう?画像が凝っていて、ち密に計算されて作られている、この監督は頭がいいのだろうなと感じたからなのでした。

 ゆーちゅーぶに上げられた本編の動画には何故か英語の字幕が付いていました。字幕と日本語のセリフを照らし合わせながら観るのも面白かった。

 本日の自転車走行距離 32キロ

 今日であったねこ 1

ねぎ先生エピソード2 

http://jp.youtube.com/watch?v=O2EuSbjm8sc&feature=related

http://jp.youtube.com/watch?v=KCWQTbnTk84&feature=related

http://jp.youtube.com/watch?v=sNTEOFAS0Hw&feature=related

「魔法先生ネギま!」

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f5613188%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f12895182%2f"

| | コメント (0)

2009年1月27日 (火)

落ちたら次は・・・

 先日参加した「史上最強の人生戦略セミナー」を本当の意味で理解するのにはかなりの時間と努力が必要とされるそうです。講師の勝間和代さんご自身の体験から2年ほどかかったそうです。

本の方もかなり分かりやすく書いてありますが、課題を解いていて「これでいいの?」と不安になる部分も多々あります。なので本を一回読んだだけ、20日のセミナーを聞いただけではまだ不十分であるだろうということは容易に察しがつきました。

 2月から4回に分けてセミナーが開催されるそうです。20日のセミナーに行った時に先行予約を受け付けていたので、早速申し込んできました。参加希望者が多い場合は抽選になるとか・・・

落選メールが届きました。がび~ん。定員の3倍もの希望者があったそうです。落選した人には当日行われるセミナーの様子を録音したオーディオブックのお知らせが入っていました。ちょっとだけ値引いてくれるそうです。

セミナーの内容は聞きたいので、申し込みました。落選は残念ですが、これでセミナーは聞けそうです。

 本日の自転車走行距離 32キロ

 今日であったねこ 10

「史上最強の人生戦略マニュアル」

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f5861554%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f13051918%2f"

| | コメント (0)

2009年1月26日 (月)

記憶の力

 今年になってから5年日記なる日記をつけています。「時間ビンボーを脱出して、年収を10倍にする方法」という本に感化されて始めました。

この他にA4紙を著者独自の方法で折りたたんで作ったメモ紙を携帯するというのもありました。これも真似させて貰いました。

ファイルできるように穴を開ける余白を残して、携帯しやすいサイズに折りたたみます。それを気がついたことがあったら「さっ」と取り出してメモします。

穴を開けているのは、紙面いっぱい使ったら、ファイルして、。改めて書き直す手間を省くのが目的。私は内容によっては別なノートに書き写していますけれど。それに折り畳むと紙面が増えて、紙面を埋めるまでに至っていません。なのでファイルにはまだ一枚もはさんでいないのです。

 あまりメモをとるとか、ノートに何かを書いたり、ましてや日記を付けるなどということはトンとしていませんでした。学生時代もしていなかったような気がします。そうしていたら自分に起きたある変化に気がつきました。

「記憶力が上がってる??」そう思えることが増えてきました。たとえば、このブログに読んで影響を受けた本のことを書いたり、本の中で紹介されて読んでみたいと思った時に、本を検索しようとしても、タイトルを失念していてわざわざ本を取りに行ったり、現物がない場合には、何とか思い出したキーワードを頼りに調べたりしていました。

ここのところ誰が書いた何という本かということが「ぴたり」と当たります。正確に言うと覚えています。手を使って、紙という手応えのある物に書くということは、キーボードで打ち込むよりも脳を活性化させるようです。そんなことは当たり前田のクラッカーなのかもしれませんが、実際の体験のなかで実感したのでした。

 本日の自転車走行距離 32キロ

 今日であったねこ 10

「時間ビンボーを脱出して、年収を10倍にする方法」

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f5614666%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f12895388%2f"

| | コメント (0)

2009年1月25日 (日)

キイナでフォトリーディングな11万円の自転車

 テレビドラマ「キイナ―不可能犯罪捜査官―」http://www.ntv.co.jp/kiina/の第1話を録画しておいたのを観ました。

たまたまこの番組の予告CMを見かけたときに、奇異な先生が大量の資料をフォトリーディングしている場面があって、それが気になって録画をしました。番組の内容に関心を持ったわけではありませんでしたが、奇異な先生結構面白いです。続けて観る決意をしました。

 フォトリーディングとは、本の文字を画像のように見て、脳に落とし込むという本の読み方だそうで、使い方を習熟すると劇中の奇異な先生のように「ばっばっ」と、ただページをめくっているようにしか見えないようなスピードで本が読めてしまうそうです。

劇中ではフォトリーディングという表現こそ使っていませんでしたが、あれはフォトリーディングなのだと思います。本でその概要は読んだことがありますが、実際にフォトリーディングをしているところを見たのは初めてのことでした。(劇中の演技とはいえ)

フォトリーディングを日本に広めている功労者の神田昌典さんの「非常識な成功法則」のなかに、なりたい、したいと思うことは、実際にそれをやっている場面を身近に見ることで、イメージが湧いて、思いが加速するというようなことがありました。

フォトリーディングというのは便利なようです。しかし、勝間和代著「ビジネス頭を創る7つのフレームワーク力」という本の中でも紹介されていました。フォトリーディングは体操のようなものなので、本を読んで習熟するのは難しいそうです。セミナーに参加して訓練すると早く確実に身に付くようです。

しかし、受講料が確か11万円くらいするそうです。11万かぁ~、それだけの効果はあるとは思いますが、右から左へ「ぽん」と動かせるお金ではありません。しかも講義は関西が中心。旅費等も含めると・・・

11万円というお金が短期間で用意できるか否かということは置いておいて、これが私の好きな自転車のことだとしたらどうだろうかと考えてみました。

11万円の自転車には乗りません。欲しいと思わないでしょう。11万円の自転車は高いですが、自分の使い方、自転車でしたいことを考えると、11万円の価格帯の自転車ではできないのです。

片道50キロ、100キロという距離をサイクリングして楽しむということを考えた時に、その価格帯の自転車では、性能、耐久性等に不満が残ります。なので自分の実現したい自転車走行、それを実現させたいと考える時には、そこにもっと投資をすることを選ぶでしょう。

ということは11万円プラス諸経費は、さほど高くないと考えることができます。けれど、実はまだ高いと思っています。それは必要性が思っているほど切実ではないからです。

「あなたも今までの10倍速く本が読める」という本を数年前に読みました。読んだ後はたいていの本をそうするように古本屋に処分してしまいました。半年くらい前に古本屋で買い直しました。けれどそれはまだ読んでいないのです。

