« ♪俺はかえるちん♪ | トップページ | GPS実践 »

2008年6月22日 (日)

ant改造(完了)

 折り畳み自転車antのハンドルをドロップハンドルに変更しました。

http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2008/06/ant_4454.html

主な変更点

・折り畳みハンドルからドロップハンドルへ。

・前ブレーキ 純正のものよりシマノXTへ。 

 MTB用に買っておいたもの。ちなみにMTB は前後でブレーキの種類が違うので、使わない後輪用が余っていて、早くから後輪のみXTに交換していました。今回めでたく前後でXTに。

・ハンドルステム ドロップハンドル用に交換。

・スペーサー ハンドルの高さを変える部品。antは黒ずくめだったので金色のものと交換。性能に影響なし。

・荷台(キャリア)を外す。230グラムの軽量化に成功。

・ブレーキレバー ドロップハンドルでVブレーキが使えるダイヤコンペのものと交換。

・シフトレバー シマノのバーエンドに付けるタイプのものに。

 今回、ほとんど手持ちの部品で交換が出来たので、この為に買ったものはブレーキレバーと、スペーサー、ワイヤーの類だけです。

ワイヤーは、中身だけ交換すれば、アウターと呼ばれるワイヤーを保護する役目をするチューブはそのまま使えると思っていましたが、外してみると「がちがち」に硬くなっていました。錆びてんの・・・。それでワイヤー類は一式交換しました。

 折り畳みハンドルはコンパクトになって便利ですが、重量がかなりあります。キャリアも便利ですが、ほとんど使いません。これらの撤去は全体の軽量化にかなり貢献するだろうと期待していました。

あまり貢献しませんでした。antはもともとが重いですから。

走った感じも変化なし・・・。むしろ重くなっています。確かにantはMR-4やロードレーサーと比べると走りの質は落ちます。けれどこんなに使えなかったかな?

だめだめです。

しかし、よく観察してみると、ブレーキシューがリム(車輪)と接触しています。つまりブレーキがかかったのと同じ状況です。

これなら、たとえエンジンが付いていたとしても重い走りです。

ブレーキシューの位置を調整すると、よく走るようになりました。ドロップハンドルで前傾姿勢をとれるようになったせいか、走りやすい感じです。

 右側にシフトレバーを付けましたが、ここにはやはりバックミラーが欲しいので、左に付け替えます。

Imgp2258 (左 改造完了ant 右 便利だけど重い折り畳みハンドル 大きさ対比用R5-D4)Imgp2260

 本日の自転車そう距離 16キロ

 今日であったねこ 0

|

« ♪俺はかえるちん♪ | トップページ | GPS実践 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ♪俺はかえるちん♪ | トップページ | GPS実践 »