« 政治ねこ | トップページ | ギャク・ソウ・シャ »

2008年7月28日 (月)

CはカーボンのC

 カーボンフレームのロードレーサーは、チタンロードが来てから、分解収納しました。さらに部品を外して別の自転車に組み替えて、新たな部品の装着を待っていましたが、結局再生計画は中止になりました。

理由をおおざっぱに言うと、チタンロードを予想以上に気に入ったこと、逆にカーボンフレームがそれほど感激をもたらさなかったこと。

それで「カーボンはもういいかな・・・」と思い始めました。

そうなったら、カーボンをどうしましょう。

プランA 売却してほかの人に使ってもらう。

プランB フォークだけ外して予備部品とし、残りは切って冬に火鉢にくべてお餅を焼く。

プランC 来るべき日に備えてそのまま保管。

B、カーボンは炭なので一見無駄のない使い方ですが、フレームはエポキシ樹脂で固められているので、燃やすと有毒ガスが出ます。なので却下。

C,退役させる意味がない・・・。

といことでプランA。

調べると中古自転車を扱った店が近くにありました。部品を外してしまったので、残りの部品も外し、フレームだけという希望で見積りをお願いすると、こちらの予想と差がありませんでした。

ついでに使わなくなった部品も引き取ってもらいました。

ロードレーサー中心になった今では使わなくなったMTB用のを始め、「自転車箱」を探すと結構いろいろ出てきました。持っていたことさえ忘れていたものも結構ありました。

「何とかフリーマーケット」などで売れば、こちらの望む値段で売れるのでしょうけれど、いっぱいあるし、そこまで運ぶのが厄介だし、その日行かれるかどうかも怪しいし、今すぐ処分できる方がいい。

自転車運び用リュック「子泣き爺」にフレームをくくりつけ、部品は中に入れて中古屋さんへ。

中古引き取りなので、お値段はつきませんでしたが、これで家はかなりすっきりです。

 カーボンロードとは短い付き合いでしたが、「ロードレーサーというのはこういうもの」ということを学ぶのに随分と役に立ってくれました。そういう意味では十分元は取れたかなと思います。

 本日に自転車走行距離 43キロ

 今日出会ったねこ 9

|

« 政治ねこ | トップページ | ギャク・ソウ・シャ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 政治ねこ | トップページ | ギャク・ソウ・シャ »