2度目を読んでも1度目と同じく、効果は得られないだろうと心の片隅で思っているからです。今回「キイナ」でフォトリーディングをする場面を見て、もう一度フォトリーディングをのことを考えてみようと思います。

セミナーに参加するかどうかは別として、もう一度本を読んでチャレンジしてみます。その前に今読みかけている本を早々に片付けないと・・・。そのためにも速読術は必要ですねぇ。

 きっと奇異な先生は、劇中では語られていませんがセミナー受けられたのでしょうね。

 本日の自転車走行距離 0キロ

 今日であったねこ 

「非常識な成功法則」

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1456317%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f11071209%2f"

あなたも今までの10倍速く本が読める

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1376121%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f11003536%2f"

フォトリーディング

http://www.adpentel.co.jp/photoreading/index.html

| | コメント (0)

2009年1月24日 (土)

帰ってきたいりおもてははねこ

Imgp2961

 職場に出入りしている「いりももてねこ」と名づけたねこが久しぶりに姿を見せるようになりました。

去年生まれたお子達は、それぞれ独立したようで、姿は見えません。http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2008/04/neco.html

出産後は「いりおもてははねこ」に改名。

 裏庭を歩いているのを見かけて、声を掛けると立ち止まって、こちらをずっと見ています。

子育て中に私が何度か食べ物をやったことを覚えていてくれているようです。「ここまでは大丈夫」という本人の判断基準以上は近づいてきませんが、ずぅ~っとこちらを見て待っています。

カメラを取りに行っても待っていてくれました。撮影をさせてもらって「今日は何も食べ物ないんだ」と言って別れを告げた後も待っています。ずぅっと待っているので、味の付いたお肉を見つけて、それを洗って上げました。

 久しぶりの再来は、今年も出産のご予定があるのでしょうか?

 ※画像がくすんでいるのは、職場のカメラで撮影したものの、ブログ用に画像を縮小させようとしたら、その機能の使い方が分からず、PCのモニターに出したものを自分のカメラで撮影してそれを縮小したという訳の分からない手間暇をかけたから。

 本日の自転車走行距離 32キロ

 今日であったねこ 0

| | コメント (0)

2009年1月23日 (金)

♪すべて自分の未来のため♪

 今読んでいる「史上最強人生戦略マニュアル」の中に「マイナス指向のテープ」という言葉が出てきます。

これは『自分の人生で結びつきのある他の誰かと対話するよりも自分自身と対話し、他の人をプログラムするより自分自身をプログラムしている頭の中で、何度も同じテープを流している人もいる』というところから、もしそのテープがマイナス指向の強いものだとしたら、それによって自分自身がプログラムされてしまうので、いい結果にはならない。何かや、誰かへの愚痴など、自分へのマイナスなイメージなどの『マイナス指向の独り言』の入ったテープを頭の中で流し続けるのは、何よりも自分の未来にとって良くないとありました。

セミナーでも「マイナスのテープ」の弊害を話していました。ああ・・・「マイナスのテープ」のことは本で読んだはずだったのに、そこでもう一度聞くまですっかり忘れていました。

私も自分の頭の中でこの「マイナスのテープ」をよくかけています。好んでかけているといってもいいです。

これを機会にやめようと思いました。けれどそれがなかなか難しいです。長年のそれも無意識の習慣となっていましたから。でも挑戦しないと。「マイナスのテープはかけない」という合言葉を作って自分の中でクセにしていこうと思っています。♪すべて自分の未来のため♪

 本日の自転車走行距離 16キロ

 今日であったねこ

「史上最強の人生戦略マニュアル」

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f5861554%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f13051918%2f"

「つよくなーれ」

収録されている2曲共、歌詞が強力なプラス指向の固まりで、最近お気に入りの1枚

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f4505112%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f12114502%2f"

| | コメント (0)

2009年1月22日 (木)

ベッドの下で読書

 過日、勝間和代さんのセミナーから帰宅してメールチェックをすると、神田昌典さんのメールマガジンが入っていました。

そこに驚くべき情報が!神田昌典さんと勝間和代さんが対談をするというじゃぁありませんか!http://www.lskk.jp/talkshow2009

払い込みがクレジットカードのみというのが気に入りませんでしたが、申しこみました。クレジットカードは便利ですが、便利すぎるのであまり使いたくないのです。

 サイトにある画像を見て思い出しました。「10年後あなたの本棚にあるビジネス書100」の表紙と同じもの。そういえばこの本、持っています!しかも買ったきりで読んでいません!

そういえば同じようなmook本、「私をつくった名著 人生を変えた1冊 黄金のブックガイド」、「勝間和代 成功を呼ぶ7つの法則」も買ったきりで読んでいません!パラパラめくる自転車雑誌の方が優先されていました。

その自転車雑誌も毎月20日が発売日です。もう過ぎているじゃない!本屋に行かないといけません。

自転車雑誌と共にベッドの下に積まれていました。寝る前に「ひょい」と取り出せるように、気楽な雑誌はベッドの下に装備しているのです。

その山の中にありました。ああ・・・ちゃんと読まないと。

ついでに雑誌類も整理しておかないといけません。

 本日の自転車走行距離 32キロ

 今日であったねこ 0

「10年後あなたの本棚にあるビジネス書100」

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f5858432%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f13048742%2f"

「私をつくった名著 人生を変えた1冊 黄金のブックガイド」

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f5885286%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f13069735%2f"

「勝間和代 成功を呼ぶ7つの法則」

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f5914980%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f13088181%2f"

| | コメント (0)

2009年1月21日 (水)

セミナーへ行く

 「史上最強人生戦略セミナー」へ行ってきました。

会場は九段会館。九段には一度、同講師による別のセミナーに参加するべく下見に行ったことがあったので、九段会館は初めてでしたが「だいたいわかる」と下見をしないでいました。

途中道を一本間違えて、北の丸公園を横切る形となりながら到着しました。セミナーを終えての帰りは、「すうっと」一本道で知っている道に出てくれました。行きはえらい無駄をしたようです。

 セミナーは九段会館の大ホールというところで開催されました。この大ホールが格調高く、歴史も感じさせるところですごい所でした。

申し込みが遅くなり、3階席に通されました。またこの3階席がすごい。2階席1階席の様子が見えるようになっています。狭くて傾斜が急なので、ちょいと体のバランスを崩したら欄干から落っこちてしまいそうな、そんな所でした。

この大ホール、どういった目的で設計されて、どういう歴史を刻んできたのか。かつて住んでいた横浜にはこれほどの規模のホールはなかったように思います。やはり東京は凄いのねと、大ホールの様子を見ながら近代の歴史について思いを馳せてみました。

