« 亀は意外と速く歩く | トップページ | 空前のかえるブーム »

2007年9月17日 (月)

軍曹の遺産

 先月、房総半島に行った時に隊員のひとりに、新品のタイヤを買ったもののはまらないという方がいました。

「それなら現地、集合場所でやってあげます」などと簡単に言いました。

ところがこれがはまらない。タイヤはリムに収まりますが、空気を入れるとタイヤは円を描かずにゆがんだ形で膨らみます。原因不明のお手上げでした。

その後、自転車屋によって見てもらうと、原因は実に簡単なことでした。空気圧が全然足りなかったのでした。十分な空気を入れてもらってタイヤは正常に膨らんで、戦線復帰。

空気圧って大切なんだ。

昨日、「ふっ」と思いついて自分の自転車、そのタイヤの適正空気圧はどのくらいなのかを見てみました。タイヤのサイドに書かれています。

「690kpa~860kpaまでにしてね」とありました。

「へ?」

私は普段550kpaまでくらいしか入れていませんでした。実はそれまで適正空気圧は見たことがありませんでした。それくらい入れればタイヤはパンパンになります。

「それ以上入れろってこと?だいいち入るの?」

空気入れのメーターを見ると500kpa代は「MTB」と表示があります。「ロードレーサー」は600~1000kpa!この空気入れを買って随分経ちますが、こんな区分がされていたとは今の今まで気が付きませんでした。

恐る恐る、550kpa入ったタイヤに(正確には空気はチューブの方に入ります)更に空気を注入。・・・入る、入る。700kpaまでにしておきました。タイヤが更にパンパンになりました。

これで適正空気圧か・・・。走行抵抗が減っているので、550kpaの時より楽に走れているはずなのですが、走行感は特に大きな変化を感じることはありませんでした。

帰宅して、MR-4の空気圧も見てみました。これも「適正」よりも少なく入っていました。

私は自己流が好きですが、時には限界があるようです。房総5(房総に自転車で出かけたときの名称)は、ひと月もたって思わぬところで勉強になりました。軍曹、隊長ありがとう。

 本日の自転車走行距離  51キロ

 今日であったねこ 1

|

« 亀は意外と速く歩く | トップページ | 空前のかえるブーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 亀は意外と速く歩く | トップページ | 空前のかえるブーム »