« ごろごろにゃ~ん | トップページ | 鉄入28号 »

2008年9月29日 (月)

旅に病んで夢は枯野を・・・

 私は写真を撮るという趣味がないです。ブログをつけるようになってから、ネタとして写真を撮るようになりました。主に自転車であちゃこちゃ行った時のことを記録しています。

しかし、記録したもののきちんと整理保管していないので、撮ったらそのままになって、いつの間にかなくなっています。

心の中にある「見えないアルバム」にしまってあるのだと思えば、それはそれでいいのですが、せっかく撮ったものですから、もう少し大切にしましょう。

という思いから、この夏、自転車の写真を撮ってそれをA4サイズにプリントアウトして部屋に貼り出してみました。

べたべたと写真を貼りだすとなんだかアメリカ人。

 テーマは水辺で撮ること。私は海とか川のある景色が好きなのです。貼りだしてみると、すべての自転車の画像が欲しくなり、折りたたみ自転車antや、退役したMTBやカーボンロードの画像がなかったので過去の記録を調べてみました。antはともかく、MTBとカーボンはもう写真が撮れません。

どうにかありました。歴代の自転車の画像を貼りだすとなかなかの壮観です。それを見ていたら、特にこの夏、撮影を目的に撮ったものでない画像を見ていたら、あることに気がつきました。

私は、自転車で出かける時に、行ったことのない新しい場所に行くことも勿論好きですが、同じ場所に何度も行く傾向があることに気がつきました。

それは、「どこそこに行った時に通ったあそこにもう一度行きたい」「通ってみたい」という思いから出かけるのです。

別に「どこ」と特定できるような場所ではないのです。例えば私の好きな境川のサイクリングコース。そのすべてが好きなわけではありません。「田圃が見えて、向こう岸に林があるあの一角」とか、他の人に説明しても通じない、自分にしかわからないその景色を見る、見るというよりもその場の空気・雰囲気に浸るためだけに通る。

自転車を止めて「ああ来たねぇ」と浸る訳でもなく、そこは一瞬で通過してしまいます。それでいいのです。その為だけに来たのですから。

「旅に病んで夢は枯野を駆け巡る」という句は、病床で、かつて自分が歩いた地に思いを馳せている句なのだろうと思います。自転車と、それと共に走った地の写真を見て、自分のサイクリングの傾向を思いながら、この句が浮かんできました。

 Imgp2439 Imgp2442 Imgp2441

 本日の自転車走行距離 37キロ

 今日であったねこ 10

|

« ごろごろにゃ~ん | トップページ | 鉄入28号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ごろごろにゃ~ん | トップページ | 鉄入28号 »