« 起きてたのに寝坊 | トップページ | 話せば長い 本二冊分 »

2006年12月15日 (金)

21世紀への道

 天候、仕事の都合等で電車通勤の毎日。

エスカレーターにぴょんと乗り込んでホームまで降りていきます。そのエスカレーターがうるさい。エスカレーター自身は別にものを言うわけでもなく、作動音も比較的静かなのですが、『エスカレーターの使い方』をお知らせするアナウンスがどうにもうるさいのです。

「雨の日はすべる」だとか「手すりにつかまれ」「黄色い線の内側に入れ(外側がないので無意味)」だとか、まあ細かなことまで丁寧にご注意下さる。

 そんなに危ない乗り物だとは思っていませんでした。時は21世紀だし、エスカレーターの使い方など誰もが知っていると思っていました。でもこの手の放送が必要なことを考えると、まだまだそうではないようです。

 江ノ島に行ったときに『江ノ島エスカー』というものがありました。「えすかー?」行ってみるとごく普通の『エスカレーター』でした。江ノ島の頂上へ行くにはこれを使うと楽だそうです。なるほどなるほど。上りだけ。下りはありません。なので『エスカー』なのか?『エスカレーター』とは上り下りをするという意味なのでしょうか?知りませんでした。ちなみにこの『江ノ島エスカー』に乗るには100円だか200円だか入場料を支払います。

 本日の自転車走行距離 0キロ

 今日であったねこ 1

|

« 起きてたのに寝坊 | トップページ | 話せば長い 本二冊分 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 起きてたのに寝坊 | トップページ | 話せば長い 本二冊分 »