« ご学友 | トップページ | 逆走車 »

2006年5月24日 (水)

三つ子のねこ

昨日は学習院の講座『楽しむための自転車学大全』の第一回目でした。私は講義に三つ子のねこの置物を持ち込んでしまいました。インターネットを通じて知り合った方もその講座を受講するという話を聞いたので、目印代わりに机に並べたのが件の三つ子のねこ達です。「目印は胸に赤いバラ」でなくて私は「三つ子のねこ」です。

 私の新しい友人は、すぐに三つ子のねこを見つけてくれました。お互い初顔合わせです。「い、い、インターネットで知り合った方って、ほ、ほ、ほんとに居るんだ・・・」何もどもることはないのですが、何しろこういう出会いは初めてのことです。恥ずかしいやら、感激やらです。

 三つ子のねこは、私が作った陶器のねこです。箸置きみたいなものです。随分前に作ったもので、久しぶりに日の目を見ました。このねこにはモデルがいます。5年程前に、住んでいたアパートに出入りしていたねこ達です。もともと彼らの母ねこが遊びに来ていました。そのうち身ごもって、三つ子の彼らが誕生しました。母には『ぶち』と名付けていたので彼らには『ちびぶち1号、2号、3号」と命名しました。3つともオスなので、長じてくるにしたがって『縄張り意識』や『独立心』などの関係で最後には1号だけが残りました。そのアパートには8年いたので彼らとはその後長い付き合いとなりました。

 三つ子のねこの置物を持ち出したのを機会に彼らの写真を集めたアルバムを久しぶりに眺めました。Dvc00004_2

白いねこが母の『ぶち』その他が三つ子です。

本日の自転車走行距離 17キロ

今日であったねこ 6

 

|

« ご学友 | トップページ | 逆走車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138703/10220005

この記事へのトラックバック一覧です: 三つ子のねこ:

« ご学友 | トップページ | 逆走車 »