« いわねこ | トップページ | アメリカのねずみと田舎の何とか »

2008年9月24日 (水)

悲願の彼岸花

Imgp2540 Imgp2539

 昨日は、荒川、入間川を辿って、巾着田というところへ自転車仲間と行ってきました。

「巾着田」http://www.kinchakuda.com/って何かと思ったら、彼岸花の名所だそうです。

 荒川は前日からの雨で、コース上はかなり水がしみ出しているだろう、コースの殆どが河原のサイクリングロードなので、帰りも道に迷うことはなさそう(含む希望的観測)なので、全行程自走すること、ただし日が短くなっているので高性能のライトの必要、この二つの理由から、泥除けとハブダイナモライトを装備したクロモリ鋼製ロードレーサーで行くことにしました。

通勤専用にする為の装備だったのに、思いもかけず役に立ちます。予想通り、荒川のコースは、しみ出した水でびちゃびちゃなところが多かった。けれど、泥除けが付いているのでへっちゃらでした。自転車がほとんど汚れない!その代り、泥除けの裏は大変なことになっていますけれど。

意味もなく水たまりに飛び込んだりして・・・

 今まで入間川サイクリングロードの入口までは行ったことがありましたが、サイクリングロードに入ったのはこれが初めてのことでした。細いけれど、景色もよく、私はこういうコースの方が好きです。

 サイクリングロードの終点で現地に詳しいメンバーと合流して、巾着田へと向かいました。人気な所らしく、道は車で一杯・・・。自転車といえどもなかなか進めず。

 ようやく巾着田に着きました。他のメンバーは彼岸花が咲き乱れる奥へと行きましたが、私は帰りも来た道を走るので、そのまま帰ることにしました。帰り道はできるだけ明るい方がいいです。

彼岸花を見に来たのに、さして見ないで帰るのに心残りは?いいのです。私には「全行程が目的地」ですから。帰り道も楽しめます。

コスモス畑が綺麗だったので、これをカメラに収めました。コスモスの写真は職場で教材として使えそうです。

 たった今走ってきたばかりの道なのに、反対に走ると(逆走じゃないよ)その景色はまったく違って見えます。「この道で良かったっけ?」と心配しながら走りました。こういう時、GPSは便利です。記憶があいまいでも、GPSには「通ったよ」と記録がちゃんと残っています。http://logmate.jp/

 往復で181キロ走りました。ずいぶん走った気がしますがそんなものか。なかなか200キロは超えないものです。

 本日の自転車走行距離 32キロ

 今日であったねこ 9

|

« いわねこ | トップページ | アメリカのねずみと田舎の何とか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いわねこ | トップページ | アメリカのねずみと田舎の何とか »