« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月29日 (金)

大島行き プランE

 大島行きの為に自転車の仕様もそろそろ結論を出さないといけなくなりました。なぜなら間もなく出航だからです。

 ハブダイナモライトをやめて、バッテリーライトにしました。サンヨーテクニカのソーラー充電ライト。私のお気に入りです。これのいいところは、太陽光で充電するので、日に当てておけばいいこと。更にACアダプターも使えて、悪天候が続いても充電が可能なところがスーパーお気に入り。

明るさも十分です。そして何より軽いこと。ライトをサンヨーテクニカに換えて、「E装備」で決定。

 本日の自転車走行距離 46キロ

 今日であったねこ 6

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/0674b913.269ddf11.0674b914.c3730976/?pc=http%3a%2f%2fwww.rakuten.co.jp%2fjitensha-navi%2f746575%2f746594%2f%23834071&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fjitensha-navi%2fi%2f834071%2f"

| | コメント (0)

2008年2月28日 (木)

大島行き プランD

 大島行き、自転車の装備また変更です。

フロントキャリアとフロントバッグを外すことにしました。今回の大島行きで一番荷物を積んで走るのは考えてみると、自宅と船に乗り込む竹芝桟橋の往復の道だけです。

現地での作戦行動中はフロントバッグとその荷物は宿に置いたままで持ち運ぶ必要がありません。リクセンカウルのコントアーマグナムという大型のサドルバッグだけで十分です。

なのでハンドル操作が重くなるフロントキャリアとバッグは外すことにしました。代わりにリュックを背負うことにしました。

 な~んだ。一番やりたくなかったプランじゃないですか、荷物を背負うというのは・・・。けれど余分な装備を外した自転車はすっきりして奇麗です。重量も軽くなり、走行感も軽いです。

 「D装備」と名付けましょう。

残る問題はハブダイナモライトを使うか、乾電池のライトにして更なる軽量化をするかどうかです。

 本日の自転車走行距離 32キロ

 今日であったねこ 2

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/075bbf42.f3437b59.075bbf43.b1555d98/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbebike%2fwh-3n71-road-f%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbebike%2fi%2f10000368%2f"

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/075bbf42.f3437b59.075bbf43.b1555d98/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbebike%2flp-r600%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbebike%2fi%2f10001177%2f"

| | コメント (0)

2008年2月27日 (水)

ホシガキ隊

Imgp1437

 職場で作っていた干し柿が出来ました!粉を吹いて美味しそうです。

試しに一つつまみ食いしました。

「うんま~い!」

私は柿、特に干し柿にはまったく興味がありませんでしたが、これは美味い!ただ軒先に吊るしておいただけなのにすごいです。

皆であっという間にいただいてしまいました。

 本日の自転車走行距離 33キロ

 今日であったねこ 3

 干し柿を作るまでの経緯

http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2008/01/post_a5f4.html

| | コメント (0)

2008年2月26日 (火)

ブレーキワイヤー露出

 大島へ行きに備えて、ロードレーサーのブレーキワイヤーを交換しました。

バーテープも一緒に交換です。ハンドルとブレーキ一ワイヤーを一緒にバーテープで巻くと、ハンドル周りがすっきりしますが、ワイヤー交換の度にバーテープも外さなければならないのは面倒だし不経済です。ワイヤーとバーテープの交換時期がそもそも違うし。

ドロップハンドルに取り替えた折り畳み自転車MR-4は、雨の日の通勤用に使っていて、消耗の激しさが予想されるのでブレーキワイヤーは外に出してあります。

他のドロップハンドルの自転車も順次ワイヤーを出そうと思っていました。幸い、今回外に出したクロモリ鋼のロードレーサーは、変速レバーがフレームのダウンチューブという場所にあるので、ブレーキワイヤーが露出してもさほど邪魔にはなりません。

 ただし、バーテープ巻きは何度やっても難しいです。今回も失敗しました・・・。フジトシの本革バーテープが使いやすく、巻いた感じも好きです。

 本日の自転車走行距離 32キロ

 今日であったねこ 2

 バーテープ

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/03210eec.9a73e6cd.045ce858.4a0f6446/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fworldcycle%2ftoshi-bartape%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fworldcycle%2fi%2f10007642%2f"

 ブレーキワイヤー

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/03210eec.9a73e6cd.045ce858.4a0f6446/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fworldcycle%2fall-a-ly-ksptb%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fworldcycle%2fi%2f10010650%2f"

| | コメント (0)

2008年2月25日 (月)

わかばちゃん夜話

Imgp1461  粘土製わかばちゃんの制作に成功しました。

子どもが前回作って、乾燥させた紙粘土の怪獣に色を塗っている間に作りました。今回は怪獣以外の物にしても文句を言われませんでした。

 わかばちゃんは実在の人物がモデルになっています。私がある所でバイトをしていたころの話です。「ハヤシさん(仮名)」という人が新たに入ってきました。

後にわかばちゃんと呼ばれるようになるその人のほかに既にハヤシさんという方がいました。なので間違えやすいです。前からいるハヤシさんを「古ハヤシさん」と呼ぶ案も出ましたが、却下されました。

