« 三週間 | トップページ | 先人の偉大なる知恵 »

2006年4月 6日 (木)

不吉の幸福の始まりよ

朝、自転車で行こうとすると何と前輪がパンクしていました。とりあえずチューブ交換です。タイヤを調べると、砂利よりも小さくなったガラスの破片がタイヤを貫通していました。修理時間約15分で復元しました。通勤時間には「余裕」と呼ばれるもの以上の時間を見ているので、15分のロスくらいなんということはないのですが、朝からパンクとはやはり気持ちはめげます。

 しかしこう思いましょう。もし今朝いつの通りの時間に出ていたら、とんでもない事故に巻き込まれていた。ほんの15分ずらしただけでそれは知らずに回避できた。お陰で私も、同じく事故にあった人もこうして無事でいられます。神様のご配慮に感謝です。あーめん、南無阿弥陀仏、南妙法蓮華・・・

 昨日は、トレンクルの後輪のスポークが折れました。スポークというのは、車軸から放射状に伸びている針金みたいな、傘の骨のよう部品。絶妙なテンションで調整されているので、あれが緩んだり折れたりすると自転車は走れなくなるのです。自転車屋さんに修理を依頼してきました。

 故障が続くと不吉な感じがしますが、よく考えてみると楽しく走れる日の方が圧倒的に多いです。普段、当たり前のように感じていた『安全』について考えるいい機会をもらったと思いましょう。

 本日の自転車走行距離 35キロ

 今日であったねこ 3

|

« 三週間 | トップページ | 先人の偉大なる知恵 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138703/9455169

この記事へのトラックバック一覧です: 不吉の幸福の始まりよ:

« 三週間 | トップページ | 先人の偉大なる知恵 »