  本日の自転車走行距離 32キロ

  今日であったねこ 6

| | コメント (0)

2009年1月20日 (火)

手造りSPDへの道

Imgp2907  職場で、同僚が三輪車のペルに靴を固定した物を作ったことがあります。その改良版で今度は子供用自転車のペダルに靴を固定しました。

目的は自転車に乗れるようになるというよりは、股関節の運動をすること。だからペダルと足が固定されていると、ペダリングに集中しやすい。ああ・・なるほどね。

けれど、ペダルにタイラップで固定されている靴を掃いてもらうのは一苦労です。靴が全く動かないので履きにくいのです。もう少し遊びがあればいいのですが、全く動かず、履く時に無理に足を動かさなければならず、痛いそうです。

何かいい手はないものかと思案して、スポーツ自転車に使っているSPDというビンディングペダルを使えないかと思いつきました。

問題なのは靴です。SPDペダルは、クリートと呼ばれる金具が靴底についた専用靴を使います。子供用でそんなのは見たことがありません。

作ってみるしかないようです。SPDシューズ要に改造する靴と、クリートとそれを固定するためのナットのついたセットを買ってきました。

靴底を切り取って、クリートをつけるわけですが、厄介な作業になると思っていました。しかしやってみると簡単にできてしまいました。

 あれま!

完成したので、自転車のペダルを私の使っていた古いSPDペダルと交換して、早速改造シューズを固定しようとしたら・・・入らない。

どうやら靴底はやわらかすぎて「かちっ!」と金具同士が決まらないようです。ありゃ・・・着脱が簡単でないと意味がないじゃない・・・。

とにかくペダルに靴をはめ込むことに成功はしました。靴が左右に動く「遊び」の部分ができたので、靴を単純に固定した物よりはましになると願っているのですが・・・・。

 本日の自転車走行距離 16キロ

 今日であったねこ

ナット付きクリート

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/03ffcdc8.807d6cbd.03ffcdc9.802f03c3/?pc=http%3a%2f%2fwww.rakuten.co.jp%2fsilbest2%2f427747%2f507186%2f527814%2f1784122%2f%231338263&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fsilbest2%2fi%2f1338263%2f"

SPDペダル

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/03210eec.9a73e6cd.045ce858.4a0f6446/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fworldcycle%2fshimano-pd-a520%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fworldcycle%2fi%2f10007779%2f"

| | コメント (0)

2009年1月19日 (月)

史上最強の人生戦略マニュアルを読みながら・・・

「史上最強の人生戦略マニュアル」という本を読んでいます。

人生に起こる問題は、たいてい自分に原因があるそうです。そこをじっくりと見据えて、どういうことが起きているのかということをとらえ直し、原因を意識すると、行動が変わって、人生も変わるんだそうです。

「何もかも自分が悪い!」と被害者意識に凝り固まるのとは全く違います。

とはいっても、できれば見ないで済ませたい自分の負ともいえる部分なので、取り組むのはなかなか厄介です。

本の各章に「課題」と称して、自分と向き合う為の問題が出てきます。じっくりと取り組めば、確かに意味がありそうなものばかりです。作文を書けというのもあります。

たとえば課題二に「この本を読んで勉強しても、私は有意義で長続きする変化を作り出せなかった。その理由は・・・」という書き出しで作文にせよというのがありました。

「自分を騙すことで(課題二の段階では本を読み終えていないから)、墓穴を掘っているかを認める気がどの程度あるか」を確認するためのテストだそうです。

あ・・・なんか面白そう。でももう少し読み進めてから取り掛かろうと、通り過ぎました。課題五まで来た辺りで、2009年の目標の一つに「♪立ち止まってる暇はないね♪」を思いついたので、課題五から取り組むことにしました。

想像していたよりも自分と向き合う作業は難しいく辛いものです。本の勧める通り、ノートを用意して課題に取り組んでいます。

現在「課題一四」を解いたところです。「第11章 あなたのゴールラインはどこか?」という賞に出てくる課題で、自分自身に繰り返し、質問をぶつけて、自分が本当に欲しがっているものはないかを見つけるというものでした。

これはかなり大変なことだとおもいました。本当に自分に必要なもの、それを得るには何が必要なのかを自分にどんどん質問していくのです。たぶん、一度や二度のチャレンジでは出ないでしょう。何度もやる覚悟で挑んでみました。

すると自分に必要なのは「自分に自信を持つこと」という答えが見つかりました。あっさり出た感じです。けれど嬉しかった。これからの自分の課題が見つかったのです。

一度で「ああ!」と思える答えが出ましたが、事あるごとに何度でもやる必要があるなと実感しています。

すごい本を手にしてしまいました。翻訳者の勝間和代さんにとってもこの本は、自身に大きな影響を与えた本だそうです。

 その勝間さんがこの本をテーマにセミナーを行います。申し込みました。申し込んでから慌てて本を読んでいる訳ですが、読みながら申しこんでおいて良かったと思っています

http://www.saikyojinsei.jp/modules/pico/content0006.html

 「課題四」以前もやっておかないと。

 本日の自転車走行距離 16キロ

 今日であったねこ 1

「史上最強の人生戦略マニュアル」

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f5861554%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f13051918%2f"

| | コメント (0)

2009年1月18日 (日)

HなRL

Imgp2956  HRLと呼ばれる集団の2009年度の新年会に行ってきました。会場は広尾のジャリーヴというお店。

http://www.jarrive.info/

HRLを人に説明するのはなかなか難しいのですが、自分が生まれる以前から入っていた子供会のようなもの。私の原点でもあります。

今回は昨年結婚した仲間が相手を連れてきたり、他界されたスタッフのご家族が参加されたり、また新たなメンバーが増えました。

 われわれの40年にわたる活動をまとめた「続見えないアルバム」という本が出版出来れば「きみぃ、これを読んでベンキョーしたまえ!わっはっは」とやれるのですが、残念ながら自費出版で100部ほどしか世の中にありません。一部千円以上でお分けします。

 会は、時が過ぎるのを忘れるほど楽しいものでした。ジャリーブの料理もおいしかったこと。電話の受話器やドライヤーに付いているくるくるしたコードみたいなパスタがおいしかった。

 本日の自転車走行距離

 今日であったねこ

結・婚・式http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2008/12/post-d0ea.html

「続見えないアルバム」

http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2008/02/post_630d.html

| | コメント (0)

2009年1月17日 (土)

