« 風船爆弾 | トップページ | ラミパス・ラミパス・・・ »

2008年8月27日 (水)

砂をかむ思い

 雨の日の自転車通勤も折りたたみ自転車MR-4を雨中専用にしたので、「雨の日通勤もまた楽し」となりました。

雨の日走った後に困るのは、水しぶきと一緒に砂が特に後輪の辺りに砂がびっしり付くことです。

フレームが黒いせいか、走行直後はあまり目立たないのですが、乾いてくると砂があちこちについています。

MR-4は折りたたみ小径車で、フレームの形も特殊なので、後輪の辺りに砂が付きやすいのかと思っていましたが、同じく雨の中走るロードレーサーを見ると、同じように汚れていました。

雨の日はそういうもののようです。

職場に行く時は、ホースのついた水道があるのでそれで一気に流してしまいます。砂問題はこれで解消。・・・錆問題は残りますが、これは襤褸切れで拭きとります。

問題は帰宅したときです。うまい具合に帰り道、雨はやんでくれれば良いのですが、なかなかそうもいきません。

家のすぐそばに公園があって、そこに水道があります。それを使わせてもらえば、砂は落とせそうです。

けれど、ただ水道があっても、水は自転車に上手くかかりません。ホースがあれば便利なのですが・・・。

そんなに長くなくてもいいのです。30センチほどあれば何とかなるでしょう。

でも雨の度にホースを荷物に忍ばせるのも厄介です。公園、水道の付近に隠しておきましょうか?

プランB ペットボトルか何かを利用して、それに水を汲んでかければいいんです。ペットボトルならその辺に落ちているでしょうから、常備する必要もありません。

落ちているのは汚いですが、幸い雨の中、雨水で洗い流せます。

使ったあとはリサイクル。町のごみも片付きます。

いい思いつきだ!と帰宅しましたが・・・・どういう訳か探すとこれが落ちてない。

いつもは「こんなところに捨てていくなよ!」と苦い思いで見ていますが、探すとなると、ひとつもありませんでした。

人々は改心したようです。

職場を出る時に一本持って行くことにします。

 本日の自転車走行距離

 今日であったねこ

|

« 風船爆弾 | トップページ | ラミパス・ラミパス・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 風船爆弾 | トップページ | ラミパス・ラミパス・・・ »