« はらぺこいもむし | トップページ | かえる先生かえる »

2006年6月23日 (金)

かえる先生

 生き物にとても関心があって大好きな子どもがいます。どう関わっていいかがよくわからず、小さな生き物を捕まえては手荒な扱いをして死なせてしまいました。

 亀なら甲羅もあるし、逃げることもできます。生きているものとかかわりを持つきっかけとして良さそうです。しかし、こちらの意に反して亀先生、恐くなると甲羅に入ったまま出てこなくなります。そうなると遊び相手としては面白くありません。結局『小さき勇者たち~ガメラ~』の公開を待つことなく、亀先生は回転しながら宙を舞ったそうです。

 何か、「手応え」があって『自分とは違う生きているもの』の存在を感じさせられる生き物はいないかと考えました。そこで白羽の矢が立ったのが『かえる先生』でした。適度な大きさがあるし、嫌なことがあれば『ビョコ』っと逃げることができそうです。

白羽の矢が立ったかえる先生こそいい面の皮です。

 かえる先生、その子の前に登場しました。はじめは恐々接していましたが、すぐに慣れて手で掴めるようになりました。亀先生を宙に回せた一年前とは、全然違う対応でした。生きているものを扱うという手つきでした。本人も確実に成長しています。先生を木に登らせてあげようとか、行き過ぎたサービス等ありますが、『出目金』を普通の金魚にしてしまったような対応は、そこにはありませんでした。

 「出目金を・・・?」ご想像にお任せいたします。

 かえる先生の人気はすごいもので、たちまちファンに取り囲まれました。ファンの中には扱いがまだまだ未熟な方もいて、かえる先生もひやひやされたことでしょう。

 本日の自転車走行距離 20キロ

 今日であったねこ 13

 

|

« はらぺこいもむし | トップページ | かえる先生かえる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かえる先生:

« はらぺこいもむし | トップページ | かえる先生かえる »