« 北風政策 | トップページ | 歳をとるということ »

2006年12月12日 (火)

今日も明日もありがとう

 先日の休み、ほとんど家にいました。またどこからともなくあの声が聞こえてきました。

「どーもありがとー」

この声に気がついたのは夏のことでした。そういえば最近聞かないなぁと思っていましたが、その方は季節にかかわらず感謝の生活をなさっていました。http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/cat5457280/index.html

 何を言っているのか分かって聞いているので「ありがとー」とちゃんと聞こえるということもあるのでしょうが、それを差し引いてもきちんと「ありがとー」と聞こえるのです。

何が違うのでしょう?夏場の茂った木々の葉が今ではすっかり落ちています。その為声が通りやすくなったのでしょうか?

 その声のするあたりに古い家がありました。今そこを取り壊しにかかっています。広い敷地を持たれていたようでそこも手放すようで、その土地で自由に育った木々を伐採にかかっています。季節の移り変わりを感じられた光景なので、それらの木がなくなるのはとても残念なのです。

「ありがとー」の声が届きやすくなったのは、このせいもあるみたいです。

ひとつの大きな時代が終わったようです。

 本日の自転車走行距離 0キロ

 今日であったねこ 1

|

« 北風政策 | トップページ | 歳をとるということ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北風政策 | トップページ | 歳をとるということ »