« プリンターのインクがご機嫌なわけ | トップページ | ごきぶりたいそう »

2007年7月22日 (日)

どんと来い輪行

 自転車を分解、袋詰にして電車等の乗り物で運ぶ事を輪行といいます。

輪行の際に自転車のフレームに傷がつかない為のフレームカバーを買いました。これまでそんなものは必要ないと思っていました。そもそも使っていたのが15年選手(先ごろ引退)のMTB。

MTBといえば傷は勲章みたいなもの。私の場合、極太のアルミフレームに傷はたいして気になりません。

MR-4-Fも全身真っ黒のせいか、傷は気になりません。

antは専用輪行袋があるし、その特殊な形状はフレームカバーの介在を許しません。

クロモリロードレーサーは、鉄製ということもって、少々の事では傷はつかないでしょうという感じで、フレームカバーの必要性を感じなかったのでした。

しかし・・・カーボン製のロードレーサーを手に入れてちょいとだけその考えを改めました。カーボンは、傷つけると何かとやばそうです。しかも傷つきやすい。

そのために購入しました、フレームカバー。これで輪行も安心です。

まあ・・・輪行そのものが好きじゃないんですけどね。分解したとはいえそれなりの大きさの自転車を持ったまま電車に乗るのは、かなりのストレスです。自分ひとりで電車に乗り込むのも好きじゃないのに。

 本日の自転車走行距離 9キロ

 今日であったねこ 1

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/039d5195.d8a341a7.039d5196.2b130149/?pc=http%3a%2f%2fwww.rakuten.co.jp%2fe-apt%2f788941%2f797667%2f796166%2f%23783761&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fe-apt%2fi%2f783761%2f"

|

« プリンターのインクがご機嫌なわけ | トップページ | ごきぶりたいそう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プリンターのインクがご機嫌なわけ | トップページ | ごきぶりたいそう »