そちらは却下されましたが、代わりにハヤシさんが「若ハヤシさん」になりました。つめて「わかばちゃん」

 ある日、「かあさん」という人がわかばちゃんを呼ぼうとしてたところ、混乱・間違えて「カエデちゃん」と呼びました。それを近くにいた私が「カエルちゃん」と更に聞き違えてしまいました。

「わかばちゃん=カエル」という今日に続く偉大な図式が生まれた瞬間でした

それから程無くして、「知る子ちゃん」という人が仕事を終え、「わかばちゃん」と帰ろうと誘いました。

「『わかばちゃん』帰る?」

「『わかばちゃん』カエル」

・・・・「わかばちゃん」はカエルになりました。

もうご本人とは随分会っていませんが、どうしておられるでしょう。その後かえるのキャラクターわかばちゃんは、「わかばちゃん」本人とはかかわりなく、愛されています。

 本日の自転車走行距離 32キロ

 今日であったねこ 5

わかばちゃん製作に使用した粘土「フワフワムースのかみねんど」(グリーン)

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/0755d76b.f8ea4096.0755d76c.4e28e301/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2ffestival-plaza%2f10002902%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2ffestival-plaza%2fi%2f10002902%2f"

| | コメント (0)

2008年2月24日 (日)

本は本を呼ぶ

 勝間和代さんの本を手にしたのをきっかけに、読書を再開しました。そんな宣言をしたわけではないのですが、職場で同僚から続けて本をもらいました。

「すべては音楽から生まれる」

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f5245782%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f12673944%2f"

「国家の品格」

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f3684277%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f11548777%2f"

勝間さんは著作でいろいろな本を紹介しています。その中で面白そうなのを買ってきては読んでいましたが、あくまで選ぶ主体は私自身です。

人から貰うことを選ぶのも自分が主体なのには変わりないのですが、そういう機会がなければまず手にはしなかった本なので、ありがたく頂いて「読み本リスト」の中に入れました。

「すべては音楽から生まれる」に関しては、くれた人は「自分の代わりに読んであとで教えて」だそうです・・・・。がび~ん。やはり只は高いのです。

 本日の自転車走行距離 12キロ

 今日であったねこ 0

| | コメント (0)

2008年2月23日 (土)

大島行き プランC

 大島行き、自転車の装備品、その試行錯誤第三回です。

荷物の中では何が一番かさばるかというと私の場合は雨具です。これがいらない状況ならば、荷物が半分以下になります。

しかし・・。雨に降られると体力は低下するし、モチベーションは下がるし、健康も損なうし、保険のようなものなのでなるべくなら持っていこうと思っています。

 リキセンカウルのシートポストというサドルを付けるパイプに固定するリュックタイプのバッグと、フロントバッグ、この組み合わせでほぼ決まりと思っていましたが、同社の大型サドルバッグ、コントアーマグナムにすれば、全体を軽くコンパクトにまとめられそうです。

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/03210eec.9a73e6cd.045ce858.4a0f6446/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fworldcycle%2frixen-contormagnum%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fworldcycle%2fi%2f10006459%2f"

雨具はマグナム先生に担当していただいて、そのほかの荷物はフロントバッグに収めればこれでかなりコンパクトになります。

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/04f1102b.c0f67bdd.04f1102c.4372f8a0/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fnaturum%2f105584%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fnaturum%2fi%2f10404520%2f"

 本日の自転車走行距離 32キロ

 今日であったねこ  5

| | コメント (0)

2008年2月22日 (金)

最悪の棒

Imgp1342  伸びすぎた幸福の木を切って、水につけておきました。もうふた月以上たちますが芽が出る気配はありません。

可愛そうに、枯れてしまったようです。幸福の木が枯れた奴は「最悪の棒」と呼ぶそうです・・・。映画「イン・ザ・プール」より。

 図らずも手に入ってしまいました。

 本日の自転車走行距離 32キロ

 今日であったねこ 1

| | コメント (0)

2008年2月21日 (木)

