« 誘惑された意志 | トップページ | ぎゆうにゅうねこ »

2008年4月15日 (火)

エイガデエイゴ

 英語の勉強になるといいなぁという含む希望的観測で、録画した洋画を英語で聞くことにしました。

「タイムマシン」。これは公開当時、劇場で観たので筋は知っています。だから台詞が分らなくとも困らない、そう思ったのがことの始まり。

BGM代わりに流していますが、やはり何言ってるのかさっぱり分りませんでした。

次に「リロ&スティッチ」を観ました。この映画は初めてなので、吹き替えで観るつもりでした。しかし、機械の設定がそのままになっていたようで、リロ先生達、英語で話し始めました。

・・・何言ってるのかわかる自分に気がつきました。スティッチというのは何とか博士によって、違法に作られた生態兵器で、そのことで裁判にかけられ有罪。ステイッチ先生は投獄、そして脱走。

何とか博士は、捕獲・抹殺を条件に自由が与えられることに。こんな筋だと思います。アニメで、簡単なストーリー・台詞回しだということ、「この手の」ジャンルに私が精通しているためということもありますが、分かるのは嬉しい。

でも最後に捕まったスティッチ先生が星に連れ帰られないで、地球に残った理由がわかりませんでした。巻き戻して、吹き替えで聞けばいいのですが、そこまでして知りたくはなかったのでそのまま。

 続いて「トゥームレイダー2」これも劇場で観ましたが、私にはつまらなかった。二本立てだった「ターミネーター3」は物語はともかく、ロボットお姉さんがやたらにかっこよかった!こちらを観に来たのだから、トゥームレイダー2は期待してなかったからいいのです。今回もまらなく感じたので途中で中止。

 こうなったら録画した洋画はすべて英語で聞きましょう。次の録画は「日本沈没」!

・・・日本映画だ。

 本日の自転車走行距離 32キロ

 今日であったねこ 9

|

« 誘惑された意志 | トップページ | ぎゆうにゅうねこ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 誘惑された意志 | トップページ | ぎゆうにゅうねこ »