栗栖金具

 ずいぶん前に栗栖金具のチタン製スプロケットロックナットを見つけて買っておきました。スプロケットというのは、自転車の後ろに付いてる歯車集団のことで、ロックナットとはそれを固定する部品のこと。http://www.rabbit-street.com/cgi-bin/ue/sitemaker.cgi?mode=page&page=page1&category=4チタンのロックナットは軽くて丈夫なのです。

 チタンロードのスプロケットについているナットと交換するつもりで用意したのですが、交換するとなると、後輪を外して、ロックナットを外してとなかなか面倒な作業が待っています。ようやく冬休みにその作業をしようと、着いているロックナット外してみて驚きました。

「軽い!」チタンロードのスプロケットにはデュラエースというシマノで一番いい部品を付けています。そのロックナットを手に取って驚きました。軽いんです。チタン製よりも圧倒的に。

計量化ということで付け換える意味が、いきなり無くなってしまいました。がび~ん。さすがデュラエース先生、こんなところまで違うんだ。

普及版のスプロケットのロックナットとチタンのそれを比べてみると、やはりチタンの方が圧倒的に軽いです。デュラエースは別格のようです。シクロクロスのスプロケットのものと交換すればいいと思いましたが、その時は中断してチタンロックナットはそのままお蔵入りになりました。

 過日のパンク、それによるタイヤ交換の必要性が生じたのでいい機会だと思い、シクロクロスのロックナットをチタンのものと交換しました。これで軽~くなったはずです。

全然解らないですけど・・・・。Imgp2910

(参考出品 左 スプロケット(105) 右 ロックナット 大きさ対比用R5-D4) 

 

 本日の自転車走行距離 33キロ

 今日であったねこ 1

デュラエース先生

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/05a89e4e.7c7ac89f.05a89e4f.955c67ac/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fqbei%2f06shimano-cs7800-1%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fqbei%2fi%2f10008602%2f"

| | コメント (0)

2009年1月16日 (金)

通勤中のパンク

 昨日の自転車通勤中にまたしてもパンクしました。お店によって買物をした後、自転車にまたがると何だか変。

パンクです。自転車止めるまで何ともなかったのに・・・。

帰宅途中のパンクは心がへこみますが、嘆いていても事態は解決しません。修理修理。こんなときのために予備チューブは常備しています。

ホイールを外して、タイヤを調べると釘の頭のような金属片が「ぶすっ」と刺さっていました。踏んだ時にすぐに空気は抜けなかったんだ。またしてもスローパンクです。

 タイヤを見ると、他にも小石がいくつもめり込んでいました。どうやらタイヤは交換時期だったようです。その日通勤に使ったシクロクロスは、泥除けを装備していて、それが陰になり特に後輪タイヤの減り具合が見難くなっていました。

タイヤの交換時期が分かっただけでも良かったとしましょう。帰宅して予備のタイヤにもう一度交換しました。予備タイヤは使いかけの物で、真新しくはありませんが、走行感がぜんぜん違いました。タイヤは新し目の方がいいです。

 本日の自転車走行距離 16キロ

 今日であったねこ

ツアラー タイヤ 

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/03210eec.9a73e6cd.045ce858.4a0f6446/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fworldcycle%2fpana06r-tr-700%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fworldcycle%2fi%2f10005254%2f"

| | コメント (0)

2009年1月15日 (木)

♪someday somedayたどり着きたい♪

 「金持ちになって職場に継続可能な寄附をする」なんてことを「夢」と掲げましたが、「お金持ち」ってどのあたりから言うのか、それはいつくらいまでに実現するのか?継続可能な寄附とは幾らなのか具体的なことを何一つ計画していません。がび~ん。

「夢」なのでそれでもいいのかもしれません。

 私の職場は、1万円から寄附を受け付けています。あ・・・今すぐ可能な金額じゃないですか。ひと月1万円寄附なら、「継続可能」です。

しかし、毎月1万円というのは面倒です。毎月1万円ずつ貯めて、MRFにでも入れておけば、その間利息も付きます。わずかですが、付いた利息で現在よりも「お金持ち」なれます。一年貯めると120,000円というまとまった金額になります。

ああ・・・夢は意外と近くにあった。小さな一歩ですけど。

夢や計画は、書き出して意識化することで、脳がそれを実現する方向へ考え始めてくれるというようなことを神田昌典という人が言っていましたっけ。

 本日の自転車走行距離 32キロ

 今日であったねこ 2

「非常識な成功法則」

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1456317%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f11071209%2f"

| | コメント (0)

2009年1月14日 (水)

あろはおえ

 「アロエ錠」というアロエから作った薬があるんだそうです。便秘に効くのだそうです。母がながな年愛用しています。

 ところがどういう巡りあわせからか、このアロエ錠は横浜のある店でしか売っているのを見たことがないそうです。なので東京に越してきた後も、無くなると横浜に行って買いにいっていました。

そんなことはないと思うのです。たった一軒でしか販売していないなんて、それじゃぁ商売になりません。そう思ってインターネットで検索してみると、ちゃんとあるじゃない。

まとめて5個注文。送料等もかかりましたけれど、横浜にわざわざ買いに行っていたそのコストを考えると安いはずです。

 本日の自転車走行距離 32キロ

 今日であったねこ 2

アロエ嬢

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/0922f7ba.3e33556d.0922f7bb.83973217/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fkusurinomidori%2f10000862%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fkusurinomidori%2fi%2f10000862%2f"

| | コメント (0)

2009年1月13日 (火)

ユメ・ト・ヨテイ

 昨年、同僚から聞いた話です。子どもと話をしていて、「それがあなたの夢なんだね」と夢についての話題が出たそうです。

「夢」という言葉にその子どもの瞳はきらきらと輝いたそうです。どんな夢を持っているのでしょう。

「夢」という言葉を聞いて、自分にはそういったものがあるのだろうかと、わが身を振り返ってみました。

見当たらない・・・・。

チタンフレームの自転車が欲しいと永年願っていましたが、そういうのも夢に入るのかな・・・。それだったらお陰様で昨年ついに叶いました。

私には縁の深い土地、群馬県は多野郡中里村(現 神流町)に自転車で行くのも長年の夢でしたが、それも輪行、日を分けることを組み合わせることで、これも昨年、全行程を自転車走行したことになったし。

「夢」といって人に語れるものが実はないということに気がつきました。改めて考えてみても思いつきません。そのまま年を越してしまいました。

年改まり、「今年の目標」なるものを考えました。実はこの「今年の目標」なるものすら私は重要視せず、立てないで何年も過ごしていました。

なので「今年は目標を立てよう!」という目標をまず立てました。

すると、そこからまるで芋づる式にするすると「今年の目標」が幾つか出てきました。早速目標達成・・・。

・本を読む 年の目標にお出まし頂くまでもなく、普段から心がけていることです。なので、ひと月10冊以上という具体的な数値を設定しました。10冊といっても厚さは問わないです。

・「♪立ち止まってる暇はないね♪」 いいと思ったことはすぐ取り入れよう、試してみよう、失敗したらそこからまたやり直そう。

・日記を書こう 5年間日記を付けることにしました。まだ届いていませんが。

・お金を大切にしよう。 経済に強くなるための勉強をしよう。そしてお金持ちになろう!