ねこにんげん

 「ねこ鍋」の本を職場の本棚、子どもの見えるところに置いています。

ポスターが付いていました。本のおまけとして付いていた訳ではなく、販促用のポスターがたまたま私が手に取った本に挟まっていたようです。

もらったものは返しません!ありがたく頂いて、壁に貼ってあります。それを見た子供が聞きました。

「ねこ・・・なに?」

「鍋(なべ)と読むんです。『ねこ鍋』」

「ねこなべってなに?」

「この本です」 

ねこ鍋の本を見せました。ねこが鍋に入っているので、

「死んじゃったの?」

「そうじゃない、鍋を置いといたら、ねこが面白がってはいったんだって。それを写真に撮ったんだよ」

「ねこは食べられないしね」

この人は知らないでしょうが、ねこは美味しいんです。生のままでいただけます。耳とか、にくきゅーとか、実に美味しいのです。

ねこは嫌がります。

「どうしてこの本を買ってきたの?」

よくぞ聞いてくれました!その質問を長い間待っていました。

「あなたたちを『ねこ人間』にするためです!」

 ねこ鍋の話から、私の家のねこはどうしてるかと聞かれました。

「死んじゃいました」

「いつ?」

「去年の11月」

「何日?」

「13日」

「どうして?」

「歳をとったから」

「かわいそー」

ありがとう。けれど、うちのねこは、老衰で、最後の最後の瞬間まで生き続けることが出来たので、可哀そうじゃないのです。私も納得のいく別れが出来たし。それを説明しようかと考えましたが、まだそういうことが聞ける感じではなかったので、そういう準備が出来たころにまた。

http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2007/11/post_26e4.html

 本日の自転車走行距離 32キロ

 今日であったねこ 6

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f4868915%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f12362123%2f"

| | コメント (0)

2008年2月20日 (水)

本をたくさんよむひと

 3月に伊豆大島に行くので、何か参考書籍を・・・と、近所の本屋に行きました。大島の地図というのはなかなか見つかりませんでした。もっと大きな書店に行かないといけなかったか。

ガイドブックを手に取ると、ありました大島の地図。「てくてく歩き8 伊豆七島・小笠原」残り六島と小笠原は今回要らないのですが、漂流してこれらの島に流れ着くこともあるかもしれません、まあいいでしょう。

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f5378196%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f12766563%2f"

レジの近くに勝間和代さんの著作が平積みになっていました。予定にはなかったのですが、青い字の「無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法」を買ってしまいました。

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f4821644%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f12317565%2f"

同シリーズで赤い字の「無理なく続けられる年収10倍アップ勉強法」 と迷いましたが私は、「時間」の使い方に関心があるので、今回は「時間投資法」に。うまい時間の使い方を実践するなら、再び本屋に足を運ぶ手間を省くために一度に買うのがいいのかもしれませんが、本屋に行くとそれはそれで新たな発見に出会えるのでいいのです。

買った後、パラパラめくっていると自転車の写真に目がとまりました。お勧め本として疋田智さんの「自転車生活の愉しみ」を取り上げていました。私にはおなじみの疋田さんの本です。妙なところでつながっています。

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f4417773%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f12071776%2f"

家に帰ると注文していた「ザ・マインドマップ」が届いていました。 帯に「あなたの頭が良くなる」と書かれています。なんだか嬉しい。

流れていたテレビが星占いをやっていました。私の星座は今日はいいそうです。キーワードが「本をたくさん読む人」だそうです。占いはどうでもいいのですが、いいことを言われるのは嬉しいです。

 本日の自転車走行距離 32キロ

 今日であったねこ 8

| | コメント (0)

2008年2月19日 (火)

キレキレテ

 自転車で街を走っていたら、反対側から別の自転車がやってきました。

いわゆる逆走自転車、違法であり、迷惑な存在です。

「ぶつかる!危ない!」と言うと

すれ違いざまに「うるせぇ!」と言われました。・・・他にボキャブラリーは無いのかい。がっかりしながら、その足で古本屋に行きました。

「『キレない力』を作る50の方法」と言う本を発見しました。今の気分にぴったりです。

家に帰って読んでいると、「ミラー効果。人に向けた感情が、自分に跳ね返る」という項目がありました。相手も人間だから、こちらの対応ひとつで、向こうのそれも変わってくるということです。

つまり、逆走車を注意したものの、その時こちらの態度にも問題はなかったか?伝え方が却って相手の頭に血を昇らせてしまってはいないか?もっと相手に自分の行為を考えさせる方法はなかったか・・・・。

反省するところは多いと思います。

人は自分と同じレベルの人にしか出会えないとも聞きます。そのレベルは必ずしも相手に起因するものではなくて、こちらの対応がそうさせているから、そうした出会いしかないのでは?

本を読みながらそんなことを考えながら頭を冷やしたのでした。

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f4339033%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f12025385%2f"

一緒に見つけた本。

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f3599202%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f11497922%2f"

 本日の自転車走行距離 37キロ

 今日であったねこ 2

| | コメント (0)

2008年2月18日 (月)

釣りに行こう!

