« 澤村蟹太郎 | トップページ | 鶴見川~ »

2007年10月20日 (土)

なんじゃいこりゃあ!

 職場でのこと。座っていると、後ろから子どもが近づいてきて「ぷちゅ」っとする音とともに、冷たいものが背中、肩の辺りにかかりました。

「ぷちゅ」っという音から推察して、スポイトのようなもので水をかけられたらしいです。振り返ると、ニコニコした子どもの手には、赤~い絵の具のチューブが・・・・

「が~ん」

それがかかった肩の辺りに手をやってみると、水とは違うねっとりとした手触りです。手に平を見ると真っ赤っか!

「なんじぃこりゃあ!」

濡れたタオルで拭いておきました。Tシャツにもかかっていますが、仕事用のものなので汚れたって破けたって構わないように使っています。そのうち乾くでしょう。

この手のいたずらは私も覚えがあります。その人の関心が引きたかったり、本人は無意識でしょうけれど、「こんなことをしても大人は自分の存在を認めてくれるのか」と大人を試したりしているのだと思います。

さて、逃げた絵具少年、嫌と言うほどくすぐってあげました。

 帰宅して着替えると、通勤用の服の背がほんのり赤くなっていました。

「が~ん」

昼間の絵具は拭き切れていなかったのです。自転車をこいだ時の汗で、乾いていた絵具が復活して、服を赤く染めたのでした。

背中が血だらけに見えたかもしれません。幸い、背にはリュック。途中からレインウェアも着込んだし誰にも不審に思われなかったことでしょう。

ま、洗えば落ちるか。

 本日の自転車走行距離 32キロ

 今日であったねこ 5

|

« 澤村蟹太郎 | トップページ | 鶴見川~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 澤村蟹太郎 | トップページ | 鶴見川~ »