 いつもは一つも出ないのに、今年は4つも出ました。もうひとつ二つあったような気がしますが、今は思い出せません。

そこで勢いづいたのか、「夢」を思いつきました。『お金持ちになって、自分の職場に継続的な寄付ができるようになる』これが私の夢です。職場に寄付?・・・そいういう職場なのです。小さな、風が吹くと飛んでしまうような。けれど飛んで行っては欲しくないので。

社会貢献ということを考えることがあるのですが、いかんせん、それほどの力が私にはありません。なのでその力を付けて、社会貢献をしよう。それが夢。

いつごろ実現するのか・・・。実現に向けて努力しますが、「実行」が視野に入っているのは夢ではなく予定といいます。夢は実行しないの?そう自問してみると、どこが違いますかね。それも含めて考えていきたいと思います。

先が長いようですが、こういうところで宣言すると、ちょっとだけ近くなるそうです。

 本日の自転車走行距離

 今日だったねこ

| | コメント (0)

2009年1月12日 (月)

お弁当箱の交代

 年改めて、お弁当箱も改めることにしました。今まではユニフレームのチタンボウルセットの外側を使っていました。

どういう訳か、私はこれを二組持っています。もう何年も前に買った物なので、なぜ二組揃えたのか忘れてしまいました。

これだと蓋が「ばちん!」(本当に音がします)と締まるので、リュックの中で蓋が開いてしまって中身が散乱するという不幸な悲劇が未然に防げます。私は自転車移動なので、リュックの中でお弁当箱に暴れられると困るのです。これも採用の理由の一つでした。丸く単純でコンパクトな形状だと暴れられても被害は少ないです。それに何よりチタンだし。

 けれど、もともとがお弁当箱ではないので、詰められるものが限られます。きれいに並べても職場に付く頃には、ご飯に押しつぶされて無残な形に偏っています。

なので、おかずを上に並べる「なんとか丼」にしました。これなら偏る心配は極端に減ります。けれど、開けると蓋におかずがべったりと張り付いています。嗚呼・・・。

これを防ぐために発想を転換させてみました。おかずの上にご飯をのせるのです。ご飯の上に何かが乗るから「何とか丼」。おかずの上にご飯が乗るので「ご飯丼」です。これは名案でした。

ご飯が偏ったり、おかずが変形しているということが全くなくなりました。けれど開けると真っ白なご飯しか見えません。一緒に食事をする子どもに「何もないの?」と聞かれるし、同僚にも「ご飯だけ?」と聞かれるし、見た目は良くありません。

何かうまい手はないかね?と探してみるとチタンランチボックスなるものを見つけました。あくまでチタン。アルミが脳に悪いとか、プラスティックは環境ホルモンがどうのとか、その巣材に対していろいろ言われますが、チタンは金属アレルギーも起さないし、腐食にも強く体にも優しい。口に入れるものにそういう素材選ぶことは健康への投資になります。

・・・うそです。健康・未来の自分への投資になることは確かですが、私がそれを採用した理由は一つ。「チタンが好きだから」健康云々は決して安くないお値段へのいい訳です。

 エバニューのチタンランチボックス、コップにもなるおかず入れもあるし、中蓋も付いているのでリュックの中で暴れても中身は大丈夫です。使い心地も良好です。

ただ、蓋、中蓋、おかず入れと部品がたくさんあるので、洗うのが面倒です。それと私の職場の特殊な事情で、そのままにしておくと散乱して無くなってしまうことがあるので、出来れば部品点数は少ない方がいいのですが、一度使ってみるとこれがなかなかいいです。

箸もプラスティックのものからチタンにしてみました。ええ、体に負担が少ないですから・・・。

Imgp2904 (左 チタンボウル 右 チタンランチボックス 大きさ対比用R5-D4 )

 本日の自転車走行距離 12キロ

 今日であったねこ 0

食器セット

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/04f1102b.c0f67bdd.04f1102c.4372f8a0/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fnaturum%2f1683%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fnaturum%2fi%2f11035984%2f"

チタンランチボックス

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/04f1102b.c0f67bdd.04f1102c.4372f8a0/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fnaturum%2f244023%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fnaturum%2fi%2f11379715%2f"

チタン箸

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/094ab261.670aec0c.094ab262.2a55d0f7/?pc=http%3a%2f%2fwww.rakuten.co.jp%2fmetaleco%2f1764261%2f1764264%2f%231327767&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fmetaleco%2fi%2f1327767%2f

| | コメント (0)

2009年1月11日 (日)

スローなパンクにしてくれ・・・

 クロモリ鋼フレームのロードレーサーを、雨の日の通勤や、これから雪が降ることも考えてタイヤを32Cという太いものに換えてひと月ほど経ちました。

走行抵抗が増して、スピードを出す心地よさは少なくなりましたが、雨の日はすべる心配が全くなくなり、いい感じです。タイオガのシティーグリッパーというタイヤです。

一昨日の雨の中も自転車通勤をしました。この冬一番の寒さという感じでした。まだまだ寒くなるのでしょうか?12月がいように暖かいが続いただけに体が慣れていない感じがします。

翌日、自転車を見ると後輪の空気が抜けていました。

げ!ぱんく。

走行中に何かが刺さったのでしょう。それにしても帰宅するまで空気の量が減っていることに気がつきませんでした。じわじわと空気の抜ける「スローパンク」というやつです。雨の中、走行不可能にならなかったことを考えると運がいい。

その日は、別な自転車で通勤をして帰宅してから修理をしました。タイヤは太くなって雨の日の宇宙走行がしやすくなりましたが、タイヤの表面にある雨水等を撥水させる溝に砂粒ほどの小石が挟まりやすくなっています。

その溝に小さな金属片を拾ったようで「ぐさり」と刺さっていました。そいつを抜いて、タイヤの裏面にまだ何か刺さっていないか念入りに調べて、新しいチューブと交換、組み込んで作業終了です。もちろん空気も入れました。