 結論から言うと私は釣りをしません。

糸がこんがらがっちゃったりするのがとても嫌いなのです。

「混線」に細心の注意をはらいつつ、釣り上げた成果です。

Imgp1436 つちのこ、河童、にゃんぎょ、わかばちゃん。

本日の自転車走行距離  32キロ

今日であったねこ  2

| | コメント (0)

2008年2月17日 (日)

大島行きプランB

 三月初旬に予定されている、大島行きの為に自転車の前後にキャリア(荷台)を付けていましたが、どうにも重いことが分かったので、後ろのみ外すことにしました。

 自転車を持った感じも、走行感も「別の乗り物?」というくらいに軽くなりました。自転車は軽くシンプルな方がいいらしい。

 旅の達人「なんちゃってチャリダー」のかくげ太さんが情報をくださいました。自炊やテント泊をしない旅ならば、大きめのフロントバッグでこと足りるそうです。http://www.nanchatte-charider.com/

なるほどなるほど。私のフロントバッグは中型なことと、それだけではちょいと不安なので、リキセンカウルのリュック型のバッグを付けることにしました。

これなら、キャリアがいらないので、自転車が極端に重くなることはありません。・・・内容にもよりますが。

とはいうものの、後輪が「ぐん!」と沈む感じがします。それが嫌で、しばらく使わないでいましたが、一年ぶりに復活させましょう。

これで何とかいけそうです。肝心の荷物が決まっていないのでした・・・・。

 本日の自転車走行距離 11キロ

 今日であったねこ 2

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/03210eec.9a73e6cd.045ce858.4a0f6446/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fworldcycle%2frix-b-km821%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fworldcycle%2fi%2f10014219%2f"

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/03210eec.9a73e6cd.045ce858.4a0f6446/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fworldcycle%2frixen-extender-r%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fworldcycle%2fi%2f10006466%2f"

| | コメント (0)

2008年2月16日 (土)

わーく・らいふ・ばらんすてちょう

週刊ダイヤモンド2/9号「年収が20倍に増えた仕事術『グーグル化』知的生産革命」の中で紹介されていた「ワーク・ライフ・バランス手帳2008」を取り寄せました。

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f4821642%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f12317563%2f"

前半は、手帳の使い方というか、ヒントというか、その手帳が出来るまでの経緯というか、そういったことが書かれています。「効率が10倍アップする新・知的生産術」のダイジェスト版のような感じで、これを読んでいるだけでもかなり面白いです。

後半は、罫線があるだけでほとんど真白。あら・・・?手帳だからだ。そこは自分で埋めるのです。今まで手帳は使い切った経験がほとんどなく、「三日手帳」でしたが、これは使えそうです。

 勝間さんは今日放送予定の「王様のブランチ」に出演するそうです。ご使用の自転車が見られるとかで、こちらも楽しみです。http://kazuyomugi.cocolog-nifty.com/private/

放送は9:30より。新聞でもチェックしました。録画予約しないといけません。・・・夜じゃないんだ。しかも放送時間の長いこと!出演はその中で8分程度だそうです。

この8分以外は観る気はないので、どの時間に出るのかわかると便利なのに。

 本日の自転車走行距離 32キロ

 今日であったねこ 1

| | コメント (0)

2008年2月15日 (金)

大島行きプランA

 自転車で伊豆は大島へ行こうという計画があります。

竹芝桟橋から船に乗って大島まで。船には自転車を分解しないでそのまま積めるので、持っていく荷物は、すべて自転車に取り付けようと考えています。

前後にニットーのキャリアを付けて、フロントバッグと後ろはサイドバッグ。これだけ付けておけばたいていの旅行には耐えられそうです。

こんな重装備は必要なさそうなのですが、ずいぶん前に買ったものの、なかなかこれだけの装備品を付けて走るいい機会なので、試しにやってみましょうか。

 キャリアとバッグを付けて通勤で試験走行を重ねました。テストはいい感じでした。

先日、多摩川に走りに行った時に初めて長距離を走りました。サイドバッグは片側に一つ。全装備ではなかったのですが、結果は・・・重い。さすがにある種ルーティンワークとなっている通勤とは違います。

本番では、フロントバッグに、サイドバック両側、更に荷物が入ります。考えただけで重そうです。

何を荷物に持っていけばいいのかを実はまだ決めていません。それを検討してから、装備をもう一度考えましょう。

全体的にもう少しコンパクトにした方がよさそうです。装備再検討へ。

 本日の自転車走行距離 32キロ

 今日であったねこ 0

フロントキャリア

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/03210eec.9a73e6cd.045ce858.4a0f6446/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fworldcycle%2fnit-b-m18%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fworldcycle%2fi%2f10018938%2f"

リアキャリア(本当はR-15)

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/03210eec.9a73e6cd.045ce858.4a0f6446/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fworldcycle%2fnit-b-mtcampee-r20%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fworldcycle%2fi%2f10018940%2f"

フロントバッグ

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/039d5195.d8a341a7.039d5196.2b130149/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fe-apt%2fostrich_0016%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fe-apt%2fi%2f10064494%2f"

サイドバッグ

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/039d5195.d8a341a7.039d5196.2b130149/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.aco.jp%2fe-apt%2fostrich_0019%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fe-apt%2fi%2f10064497%2f"

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/039d5195.d8a341a7.039d5196.2b130149/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fe-apt%2fostrich_0095%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fe-apt%2fi%2f10064573%2f"

| | コメント (0)

2008年2月14日 (木)

ぶんげいしゅんじゅう

 勝間和代さんのブログ「私的なことがらを記録しよう!」を見ていたら、今月発売の文藝春秋にも記事を寄せているという事なので買って来ました。http://kazuyomugi.cocolog-nifty.com/private/

