« かえるの時代 | トップページ | 大艦隊 »

2006年11月20日 (月)

Waterむしむしの標本

 私は自分がねこ年の生まれということもあって、雨が大嫌いです。

今朝は激しく降っていたので自転車は置いて来ました。予報によると午後はやんで晴れ間も見えるそうです。そういうのが一番悔しい。仕方がありません。割り切るように割り切れるように・・・。

 激しい降りだったので、服装も完全装備。ゴアテックスのレインウェアに、撥水性の良いズボン。そこで靴をどうするか困りました。雨用の靴がありません。長靴を履きました。黒くてゴムみたいな素材で出来たあの長靴です。

 底がやわらかくてぶにゃぶにゃと歩きにくいのですが、雨水が浸入する心配はありません。さすがのロングセラー商品です。しかし、汗等で内部に水分がこもりがちなので、長期間着用すると『Waterむしむし』が発生するので要注意です。

 それで思い出しました。何年か前、私はWaterむしむしの捕獲方法を考案しました。

 時期 水曜日の晩 午前2時

 用意するもの Waterむしむし感染者、さとう水、スポイト、Waterむしむしを入れる器

 方法  Waterむしむし感染者の患部近くにさとう水を垂らします。さとう水に浮かれてWaterむしむしが出てきたところをスポイトで「ちゅっ」と吸い込んで捕獲。容器に移して作戦終了です。

 こんな方法で捕れるのか?この話を真に受けた私の友人がお父上の足に巣食うWaterむしむしを見事捕獲に成功しました。標本にして持ってきてくれました。2006_11200001 南方熊楠もびっくりのグリコの箱入り標本です。今も職場の机に大切に保管しています。

本日の自転車走行距離 0キロ

今日であったねこ 1

          

|

« かえるの時代 | トップページ | 大艦隊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« かえるの時代 | トップページ | 大艦隊 »