 穴のあいたチューブは、バルブが短いタイプを買ってしまったので、修理して使いたくありません。バルブが短いと組み込んでもバルブの頭が少ししか露出しないので、空気が入れにくいのです。

けれどそのまま捨ててしまうのも勿体ないので、チューブを両手に持って引っ張ったり伸ばしたりするゴムチューブ体操にでも使おうと思います。

 本日の自転車走行距離

 今日であったねこ

タイオガ シティーグリッパー

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/03210eec.9a73e6cd.045ce858.4a0f6446/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fworldcycle%2ftig-c-tir119%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fworldcycle%2fi%2f10023845%2f"

| | コメント (0)

2009年1月10日 (土)

♪立ち止まってる暇はないね♪

 職場で催したクリスマス会の時にサンタさんからもらったプレゼントの中に、その包みにはノートも入っていたそうです。とても気に入って、それをもらったある子どもは帰宅すると好きな絵を描きまくったそうです。

その様子を見たお母さんが、冬休みに起こったことをそのノートに書くよう上手に提案してみたようで、日記として毎日つける習慣が出来たそうです。

親御さんの努力もあってその子供は冬休みの間、一日も欠かさず日記を付けることができました。

毎日自分の思いを言葉に、文字にして書き出してきた体験は、とても役に立ったようです。たった数週間しか経っていないはずなのに、年が明けて出会うと見違えるように立派になっていました。その成長は、言葉・語彙が増えて、自分の思いを表現するための手段が広がったためだと思います。

実は私も休み中に「時間ビンボーを脱出して、年収を10倍にする方法」という本を読んで、その中に「5年日記」なるのもがあるということを知り、日記に関心を持っていたところでした。なんでも5年分の日記が書けるそうです。例えば1月10日のことを書くページ、そこが5等分されていて、それを一年目、二年目・・・と五年間で埋めていくようになっているそうです。つまり、5年目を書き込む頃になると、4年前以前自分がその日何を考えていたのか一目で見ることができるようになっているということです。恥ずかしいけど面白そうです。

そんな関心を持っていたところに、子どもが日記をつけてきた、ただ付けてきただけでなく、グンと成長してきたその姿を目の当たりにして、私もやってみようと決意しました。良いと思ったこと、参考になると思ったことはすぐに実行してみようというのが、今年の目標のひとつ「♪立ち止まってる暇はないね♪」でもあります。

帰宅して、早速注文しました。まだ到着はしていませんが、手元に来たら続けようと思います。

始める日は、日記を書こうと思い立ったその子どもとの出会いの日まで遡ってするつもりです。そのきっかけを記録しておかなくては。

 本日の自転車走行距離

 今日であったねこ

5年日記

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/09482ebc.9e149edc.09482ebd.590e3ef0/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fenauc%2f10000785%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fenauc%2fi%2f10000785%2f"

| | コメント (0)

2009年1月 9日 (金)

10000パーセント

 10000円札の両端に書かれている10000がつながるようにお札を折り曲げると、1000010000円札になって、一瞬にして億万長者になれるという話を本で読み、早速実行してみました。

財布を開けると「1000010000」の数字が見えるようにしておきます。それを見るたびになんだか笑ってしまいます。これを人に教える時は、実際のお札で実演すると驚いてくれます。言葉だけの説明だと反応はいま一つです。むしろ「ばかばかしい」と言われたりします。この違いはどこから・・・。

 実行して気がつきました。この1000010000円札、作ったらもったいなくて使いたくなくなりました。なので使わないことにしました。

するってえと、たとえ財布に入っているお金をすべて使ってしまっても私の財布には絶えず10000円(時価)のお金が入っていることになります。今までは全て使ってしまうとそれっきりでした。けれど、1000010000円札を入れておくだけで私の資産は10000パーセント増えたことになりました。ああ・・・計算、あってる?

 2009年最初の大発見となりました。ちなみに2008年最大の発見は、チタンフレームの自転車はとてもいいこと。「苗」という字にけもの偏をつけると「猫」になり、「早苗ちゃん」という知人が一瞬で「早猫(はやねこ)ちゃん」になってしまうこと。

 本日の自転車走行距離 32キロ

 今日であったねこ 0

さなえちゃん

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f4233922%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f11970964%2f"

| | コメント (0)

2009年1月 8日 (木)

金色・イロ・イロ

 ひそかにお金持ちの観察をしています。といってもそれっぽい方々をただ見ているだけのレベルですが。そこで気がついたことは、「お金持ちは金色が好き」「お金持ちでいい女は、金色に加えて豹柄が好き」私のお金持ち研究の中で立てた仮説です。それをセンス良くまとめるのがお金持ち。同じように金色・豹柄を身につけていても、どことなくセンスが感じられないのは成金趣味。これも仮説。

お金持ち、もしくはそう見える方はたいてい金色の物をどこかに身に付けています。金色は風水でも金運をあげる色らしい。だからなのか?

「時間ビンボーを脱出して、年収を10倍にする方法」という本の中にも、お金持ちは金(ゴールド)が好きという仮説を立てていました。同じような観察をしている人がいたんだ・・・。

けれど、作者の研究は私のそれをぐっと引き離していて、私が金色とただ認識していたのに、氏の研究では本物の金(ゴールド)を身に付けていることを調べていました。私はお金持ちっぽい人を外側から見ているだけですが、著者は実際にそうした知人が多くいます。

ああ・・・ただ金色だけではだめなのね。金色がいい!という仮説の元に、それを実行しようと手始めに意味もなくプラモデルの飾り台を金色に塗り替えたり、自転車にどこか一か所でも金色の部品を取り付けるように心がけたりするようになりました。

カラーオーダーができる自転車は金色を選んでみました。もっともそれは「レッドゴールド」という色で、もひとつ金色に見えません・・・。けれどメーカー名のロゴはしっかり金色です。

 けれど、本当のお金持ちは、ただ色が金なのだけではなく、純金を身に付けていたのでした。純金かぁ・・・。チタンならずいぶんあるし、既に身に付けていますが。純金となるといっちょういっせきには行きませんねぇ。酸化に強いところはチタンと同じですが。そして金は重い・・・。

 前述の本によると金は幸運も引き寄せるそうです。チタンじゃだめかな。

ということでお金持ち研究は続く。

 本日の自転車走行距離 33キロ

 今日であったねこ 0

「時間ビンボーを脱出して、年収を10倍にする方法」

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f5614666%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f12895388%2f"

百式

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/094559a6.560da3e7.094559a7.c7a1d541/?pc=http%3a%2f%2fwww.rakuten.co.jp%2fhi-toy%2f2001429%2f2001431%2f%231523970&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fhi-toy%2fi%2f1523970%2f

スモー

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/09455a71.cf1f673d.09455a72.b466668a/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2ftoysbox%2f4902425733289%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2ftoysbox%2fi%2f10009246%2f"

| | コメント (0)

2009年1月 7日 (水)

フレームワークのオーディオブックを買う

 約一年前に「効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法―」という本を買い、読みました。軽い気分で買ったものの、読んでみると得るものが多くその後、著者の勝間和代さんのファンとなりました。

 この本から得たものの一つにアルコールとの別れがあります。以前から「やめちゃおうかな」とは思っていたのですが、アルコール摂取による健康への被害は未来の自分に対して負債を抱えていることになる云々という話を読んで、「まったくそうだね」と、飲み賭けだった焼酎を流してしまい、それっきりやめてしまいました。最後に「ぽん」と背中を押されたという感じに近いです。

過去に幾度もした「禁酒」ではなく「やめてしまった」のです。何が違うかというと「禁酒」だと自分以外の何かに禁止されている感じがあります。それに対して「やめてしまった」は自分で決めたという感覚を強く持ちます。より主体的な感じを持ちます。

それに「禁止」している訳ではないので、飲みたくなったら飲めるという余地を残したのお過去の禁酒と違うところ。「禁酒」だと「飲んだら」おしまいだから。

その後三か月以上、飲まないで過ごせましたが、人と食事をする機会があって、ビールを注文しました。

これが半分も飲めなかったのです。美味しいと感じなくなっていました。どうやらアルコールをやめたことは自分の中に定着したようです。その後も頼んでも無駄になることが分かったので、付き合いの席でも飲まないことにしました。

この正月、家に缶ビールがあったので「まあ正月くらいいいでしょう」と飲んでいました。でもやはり350ミリリットル以上は欲しくなりません。飲んだ後、頭がふわぁっとする感じ・・・・、なにかすごくもったいない気がするのです。だってその間何も手に付かない。

酒をやめた理由がこれなのです。私は移動はほとんど自転車なので、昼間は飲むわけにはいきません。帰宅したら今度は本を読みたいので、頭がふらふらする酒はいりません。つまり一日の中で飲んでいいいと思える時がないのです。

そう思えるようになったら、酒を飲むのがばかばかしくなって、やめることを続けることにしました。

 私は朝は早く起きる方なのですが、ここ数日目が覚めるものの布団の暖かさの誘惑に負けて二度寝をしています。これは年が明けてからのことです。何が違うのだろうと考えてみたら、晩酌のビールが影響しているようです。

酒をやめて何が良かったかというと、朝の目覚めがさわやかなことです。体も軽い。アルコールとはいかに体に負担をかけていたことかということを実感しました。

 さて、今日から仕事が始まります。幸いゆっくりの出勤なので二度寝もできました。明日からはそうはいきません。まだ缶ビールはいくつか残っていますが、もうやめましょう。

 勝間和代さんの本から得たことを書こうと思っていたら、アルコールの話が長くなってしまいました。

本当は「フレームワーク」という概念を初めて知り、関心を持ったもののよく分からない。本の中でいくつか参考書も紹介してくれていますが、それを読んでもよく分からない。そう思っているところに勝間さん自身が「フレームワーク」について書いた本「ビジネス頭を創る7つのフレームワーク力」という本を出してくれました。

心待ちにして手に入れ読んでみたものの、やはり自分の中に上手く落ちない。もう一度読んでみようと思いながら、そのままにしてしまいました。

オーディオブックになったら聞いてみようと待っていました。中々出ないねぇと思っていたら、いつの間にか製品になっていました。それに気がついた昨日、早速ダウンロードしました。

ちょうどBGM代わりに「効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法―」のオーディオブックをかけていて、2時間ほどで終わるというところでした。その後かけてみました。

うっ・・・「「効率が・・・」も中身が濃かったのに、今度の「7つのフレームワーク力」も始めから濃い感じがします。濃い情報が次々をスピーカーから一方的に流れだして圧倒される感じを受けました。少し気分転換して頭を休めた方が良さそうです。

という訳で今日から聞いてみようと思っています。

 本日の自転車走行距離 43キロ

 今日であったねこ 3

オーディオブック

http://www.febe.jp/search/index.html?term=%BE%A1%B4%D6%CF%C2%C2%E5

「ビジネス頭を創る7つのフレームワーク力」

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f5659586%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f12923851%2f"

「効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法―」

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f5149927%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f12604985%2f"

| | コメント (0)

2009年1月 6日 (火)

億万長者への道

 今年の目標の一つに「本を読もう」を掲げています。数年来引き続いている目標です。

ジーン・中園という人の「時間ビンボーを脱出して、年収を10倍にする方法」を読んでいます。

この中に一瞬にして億万長者になる方法が書かれていました。

一万円札の両端に書かれている「10000」という数字がつながるようにお札を折り曲げます。すると数字は「1000010000」となります。

これをお財布に入れておけばたちどころに「1000010000円長者」です。遊び半分で楽しんでやることが肝心だそうです。

お金はさみしがり屋なので集まってくる習性があるそうです。すると「1000010000円」もあるところに集まってきてくれるそうです。

早速やってみました。あ!一瞬で夢の億万長者です!豊かな楽しい気分になれます。

 本日の自転車走行距離

 今日であったねこ

「時間ビンボーを脱出して、年収を10倍にする方法」

a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f5614666%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f12895388%2f"

| | コメント (0)

2009年1月 5日 (月)

夢の映画鑑賞

 テレビから録画した洋画を、英語の勉強にならないかという淡い期待から、原語で聞くようにしています。

 初めは一度観たことがある映画のみを、筋も分かっているのでその対象としていましたが、「副音声で聞く」設定のままにしていたので初めて見る映画もそのまま英語で流れ出しました。

戻そうかとも思いましたが、せっかくのチャンスなのでそのままにして観ることにしました。

けれど何言っているのかさっぱり分かりません!