 帰宅して、夕刊(朝日新聞)を読んでいたら「本の贈り物」というコーナーにインタビュー記事が出ていました。

「効率が10倍アップする新・知的生産術」をたまたま手にして以来、気に入っています。

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f5149927%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f12604985%2f"

私の中で流行っているだけでなく、勝間さんは世の中でも話題のお方のようです。

 文藝春秋の記事はブログによると、「お金は銀行に預けるな!」にプラスαしたものだそうです。この本も今読んでいます。携帯性がいいので、常にバッグに入れています。この本は、朝、職場でほんの数十分ある空き時間に読むことにしたので、遅々として進みません。なので、文藝春秋と内容がかぶっていてもいいのです。雑誌の方が先に読めてしまうでしょう。

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f5120399%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f12584598%2f"

 大前研一氏発行のメールマガジンが書き上げたすぐ後に配信されました。冒頭から勝間さんの話が出ていました。本当に今注目されている人なんだ。

 ※並行して読んでいる本 

「病気にならない人は知っている」 これを読むと現代という時代に生きているのがやになります・・・。

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f4172987%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f11931551%2f"

「失敗学のすすめ」 梅干を漬けたら、塩梅を間違えたのか、やたらにすっぱい仕上がりになりました。「嗚呼すっぱいは成功の素」などということは書かれていません。

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1785230%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f11363520%2f"

 本日の自転車走行距離 32キロ

 今日であったねこ 1

| | コメント (0)

2008年2月13日 (水)

続見えないアルバム

生まれた時から、正しくはそれ以前からかな「HRL」という集団に入っています。入っているといってもその集団自体に形があってないようなものなので、「HRL」を集団と呼ぶのは正確ではないかもしれません。

そのせいか、誰かに説明しようとするとこれがなかなか厄介。活動の20周年を記念して「見えないアルバム」という本を世に出しましたが、これももう20年前のお話。今は絶版です。http://www.amazon.co.jp/%E8%A6%8B%E3%81%88%E3%81%AA%E3%81%84%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%A0-%E5%8F%A4%E6%B2%A2-%E9%A0%BC%E9%9B%84/dp/491561218X

子供会のちょいと変わったやつ、そう思っていただけたらいいと思います。

 「見えないアルバム」から20年。続編の「続見えないアルバム」を刊行しようという動きがあります。去年の暮れに「寄稿集」としてようやく形にすることができました。http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2007/12/post_ce90.html

 本の出版はまだ先のことになりそうですが、こうして形になったので、人に見せることができます。大きな進展です。

機会があって、これをお世話になった方にの所へ持っていきました。私の職場の先先代の長を務められた方です。前著「見えないアルバム」が世に出た時には、「幼児の教育」という雑誌に書評を書いてくださいました。

寄稿集という段階でも完成したら、一番にお届けしなくてはと思っていましたが、諸般の事情ですっかり遅くなってしまいました。

いろいろとお話を伺っていると、古澤頼雄が「HRL」という活動が始めようとしているという話を小耳にはさんで、関心を持たれていたそうです。私の職場も子どもとかかわる仕事をしています。「HRL」も私の職場も、お互いに出会って何かをしたということはないのですが、子どものことをじっくりと腰を据えて見ていこうとする姿勢はどこかでつながっていたようです。

 短い時間の訪問でしたが、いい話がたくさんできました。ここではうまくまとめての報告にはなりませんでしたけれど。Imgp1427_2

 本日の自転車走行距離 32キロ

 今日であったねこ

| | コメント (0)

2008年2月12日 (火)

多摩川ポタ

Imgp1408 Imgp1409 Imgp1415

 自転車仲間と多摩川サイクリングコースに行って来ました。向丘遊園地駅に集合。時間までに間に合わせなければと、ひたすら走ったこのコースが今日は一番きつかった・・・。まだ始まっていないのに。

多摩川を昇り、調布の飛行場へ行きました。話には聞いていましたが、見たのも来たのも初めてです。飛行場内にある「プロペラカフェ」で昼食です。http://malibu.jp/puropera.htm「何とか風チキン」を頼みましたが、あまり美味しくなかった。けれどサラダがたっぷり入っていたのと、皿が大きいのでお得感があります。

 続いて深大寺へ。ゲゲゲの鬼太郎の専門店がありました。「一反木綿バスタオル」を職場用に買いました。子どもたちの間で流行っているんです。http://www.youkai.co.jp/chaya.html

 野川という川を下りました。私には初めての所でしたが、どこか境川のサイクリングコースを彷彿とさせて懐かしかった。かわせみや、いろいろな野鳥が集まるそうです。

 再び多摩川へ。丸子橋はかつての自転車通勤経路だったので懐かしい。下流へ走り池上本門寺へ。家からの道のりを合わせると104キロにもなってしまいました。久しぶりにまとまった距離も走れたし、知らない所をたくさん見てこられたし、楽しかった。幹事の衛生兵さんありがとうございます。

 ※写真の説明 左から1、「ろうばい」j次太夫堀公園「民家園」にて。平仮名で書かれるとおかしい。2、「当たり前田のクラッカー」おやつにいただきました。3、本門寺で出会った本門寺ねこ。写真を見てもポタの様子は伝わらない?

 本日の自転車走行距離 35キロ

 今日であったねこ 1

| | コメント (0)

2008年2月11日 (月)

荒川自転車イベント

 自転車のイベントというのは何度か申し込んだことはあるのですが、大会そのものが中止になったり、行かれなくなったりと、参加したことはまだありません。

「TOKYOセンチェリーライド2008in荒川」という大会があるそうですhttp://www.100mile.jp/

荒川を80キロほど走るそうです。センチェリー(100マイル・160キロ)じゃなくて、ハーフセンチェリー。場所は私にはおなじみの荒川サイクリングロード。面白そうとおもいきや、コースはいつも走っているところ。参加料5000円、一人で走ればタダです。これは考えてしまいます。

開催地が目と鼻の先というのが魅力なのです。今までに見たイベント会場はたいてい家から遠く、始発電車に乗っていったり、前泊が必要だったりと、何かにつけて腰が重いです。

それが今回すぐ近くでやるイベント。どうしたものかと迷っているのです。申し込まないで後ろからこっそり着いていくか?もちろん邪魔にならないように。

 本日の自転車走行距離 104キロ

 今日であったねこ 12

| | コメント (0)

2008年2月10日 (日)

「気の向くまま、心のままに」好評開催中!編

造形展「気の向くまま、心のままに」好評開催中です。

http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2008/01/post_a624.html

開催期間は2月8日から11日まで。場所は東京、恵比寿三丁目にあるモデルナというマンションの一階にあるギャラリーにて。

http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2008/02/post_06ab.html

二日目の昨日、「千田グループ」の利用者、つまり作品を作った人たちと展覧会を見に行って来ました。レストランで食事をした後、恵比寿三丁目にあるモデルナまで歩いていきました。

雪が降るという予報があったくらいの日でしたから、寒かったこと寒かったこと・・・。Imgp1377 Imgp1378 Imgp1380

 会場では皆、それぞれに自分の、友達の創った作品に見いっていました。このグループの人たちの多くは、あまり自分の作品を前にして「これこれ!私の作った(描いた)やつ!」と主張する人はいません。むしろ「はぁ、これが私のですか・・・」てな感じ。

しかし、自分の作品の前で親に記念写真を撮ってもらっている時に顔は誇らしげでした。明日までやっていますので、ぜひ足を運んでみて下さい。

 本日の自転車走行距離 27キロ

 今日であったねこ 3

| | コメント (0)

2008年2月 9日 (土)

キエテモライマス

 昨日の朝、通勤時のこと。

とある交差点をいつものように「すぃー~」っと曲がろうとしたときに、かっこいい信号待ちをしている自転車に目がとまりました。

オレンジ色のタルタルーガ。あ、ありゃ?

komachiさんです。私の知り合いじゃぁありませんか!http://blog.livedoor.jp/oybored1969/

これから自転車を連れて旅行に行くのだそうです。・・・いいな。

自転車仲間が街を走っていて「ばったり」であったという話は以前から聞いていましたが、私はどうも「ばったり」の中心地からずれているところを走っているらしく、誰とも出会ったことがありませんでした。

ありゃ、本当にこういう偶然というのはあるものですね。しばし共に走り、やがてお互いの進むべき道で分かれました。いい旅でありますように。

 通勤前に知り合いと会うというのはなかなか気分がいいものです。けれど通勤経路と通勤時刻を知られてしまいました。なので目撃者は消します。キエテモライマス。

・・・いや、別に秘密なわけじゃないんですけれど、なんとなく。「目撃者は消せ」と、昔から言うし。

 本日の自転車走行距離 34キロ

 今日であったねこ 0

| | コメント (0)

2008年2月 8日 (金)

しゅうかんだいやもんど

 「週刊ダイヤモンド2/9号」は「年収が20倍に増えた仕事術グーグル化知的生産革命」勝間和代さんの特集です。悪天候で書店によることが出来なかったので、ようやく手に入れられました。

「効率が10倍アップする新・知的生産術」を読んで以来、けっこう影響されています。特に「本を読め」「テレビは見るな」「十分な睡眠をとれ」「酒は飲むな」に共感、実践しています。

とはいうものの全てに傾倒しているわけではありません。「自転車」「健康」「使っているPCが壊れたら修理に出す」など、環境に配慮しただろうと思われる記述がないわけではありませんが、表面切って「環境」は語られていないと思います。

「効率」を重視すると、どうしても環境問題は二の次になりやすいのでしょう。「効率」を語る本を読んでいて「環境へはどう考えてるの?」と、いつも疑問が湧きます。効率アップを重視しながら環境問題に配慮できたら最強かもしれません。

