« ほろほろほろほろ | トップページ | ヨコハマシ・ミナミク・オオオカ »

2008年3月14日 (金)

科学のタマゴ

Imgp0085

 「科学のタマゴ」という科学教材の「エアエンジン飛行機」を作りました。

胴体がエアタンクになっていて、ポンプで空気を注入、プロペラのゴムを巻いて、更にプロペラを軽く回して手を離すと大空を飛びます。

私は模型は好きですが、飛行機というジャンルは未開の地。しかもそれが実際に飛ぶとなると、羽根の角度がどうとが、機体の中信に線を引けだとか、いろいろとやかましい制約があって大変、しかも子どもは早く作れとせかします。

粘り強く説明書通りに作ると、どうにか空飛ぶ飛行機が出来上がりました。二階のベランダからテスト飛行。

付属のポンプで空気を入れます。しゅっしゅっしゅっ・・・機体の中にスポンジの人形を入れるようになっていて、空気が入ると気圧の変化でそれが縮んでいきます。かなり高圧の空気を入れる感じです。まるでロードレーサーのタイヤに空気を入れているようです。模型作ったり、空気入れをポンピングしたり、家にいるのとあまり変わらない・・・・・。

 空気圧で動くピストンエンジンは結構感動ものです。かっこいい・・・・。3月という時期に飛行機を作ってそれを飛ばすというのは、「旅立ち」や「自立」をイメージさせて素敵な感じがします。

 飛行少年、高く、遠く飛べますように。

 本日の自転車走行距離 16キロ

 今日であったねこ 1

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f4326288%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f12019401%2f"

|

« ほろほろほろほろ | トップページ | ヨコハマシ・ミナミク・オオオカ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ほろほろほろほろ | トップページ | ヨコハマシ・ミナミク・オオオカ »