そう簡単に分かるようになるものでもないでしょう。そうしているうちに、英語で話していることが気にならなくなってきました。画面があるので「何をしているか」は大体分かるし、そうすると大まかではあるけれど筋はつかめます。

けれど推理物はだめ。伏線やトリックなんかさっぱり分かりません。それが気になる時は、観た後にその映画を検索して調べればたいていは何とかなります。

年末もいくつか映画を録画しました。そのうちの一本「エクソシスト・ビギニング」を観ていたら、何を話しているのかが手に取るように分かるのです。

え??ついに私にもそういう日が来た??と思ったのもつかの間、そのからくりはすぐに分かりました。

吹き替えのみの放送で、副音声がなかったのです。だからセリフはすべて日本語で話されていました。ああ・・・どうりで良く分かるはずです。

肝心の映画は、予備知識がなかったので映画そのものがよく分かりませんでした。この映画が「エクソシスト」に続くんですね・・・。

 本日の自転車走行距離 60キロ

 今日であったねこ 8

エクソシスト・ビギニング

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f3949367%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f11621776%2f"

| | コメント (0)

2009年1月 4日 (日)

かいじゅうにじゅうめんそう

 中学生の時、机だったか壁だったかに「かいじゅうにじゅうめんそう」という落書きがありました。全部平仮名だったのもおかしかったけれど、なぜに「かいじゅう・・・」なのか?疑問と共にある種のユーモラスを感じたので記憶に残っています。

 映画「K-20 怪人二十面相・伝」を観てきました。さほど期待はしていなく、1年後にはテレビでやるだろうに、何で前売り券など買ってしまったのか・・・http://www.k-20.jp/

と、後悔もしたりしましたが、観たらこれが面白かった。

年末に観た「地球が静止する日」よりも面白く感じました。観た後は面白かったです。比較すると、今回の映画の方が良かったと感じたということです。http://movies.foxjapan.com/chikyu/

 怪盗と名探偵の戦い、超兵器の秘密、少年探偵団など、これといって新しくもないネタに様々な工夫を凝らして飽きさせないように作ってありました。

明智先生がどうも頼りにならないと思っていたら・・・

 劇場に入った時に2月いっぱいまで1000円で映画が観られる割引券をもらいました。「チェ」にしましょうか、でもこれを観たら続編も観ないといけない。ちぇっ!http://che.gyao.jp/

これはあかん・・・。http://www.go-on-vs-geki.jp/

 本日の自転車走行距離

 今日であったねこ

| | コメント (0)

2009年1月 3日 (土)

ねこの帰還

 預かりねこ、初日は緊張していたということもあって、夜になるまで眠りませんでした。翌日は、この家にもだいぶ慣れてきたようで、昼間から丸くなって眠り呆けていました。

寝ている方がねこらしい。それで充電が完了したようで夜中に騒いでいたようです。あちこちに騒ぎまくった跡が残っていました。まあ、ねこのやることだから仕方ない。と私なら思えるところですが、母はそうは思えないらしい。

「ねこはもう飼えない」という結論に達したようです。前にいたねこは16年も生きていたので、真新しい記憶にあるのは「大人しいねこ」というイメージです。それと比べるのはどうかと思いますが、それもまあ仕方ないか。という訳でこの家に新たながねこの来るのはまだ先のこととなりそうです。

 姪たちも帰ってきて、昨日ねこは無事おうちへ帰りました。それと引き換えに今度は姪を残していきました。ねこの方が明らかに静かだったような・・・・。

 本日の自転車走行距離 26キロ

 今日であったねこ 4

| | コメント (0)

2009年1月 2日 (金)

去年最後の買い物・今年最初の買物

 アマゾンで買い物をすると、「おすすめ商品があります」とかいってやたらに色々な物を紹介してくれます。

うっかり「持っています」という項目にチェックを入れると、その情報を頼りに「それをお持ちならこちらは?」と更なる物を勧めてくれます。なのでそれがいやなら「興味がありません」にチェックを入れます。 

 そうはいってもこのお勧めがなかなか面白かったりします。「大怪獣出現」という1950年代の映画をお勧めされました。

あ・・・タイトルだけ知ってる。例によって観たかったけれど観られなかった幻の映画です。しかも価格は1000円。申し込んじゃいましょう。

1500円以上だと送料は無料になるので、何か他の物も一緒に・・・と思うのですが、こういう時に限ってそれが思いつかなかったりします。

たまたま先日ジーン・中園という人のことを思い出したので、他にも著書がないかどうか検索してみました。「時間ビンボー」が何とかという本が面白そうだったので一緒に注文することにしました。私は時間を有効に使うということに関心があるのです。

 申し込んだものの支払い通知が来ません。二つの品が揃ってからくるようです。ま、気長に待ちましょう。

年も押し詰まった12月31日にその通知が入りました。2008年最後の買い物となりました。

開けて1月1日、午前中に届きました。何と早いこと!2009年最初の買い物がだいかいじゅうかぁ・・・。

あ・・・、払い込んだのは31日だからそれは違うのか?けれど商品が到着して初めて「買っちゃった」ということになるから、届いた1日なのか?

2008年最後に買ったものと2009年最初に買ったものが同じもの・・・・ということになりますかね。それも面白くていいです。

 本日の自転車走行距離 33キロ

 今日であったねこ 4

大怪獣出現

http://www.amazon.co.jp/%E5%A4%A7%E6%80%AA%E7%8D%A3%E5%87%BA%E7%8F%BE-DVD-%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%8E%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%B3/dp/B001N252TS/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=dvd&qid=1230851515&sr=8-1

時間ビンボー

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f5614666%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f12895388%2f"

| | コメント (0)

2009年1月 1日 (木)

ねこ元年

 姪から預かったねこと共に年を越しました。

まだ子ねこなのでちょこまかちょこまか動き回ること!好奇心旺盛で寝やしません。初めての環境ということでの緊張もあるでしょう。

飼われている家の事情で、ねこ小屋で過ごす時間が多いということもあるだろうし、何より子ねこだということもあって、何かにつけて経験不足であると感じました。

膝の上に来たいのに、どうやって上がったらいいのか考え込んだり、出入りできるようにドアを少し開けていて、押せばいいのにそれが思いつかず入れなかったり。

やたらに机に上がりたがります。その度に母に叱られていますが、どうやら人恋しくて、人と同じ目線にいたいことの表れだろうと、見ていて思いました。

私がPCをいじってると必ず膝の上にやってきます。そういえば職場でも同じようにして膝の上に子供を乗せてPCをやってます。なんだか家でも保育してるみたいです。

違うのは、今のPC操作の主導権が私にあること。ねこはPCに関心はありません。膝に乗せていると、じわじわ腰に来るのは同じですけれど・・・・。今は夜たっぷり寝て元気いっぱいになっているので、部屋中を走り回っています。もしかしたらうんこがしたいのかもしれません。

 こんな分析が出来るのも私が人類でもまれな「一級ねこ師」の資格を持っていればこそです。

Imgp2897 Imgp2898 (左 膝の上にいるねこ、いい座り心地を探っている。PCを見ている訳ではない 右 寝かしつけているところ 効果はなかった)

 

 本日の自転車走行距離 24キロ

 今日であったねこ 6

| | コメント (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »