« ハロウィンあずきパンダちゃん | トップページ | ぶーぶーじゃな~い »

2007年10月31日 (水)

自転車安全走行への模索

 通勤途中に工事現場がありました。

30メートルほどの橋の上で、片側交通規制をしていました。

警備員が、光る赤い棒を降って斬りかかって・・・は来ません。交通整理です。

自転車で通りかかった私は、工事用の信号が青だったにもかかわらず、まんまと歩道に誘導されてしまいました。

「う~ん」と疑問を感じつつも、歩道走行をしました。疑問を感じたというのは、自転車は本来、車道を走る乗り物だからです。

なので正しく、交通整理をするのなら、そのまま車道を直進させるべきだと思うのです。しかし、件の橋は、片側一車線、長さ30メートルほどの小さな橋です。片側を封鎖していたら車が一台通るだけで隙間はありません。だから自転車は歩道を通した方が効率的で安全という配慮なのでしょう。

その歩道は「自転車通行可」の表示が無い歩道でした。「う~ん」やっぱり疑問を感じながら通過しました。

自転車を歩道に上げれば安全なのか?車とぶつかって被害者となる危険は低くなるでしょう。けれど、今度は自転車の方が歩行者に対して加害者となる危険は「ぽん!」と一桁上がります。「その辺りをどうお考えですか?」と警備員さんと議論してもねぇ・・・。交通の流れが止ってしまうし。

 車道を走ればそこは危険があるし、歩道を走ればまた新たな危険が待っています。・・・待ってくれなくて良いのですが・・・。

何処を走れば安全なのか?いろいろ考えて、ある一つの結論に達しました。それは、家の中で、布団(毛布が望ましい)を頭からすっぽりかぶって、その中で自分が自転車で走っている姿を強く強くイメージします。

ボクシングの練習でそこにいない敵をイメージして戦う「シャドウボクシング」の自転車版。「シャドウ走行」です!これなら事故には絶対に会いません。しかも「シャドウ」を走るので合法的です。

究極の安全走行・・・。

 本日の自転車走行距離

 今日であったねこ 1

|

« ハロウィンあずきパンダちゃん | トップページ | ぶーぶーじゃな~い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハロウィンあずきパンダちゃん | トップページ | ぶーぶーじゃな~い »