そんなに難しくは無いと思います。私は、鼻風邪を引いた時に、鼻をかむのにちっしゅは使いません。・・・ちっしゅ。

ハンカチを使います。荒って何度も使えるからです。「ティッシュを買いにいく時間」「保管しておくコスト」「ティッシュにかかる費用」を算出して、ハンカチを使うコストと比較したら、恐らくハンカチを使う方が安いと思います。環境への負担も少ないし。・・・たぶん。

 引き続き、「お金は銀行に預けるな」を読んでいます。面白い。知らないことがたくさん書いてあります。まあ、私がいかにものを知らないまま来ているかという証明でもあるのですが。

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f5120399%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f12584598%2f"

並行して 、「効率が・・・」の本文中に紹介されていた「考える技術・書く技術」も読んでいますが・・・こちらはちと難しい・・・。

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/060a51e6.c8eb3553.060a51e7.49e5f05b/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1044067%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f10757403%2f"

 本日の自転車走行距離 32キロ

 今日であったねこ  1

| | コメント (0)

2008年2月 7日 (木)

溶かしてやる!

 日曜の雪が溶け切らないうちにまた雪が降りました。

幸い今回は積もりませんでしたが、通勤時に路面が凍結するのでやな感じです。

案の定、荒川を渡る橋はうっすらと氷、その他、前回危険ポイントとしてチェックしておいた所も律儀に固まっていました。冷える所は冷えるようです。昼間の日照で溶けてなくなりますように。

今週末にもまたもや雪が降るそうです。今度は積もるとか・・・。自転車通勤を考えると困ります。もう、自然に溶けるのを待っているだけではなく、溶かしてやりたいです!塩酸と、硫酸を混ぜて、溶かしてやる!

 本日の自転車走行距離 16キロ

 今日であったねこ 2

| | コメント (0)

2008年2月 6日 (水)

「気の向くまま、心のままに」消極的宣伝編

 私が関わっている「千田グループ」という知的障害者のグループは、中学生から成人に達した人までと様々な年齢の人のいる集団です。

主に、水曜と土曜に彼らの母校だった所を拠点にして活動を展開しています。月に一度、音楽や美術の専科の人に来てもらって、音楽や造形の場を開いて楽しんでいます。

その、美術の活動の時間に作った作品を「気の向くまま、心のままに」というタイトルで展覧会を開きます。

http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2008/01/post_a624.html

開催期間は2月8日から11日まで。場所は東京、恵比寿三丁目にあるモデルナというマンションの一階にあるギャラリーにて。

http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2008/02/post_06ab.html

 その宣伝としては全く消極的な方法ですが、自転車のフロントバッグを付けて、そのマップケース(本来はその名の通り地図を入れる所)に案内の絵葉書を入れて走ることにしました。Imgp1338_3

Imgp1340しかし、案内の葉書は小さな自転車ものです。走行中第三者から見えるものではありません。寄り道をした時に、駐輪している所を見てもらうしかないでしょう。しかし、行きの通勤では何処へも寄らないので、人の目に触れることはありません。

では帰りに。そもそも駐輪自体が人様に邪魔にならないような所にするものなので、これまた人目に触れる確率は低いでしょう。

・・・宣伝効果は低いかぁ。

「2月8日より好評開催です!」

 本日の自転車走行距離

 今日であったねこ

| | コメント (0)

2008年2月 5日 (火)

♪川の流れのようにぃ♪

 雪の降った翌日、つまり昨日ですね。折り畳み自転車MR-4で通勤。滑って転ばないように慎重に。

スポーツタイプの自転車は、停車時につま先がつく程度までサドルを上げておきますが、今回それでは怖いので、高さを下げました。

荒川を渡る橋、その歩道には降り積もった雪が凍って、走れやしません。仕方無く押して歩きます。

車道の方は、雪は融けているようです。時折り、車道を走りぬける自転車の姿もあります。けれど、道の端は凍っているので、私はやめておきます。怖いですから。

長い橋をようやく渡り終えました。

 路肩には雪が残っています。気を付けて車道走行。何度も滑りそうになりましたが、そのたび、MR-4はよく堪えてくれました

 荒川もそうでしたが、川の上を渡る橋のそばにくると、道が凍っています。川は他よりも温度が低いようです。橋の上も雪が残ってる・・・。

 ようやく、都心に出ました。あれ・・・、雪が全然ない。家の近所と都心では雪の降り方が違ったのでしょうか?

