« Do You Know Me? | トップページ | 頭がピカソ! »

2008年11月19日 (水)

蛭・喰らい・夢

 確か中学生の頃だったと思います。「吸血怪獣ヒルゴンの猛襲」なる映画があるということを知ったのは。

ヒルという生き物は、今の今まで見たことがありません。雨の日に黄色くて信じられないくらいに長いコウガイビルというのが這い出して来るのをよく見かけましたが、笄先生は、いわゆるヒルの仲間ではないそうです。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%82%A6%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%93%E3%83%AB

 ヒルっていうのは血を吸うし、ぶにゃぶにゃして気持ち悪い。けれど私には何故か気になる生き物です。それが怪獣になるのですから、「ヒルゴンの猛襲」は気になる映画でした。けれど、それを観る機会はついぞ訪れませんでした。

ある時、ふと思いだしてアマゾンで検索してみました。今更観たい映画でもないです。仮に観たって面白いとは感じないでしょう。また、あったとしても輸入もので、字幕などありはしないでしょう、だとしたら観ても判りません。でも検索するくらいならたいした手間ではないです

あった・・・。字幕付き。あっけないくらいにすぐ見つかりました。

しかもお値段は新品で780円!

安い・・・。映画観るより安いじゃない。レンタルビデオ二回分、これならつまらなくてもいいかという訳で注文しました。アマゾンでは1500円以上だと送料が無料になります。一緒に「勝間和代手帳2009」も頼みました。

勝間さんとヒルゴンが同時に届くという人格を疑われそうな組み合わせです。

 中学生の頃からの夢、「ヒルゴンの猛襲」をついにこの目で観る時がやってきました。アメリカはフロリダの片田舎で、沼で行方不明になる事件が続出します。放射能汚染で大きくなったヒルがその犯人というおぞましい内容でございました。

物語は、犯人がヒルゴン先生という点を除けば、ちょいとしたサスペンスで、割とよく出来ていました。肝心のヒルゴン先生は、黒いごみ袋に吸盤模様をつけただけという感じのお粗末な出来栄え。予算の関係もあったのでしょう、必要以上に出番がないという演出が、出来の悪さをかろうじでカバーしていました。

ストリーを練り直して、最新の技術でリメイクしたら案外面白いかもしれません。当たらないでしょうけれど・・・・。

映画について

http://www.h7.dion.ne.jp/~eiga-kan/Attack_of_The_Giant_Leeches.htm

 本日の自転車走行距離 32キロ

 今日であったねこ 4

ヒルゴンDVD 

http://www.amazon.co.jp/%E5%90%B8%E8%A1%80%E6%80%AA%E7%8D%A3%E3%83%92%E3%83%AB%E3%82%B4%E3%83%B3%E3%81%AE%E7%8C%9B%E8%A5%B2-%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BBL%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%AF%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC/dp/B001AM17FO/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=dvd&qid=1227018799&sr=8-1

勝間和代手帳2009

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f5834934%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f13034001%2f"

|

« Do You Know Me? | トップページ | 頭がピカソ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Do You Know Me? | トップページ | 頭がピカソ! »