« 英語の世紀 | トップページ | メッセージ・イン・ザ・わかばちゃん »

2008年3月27日 (木)

うちのお嬢だ!

 同僚が使っている自転車のメッキ部分が錆びてきたのでどうしたらいいか聞かれました。

「わからん!」

です。私のクロモリ鋼製ロードレーサーもメッキをしてもらっています。気がつくとぽちぽちとさびが付いていることがあります。まめに錆びた部分を落としていくしかないでしょう。

 それをきっかけに、私の自転車を作ってもらったシクロタカハシという工房のHPを思い出し、久しぶりに訪れてみました。

フルオーダーの項を順に見ていると、見覚えのあるフレームに出会いました。

「うちのお嬢じゃねぇか!」http://496elan.info/elan/colle47.htm

完成見本とかじゃなくて、正真正銘私のオーダーした物です。数年前、ロードレーサーという自転車がどういうものかも分からないまま、注文しました。なのでブレーキがカンチ台座だったり、キャリアが付けられるようになっていたり、太いタイヤが付けられるようにしてあります。それまで使っていたMTBの発想がそのまま反映されています。

なのでロードレーサーとしてはちょっと変。こうして紹介されているということは工房では新たなジャンルになってしまったのでしょうか?見た目は変でも、使い心地は良好良好。鉄製なのでちょいと重いですが、私の体のサイズに合っているのし、乗り心地使い心地は抜群です。

 大きな平べったい箱に入って送られてきた日のことを思い出しました。箱から出して、完成したフレームをベッドの上に置いては日がなニヤニヤしていました。

・・・そういえば箱の始末が大変でした。

 この後、件のロードは自転車背負い用リュック「子泣き爺」に固定して、MTBで町田にある自転車屋まで運んで部品を付けてもらいました。自転車はかつぐと重いです。

 本日の自転車走行距離  48キロ

 今日であったねこ 1

|

« 英語の世紀 | トップページ | メッセージ・イン・ザ・わかばちゃん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 英語の世紀 | トップページ | メッセージ・イン・ザ・わかばちゃん »