別の地方というくらいに雪がありません。気圧か何かのちょっとの加減でこうも天気が違うものですか。面白いものです。

 けれど、やはり川のそばだけは、道が凍っていました。雪の降り積もった後、川には近付かない方がいいみたいです。

 帰りながら、翌朝通ることを想定しながら道を見てきました。「ここは朝凍っていそう」という所は、見事にカチンコチンでした。

なので避けようと思っていた迂回路も今朝通ってみると「カチンコチン」・・・。迂回路まで下見はしてなかったのでした。

 本日の自転車走行距離 32キロ

 今日であったねこ 0

| | コメント (0)

2008年2月 4日 (月)

あぶない、あぶない・・・

 昨日は節分ということで、恵方巻きをいただきました。

太巻きの長い寿司を、今年は南南東に向かって、かぶりついて食べるのだそうです。太巻きは食べやすい長さに切ったりしてはいけない。

具をのぞいたらやはり居ました。きゅうり。

白米を炊いたものとの相性は良くないけれど、酢飯との相性はいいと考える人が多いらしく、寿司ネタとして頻繁に登場します。

それはそれとしていいのですが、単独できゅうりを巻いた「かっぱ巻き」というジャンルがしっかりと確立しているのですから、安易にきゅうりを登場させてほしくないものです。

太巻きだし、長いし、このくらい食べてもどうということはないだろうと、一度は覚悟を決めたものの、試しに「つん」と指できゅうりを押してみました。

「ずるぅ~」出る出る。考えてみれば、恵方巻きは長いです。具もその長さの分だけ入っています。

大きさの対比用として用意したR5-D4と比べてもこの長さです。Imgp1324

うっかり食べたら、口の中きゅうりの味・・・。あぶないあぶない。

 

本日の自転車走行距離 32キロ

 今日であったねこ 4

| | コメント (0)

2008年2月 3日 (日)

「気の向くまま、心のままに」会場視察編

2月8日から11日まで、東京は恵比寿三丁目にあるモデルナというところで開催される造形展「気の向くまま、心のままに」の会場を見に行って来ました。

http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2008/01/post_a624.html

 準備作業は、ほとんど造形の担当の方々が進めていてくれていました。

「グループ千田」という障害をもった人たちの作品を、段ボールや発泡スチロール材など、ありふれた素材をうまく利用して、素敵な装飾を施してくれていました。

そのセンスの良さに脱帽です。あいにくその時、帽子は持っていなかったので、ヘルメットを脱ぎました。

ギャラリーもなかなかいい雰囲気のあるところで、開催が楽しみです。ただ、奥まった所にあるので場所が少しわかりづらいまもしれません。恵比寿三丁目のバス停からすぐにあるサンクスというコンビニの裏を「くにゃくにゃ」っと入っていくとあります。

 本日の自転車走行距離 0キロ

 今日であったねこ 0

Imgp1322 Imgp1259 Imgp1261

| | コメント (0)

2008年2月 2日 (土)

自分に合わないフレームを買うと・・・

 自転車は、ハンドル等、各部品の位置決めが大切ですが、フレームのサイズが自分に合っていないとそもそも話になりません。

 新しい自転車を買ってしまいました。一度は迷って断念したはずだったのですが、断ったつもりが、有効ではありませんでした。

「縁があるんだ・・・」と、思い直して買ってしまいました。

 しかし、やっぱりサイズが合いません。でも見ているだけでもなんだか嬉しいので良しとします。Imgp1320

http://www.cyclestyle.net/miniature2/systemsix.html

 本日の自転車走行距離 46キロ

 今日であったねこ 10

| | コメント (0)

2008年2月 1日 (金)

ちかいのハンドル

 年末年始に肩を痛めて以来、一昨日、初めてカーボンフレームのロードレーサーに乗りました。

乗り始めて間もなく分りました。肩に軽い痛みを感じます。痛めたその原因はカーボンロードです。

その前に、クロモリ鋼フレームのロードレーサーに乗った時は何ともありませんでした。折りたたみ自転車MR-4も同じ。

では、カーボンだけ他と何が違う?

サドルにまたがって、ハンドルを握ると、ブレーキレバーまでの距離が遠いような気がします。

帰宅して、ステムというハンドルを取り付ける部品から、サドルの先端までの長さを測ってみました。

 MR-4 約48.5センチ

 クロモリロード 約50センチ

 カーボンロード 約52センチ

三台の自転車は、そもそもフレームの大きさがそれぞれ違うので、ステムからサドルまでの距離を同じにすれば解決するというわけではありませんが、三台とも同じサドルを使っているので、こんな時は便利です。<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/03210eec.9a73e6cd.045ce858.4a0f6446/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fworldcycle%2ftig-b-sdl116%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fworldcycle%2fi%2f10015249%2f"

 いい目安にはなります。カーボンロードのハンドルとサドルの距離はほかの二台と比べても長いことが分かりました。

2センチつめて、50センチにしました。これで走って見て様子を見ましょう。またがってみると、ハンドルが近くなっていい感じです。

翌日、通勤に使いました。

おお・・・ハンドルが近い!いい感じです。

肩の痛みの原因は、ハンドルとサドルの距離だったようです。

ポジション変更はおそらくこれで正解ではないでしょう。ブレーキレバーの位置とか、ハンドルの向きとか、微調整が必要なはずです。

 教訓 自転車を数種類持っていたことが、意外なところで役に立ちました。・・・もっと増やす口実だな。

 本日の自転車走行距離 36キロ

 今日であったねこ 0

| | コメント (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »