« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月30日 (日)

ぼうさいりゅっく

 過日職場で避難訓練をしました。避難用のリュックを背負おうとすると「べりっ!」リュックの背負い紐が切れてしまいました。背負えないリュック程使いにくいものはありません。これを機会に職場の防災リュックを新しくしようという話になりました。インターネットで検索したり、ディスカウントショップを見に行ったりして背負いやすくて、ある程度の容量のあるものを物色中です。普通のリュックなら安くていいものは沢山あるのですが、防災用となるとなかなか良いものがありません。「いいな」と思うと『防災リュックセット』となっていて、中身も入っています。中身は間に合っているんですけど・・・。普通のリュックじゃ無い方が良いのでしょうね。銀色だし、目立つし、『非常』と書いてあるし、水や熱にも強いそうだし。

 翻って家の防災用品を考えてみました。先日水は買いました。太陽発電のライト付ラジオ、アウトドアナイフなどなど、防災用品として転用できるものは結構そろっています。しかし・・・どれも一箇所にはありません。そこらじゅうに散らばっています。「いざという時」持ち出せません。我が家も防災リュックが必要・・・だよね。

 本日の自転車走行距離 81キロ

 今日であったねこ 4

<a href="http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02ad71c7.f00b021e/?url=http://www.rakuten.co.jp/bousaikan/386465/386397/#646227" target="_blank"><img src="http://image.rakuten.co.jp/wshop/data/ws-mall-img/bousaikan/img128/img10061427077.jpeg" border=0 alt="ビッグナップ非常持出袋"></a>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月29日 (土)

トレンクルの弱点

 2リットル入りのミネラルウォーターが6本セットで大安売り。1本当り78円!買いに行くとそうそうに売り切れでした。また入るというので2箱注文しました。入荷の知らせがあったので、トレンクルで取りに行きました。カートに載せれば自転車で引っ張ってこられます。トレンクルなら小型だしカートをひきやすいでしょう。

 水を買ってカートに固定しました。さて走り出そう。・・・重い、重すぎます。よく考えてみると2リットルの水6本セットが2ケースです。その総重量は24キロ!私の持っているどの自転車よりも重いじゃないですか!14インチの小径車トレンクルには過酷な任務でした。結局、右手でカートを、左手でトレンクルを曳きながら帰りました。自転車で来た意味がありませんでした・・・。

 2ケースも買ったので、暫く水の心配はありません。非常用水としても使える事でしょう。防災用品ではないので保存期間は短いですが。

保存期間の長い水はこちら。

 職場の防災リュック、装備の定期点検をしました。乾電池の寿命が切れていました。去年の今ごろ買ったばかりなのに・・・。電池の寿命は僅か1年?100円ショップ品の限界か?500mlの飲料水の賞味期限が迫っていました。5年も持つのが売りという流石のスーパー保存水も、5年の寿命には勝てなかったようです。新しい水を早急に手に入れて交換しなければなりません。500mlを24本、2リットルを12本運ぶ重さよりははるかに軽いので助かります。でも運ぶのはエライので通販でお願いしました。

 本日の自転車走行距離 1キロ

 今日であったねこ 3

<a href="http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02ad71c7.f00b021e/?url=http://item.rakuten.co.jp/bousaikan/402004/" target="_blank"><img src="http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/bousaikan/cabinet/402004.jpg?_ex=128x128" border=0 alt="賞味期限5年!スーパー保存水500ml×24本入【0427アップ祭9】"></a>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月28日 (金)

頭は金入れ、身体は火星人・・・

20060425_013 引越しして荷物の整理をしていたら怪獣の人形たちがたくさん出てきました。すべて『カネゴン』です。その昔、妹との間でカネゴンがブームになって集めたものです。箱一杯のカネゴンが発掘されました。「あんた達まだいたの?」という感じです。これだけいると捨てるのも可愛そうなので、姪に欲しいだけ持たせて、あとは某教育機関に『教材』として寄付しました。

 本日の自転車走行距離 72キロ

 今日であったねこ 2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月27日 (木)

手作り自転車

Dvc00040_1 一年前に某所で作りました。手作り自転車です。ホィールは14インチくらいだったでしょうか。もう現物はありません。写真も撮っていなかったかと思っていました。PCの中にしっかり保存されていました。

 テーマは『自立』 自転車は人が乗っていないと立つことすら出来ません。人がそこに関わることで初めて立つて、走ることが出来ます。うまく使うと自分の世界観を飛躍的に広げてくれます。これを見る人がそんなメッセージを伝えられるかどうかは・・・正直不安ですが、「自分の人生は自分しだい。ここに君の世界を広げる道具(自転車)を置いておくから、使ってみな」という思いをここに込めて作ってみました。

 折りしも私生活で自分もロードレーサーという自転車を工房に作ってもらっている最中でした。紙製とはいえ『自転車」です。作りながら「フレームを作るのって大変なんだ」と疑似体験まですることが出来ました。

任期一年、この自転車はもうないのですね。「ひこーき」http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2006/04/post.htmlと交代です。

 本日の自転車走行距離 18キロ

 今日であったねこ 4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月26日 (水)

その確率は・・・

過日、職場からの帰宅中、自転車で走っていて人生初の交通事故にあいました!お陰さまで、幸い双方に損傷は無く、お互いの権利を主張するむなしい話し合い時間を費やすことのみに専念できました。

 皆様の前ですが、事故は出会わないに限ります。

 ことが終えてじわじわ考えていたら、この出会いはもの凄い確立だったのだなと思えてきました。どこから考えるのかは諸説あると思いますが、とりあえず職場を出たところからにしてみましょう。職場を出て、いつもの道を通って、信号待ちをして、寄り道をして、その日は色々ありました。そのタイミング、どれをひとつを外してもその日の事故は起きませんでした。事故を起こした方とは正直もう出会いたくはありません。しかし単純にこの出会いを考えたらこれはもの凄い確率です!

 この偶然を何かに生かせないだろうか?そう考えました。結果、『宝くじ』を買いました。10枚ばら。当ったら大金持ちです!!

 本日の自転車走行距離 23キロ

 今日であったねこ 10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月25日 (火)

長靴

 雨の日はトレンクルでの輪行通勤です。上下はレインウェアを着込んでいます。靴をどうするかは問題でした。長靴を採用しました。

 あの長靴です。黒くて、ゴムだかビニールで出来ていて、何の飾りっけも色気もない、どこの靴屋でも売っているあの長靴です。雨の日にこれを履くと足が濡れないので使い勝手はかなり良いです。

 しかし・・・靴底がぶにゃっとした感じの柔らかさで、はっきりいって自転車走行には向きません。自転車のペダルを踏む時は靴底は硬い方が力が逃げなくて効率がいいのです。でも、使うのは雨の日です。ゆっくりしか走れないのはかえって安全対策になるかもしれません。「駅まで」「職場まで」の限られた時間だし。

 駅についてホームまで歩きます。「ありゃ・・・」、歩くのにも不便な靴でした。靴底の柔らかさはここでも影響します。『素足の下にスポンジのようなものが一枚あるだけ』という感覚です。

 でもさすがのベストセラー。雨水で濡れた床で足を取られることはありませんでした。これは軽いとはいえない自転車を運んでいる時にはありがたい機能です。

 本日の自転車走行距離 9キロ

 今日であったねこ 3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月24日 (月)

船長それは非論理的です

Fh000016 船型の砂場です。砂場が船です。船首の部分が映っていないので分りにくいかもしれませんが、船です。甲板を後方にスライドさせると砂場が出てきます。まだ桜が咲いている頃、スライドさせた甲板にオレンジねこが乗船していました。前日は雨だったので甲板を閉め忘れた砂は濡れています。ねこ船長、砂場はトイレには使わないで下さいね。

 本日の自転車走行距離 70キロ

 今日であったねこ 5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月23日 (日)

さかもとさいくる

 小学生の頃、自転車を買ってもらった友達が「バッグをおまけしてもらった」と話していました。自転車屋のサービスだそうです。近所の自転車屋で買ったそうです。私の自転車はスーパーの安売りで買ってもらった、今のホームセンターで売っている廉価版の走りのような『非メーカー品』でした。当然おまけはありません。自転車屋さんのおまけは未体験なままです。

 折り畳み自転車『トレンクル』に純正の「泥除け」と「スタンド」を付けています。トレンクルは楽天の通販で買ったのでおまけではありません。支払いはトレンクルを買った時に発生したポイントだけで済んだので「おまけ」みたいな感じです。

 トレンクルに泥除けをつけたのは正解でした。軽さが売りのトレンクルに追加装備をするのは迷いました。しかし雨の日に走ってみるとその効果は素晴らしい。雨水のはねを全く気にせずに走ることが出来ます。

 一方でスタンドは、「あると便利。でもなくてもいい」という感じです。基本的にトレンクルを駐輪して離れる事はありません。だからスタンドを使う場面は極端に限られています。それでも使わない事はないのであれば便利です。でもトレンクルのタイヤは14インチと小さいので、装着したスタンドが特に左折する時に地面に擦ることがあります。停車させなければ使う事がない、でも無いと使いたい時に困るという存在価値が微妙な不思議な装備です。

 本日の自転車走行距離 0キロ

 今日であったねこ 5

<a href="http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/029adf74.b3860820/?url=http://www.rakuten.co.jp/nextr/432996/434959/436463/436485/#371545" target="_blank">トレンクル用 ドロヨケセット</a>

<a href="http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/029adf74.b3860820/?url=http://www.rakuten.co.jp/nextr/432996/434959/436463/436484/#371544" target="_blank">トレンクル用 1本スタンド</a>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月22日 (土)

デジタルねこ

 私はねこ好きです。時にはねこの方から声をかけられることもあります。でも全てのねこに好かれているわけではありません。

 家にねこがいます。十数年前、私が家を出て別に居を構えた時期に私とは入れ違いのような形でやってきました。だからこのねことの交流はほとんどありません。そのせいか、家のねこは私のことを「あんた誰?いつまでいるの?」という目で見ます。男の人が恐いようです。妹の旦那さんも避けられています。

 ねこに用があったので言葉をかけました。振り向きもせず、目を閉じて、左の耳だけこちらを向けてくれました。

 そんなねこに荷物が届きました。中身はねこ用の缶詰でした。誰も頼んでいないのに届きました。なぜ??夜中にパソコンを開いてインターネットでねこが注文?よくキーボードがうまく操作できたね。あれは人間用にできています。ねこに聞いても分りません。美味しそうに缶詰を食べています。

後日談 ねこの缶詰は懸賞で当ったことが分りました。世界初デジタルねこの登場はまだ先の話。

 本日の自転車走行距離 30キロ

 今日であったねこ 8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月21日 (金)

ひこーき

20060418_002 「ひこうき」

製作時間 3時間

材料 ありあわせの色画用紙

          大きさ でかい!

          任期 1年

 随分前に読んだ本の中にアメリア・エアハートという人の話が出てきました。アメリカの女性パイロットの草分けで伝説的な人物だそうです。その時読んだ本のイメージがこのデザインの元ネタとなっています。「ジブリ?」「紅の豚?」といわれますが・・・なるほどそうも見えます。でも違います。

 1937年にアメリア・エアハートはフライト中に行方不明になったそうです。機体も見つかっていないそうです。諜報活動もしていて日本軍に撃ち落されたとか、宇宙人にさらわれたとか様々な憶測を呼んでいるそうです。

 400年後、地球から約7万光年離れたデルタ宇宙域(銀河系を便宜上4つに分けた一つの区分)のある惑星で連邦宇宙艦『ボイジャー』に発見されます。でもこれはまだ先の話。

 今年は「飛びます」

 本日の自転車走行距離 70キロ

 今日であったねこ 2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月20日 (木)

ねこ人間への道

 物語の本などを読み聞かせてもらうことに関心がなかった知りあいの子どもが、図書館で見つけた本をきっかけに「お話」に関心を持ち始めたという事を聞きました。

 そのお母様からきっかけとなった本を見せていただきました。

 『寿限無』斉藤 孝・文 工藤ノリコ・絵 ほるぷ出版http://nifty.bk1.co.jp/product/2481328?PartnerID=nifcc44462075021dcf0

 一目で気に入りました!買いました。この本何が良いって、どのページにもねこが登場します!しかも筋とは全く関わりません!そこがすごく気に入りました。

 もし子どもに将来『ねこ好き』になって欲しいとか『ねこ人間』になって欲しいという希望を持っておられる方でしたら、この本は最適です!

 本日の自転車走行距離 18キロ

 今日であったねこ 4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月19日 (水)

お金儲けの秘訣

 「ブログのアフィリエイトでお小遣いを上手に稼ぐ本」傍島恵子著 メディア・テック出版という本を読みました。アフィリエイトという言葉の意味も分からないまま買ってしまいました。ブックオフのタイムサービスで安かったからです。

  本を読んだだけでアフィリエイトというのを理解したわけではありません。お勧め商品を宣伝して、それが売れたら報酬があるそうです。面白そうなので始めてみる事にしました。『楽天広場』から。初心者にお勧めと本にもありました。但し楽天はポイントをくれるだけです。お金はくれません。お買い物の時に役に立つそうです。まあ、いいでしょう。

 問題は何から始めるかです。どんなものをお勧めするか???折しも折り畳み自転車『トレンクル7500』は、楽天で買いました。これなら買ったお店のこともわかるし、商品は毎日のように使っています。そうだ、自転車ものにしましょう!

 「ブログのアフィリエイトでお小遣いを上手に稼ぐ本」という本自体も大変面白く、わかりやすい本でした。本文の中に登場する『アフィリエイトの成功者達』のお話も面白かったです。この本をお勧めしようとしたら・・・楽天広場にはないようです。

 ココログで紹介する方法を発見しました。この本にちゃんと書いてありました。

 本日の自転車走行距離 17キロ

 今日であったねこ 6

<a href="http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/029adf74.b3860820/?url=http://www.rakuten.co.jp/nextr/432996/434959/434961/#368601" target="_blank"><img src="http://image.rakuten.co.jp/wshop/data/ws-mall-img/nextr/img128/img104420764.jpeg" border=0 alt="超軽量折りたたみ自転車 Panasonic トレンクル7500"></a>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月18日 (火)

あんこを食べている時

 ご飯を食べながら、好きなおかずをいつまでも口の中でもてあそんでいる子どもの話を聞きました。すぐには食べてしまわないで長い時には30分くらい口の中でその感触を楽しんでいるようです。食べるということは、楽しく、美味しくいただくとか、栄養摂取という以外にも意味があります。もし食事が単に栄養ガ摂取できればいいのなら、「うんこを食べている時あんこの話はするな!」など、外部からの情報で味覚が変化することなどありません。

 「外世界のものを自分の中に取り入れる」という意味もあると思います。子どもの場合、そこで経験することの意味は大きいと思います。その子はどういう気持ちで好きな食べ物をいつまでも口の中に留めておくのかは判りません。聞いても、口の中が一杯なので『もごもご』と何を仰っているのか・・・。私も中学高校の頃、朝食のおかずのたくあんやら梅干の種やらを口の中に入れたまま家を出ていたことを思い出しました。その時は、単に味を楽しみたいという気持ちだったと思います。しかし今こうしてその頃のことを思い起こし、考えると、口の中に入れていたたくあんや梅干の種は『家庭の象徴』で、自分は学校には行きたくなかったのではないか。口の中で梅干の種やらをくちゃくちゃしゃぶっていること、そしてそれらはいずれは吐き出すか、食べてしまわなければなりません。口の中からなくしてしまう時が、自分の中で『学校に行こう=家を出よう』という気持ちに切り替える時間だったのではないか?その当時は勿論そんなことを意識することすら出来ませんでした。そう思うと、子どもは日々体験する様々なことから人生にとって大切な経験をしているんだなと思います。

 きっと、口の中で好きなおかずをもてあそぶこの人の行為にも何らかの意味があることでしょう。でもひと言だけ伝えたい。口の中に物を入れている時は『思い出し笑い』はいないこと!!

 本日の自転車走行距離 21キロ

 今日であったねこ 3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月17日 (月)

タイヤ交換

 1週間ぶりの『全行程自転車通勤』です。ロードレーサーがパンクしたのでタイヤを交換しました。走行中に小さなガラス片を拾ったようです。後輪がパンクしました。翌朝、乗ろうとすると前輪の空気が抜けていました。調べてみるとこちらもガラス片が刺さっていました。同じ場所で拾ったようです。前後でパンクの時間差があるのはおそらく前輪の方が、加重が少ないので『じわじわ』とタイヤの中にめり込んでいったのだと思います。それまでタイヤはパナレーサーの『ツーキニスト』というのを使っていました。対パンク仕様のいいタイヤです。でもお値段がちと高い。それで、別の安いタイヤを使っていました。

『ツーキニスト』を使っている間はパンクは一度もありませんでした。パンク対策を施しているので重いのが欠点ですが、去年の秋に川原のサイクリングコースを走っている時、道の真ん中でカマキリに鎌を突きつけられたことがあります。ツーキニストは対パンク仕様なのでカマキリ先生の挑戦もちっとも恐くありませんでした。

 ただ、2度ほどチューブが破裂したことがあります。それはツーキニストを組み込む時に、タイヤとリムの間にチューブをかみ込んだまま空気を入れてしまいました。タイヤの脇からチューブの一部が風船のように膨らみました「しまった!」と思ったつぎの瞬間「ぱん!」という音とともに破裂しました。そんな失敗を2度。しかも一日のうちにしたことがあります。これはタイヤの性能以前のお話です。おかげさまで走行中のパンクは一度もないまま磨り減ったので交換しました。

 そんな経験からもう一度『ツーキニスト』を選びました。ただこのタイヤ折りたたむことができないので、買いにいく時は難儀します。27インチの大きな輪っかを襷がけにして自転車を走らせることになります。折り畳めると持ち運びに楽なのですが。

 本日の自転車走行距離 70キロ

 今日であったねこ 4

<a href="http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/029ca77c.0f0608db/?url=http://www.rakuten.co.jp/trycycle/442795/477654/478458/502657/#449603" target="_blank"><img src="http://image.rakuten.co.jp/wshop/data/ws-mall-img/trycycle/img64/img1020514140.jpeg" border=0 alt="パナレーサーツーキニストタイヤ700×28C、700×35C"></a>

| | コメント (0)

2006年4月16日 (日)

土が教えてくれる

 野菜の苗を買いました。ピーマン、トマト、プチトマト、キャベツ、ナス。庭の花壇に植えました。土を耕します。肥料らしいものはなかったので、コンポストを開けて中身をみます。コンポストの中身は主に草取りをした雑草です。本当は生ごみなどを入れたいのですが、家族が嫌がるので中身は雑草。勇気を持ってかき回してみました。下のほうはすっかり分解されて土になっていました。かき回すと色々なむしむしがいました。台所に出没する衛生害虫『GB』(仮名)がうじゃうじゃいました。素手でふん捕まえて潰しました。台所で出会うより動きがのんびりしていたのが意外でした。あ・・・今日は寒いからか。素手で潰して汚くはないのか?手など土をいじっているうちに綺麗になってしまいます。始め土を素手でいじる事に抵抗がありました。でも思い切って触ってみると土は色々な事を教えてくれます。コンポストの下の方は分解されて土になっていたのは、頭では理解していましたが、目の当たりにして本当に驚きました。ムカデもいました。生物層のバランスは結構取れているようです。GB虫は嫌いですが、有機ごみの分解者として働いてくれていたようです。苗床にコンポスト土をかけて作業終了です。アライ先生、食べないでね。http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/cat4800189/index.html

 午後、雨が上がったたのでMR-4で出かけました。子ねこがいました。自転車を止めて子ねこを見ました。誰かに見られているように気がしました。そこに建っている家の窓からねこが2つ私のことを見ていました。窓は閉まっていたので声は聞こえませんでしたが、深窓のねこ達は2人ともなにやら私に話し掛けていました。金魚屋に行きました。クチボソと金魚、水草を買いました。衣装ケースが余ったので水を張って『池』にしました。アライ先生、食べないでね。

 本日の自転車走行距離 6キロ

 今日であったねこ 9 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月15日 (土)

たいようぞく

 電車の中で手巻き充電式ラジオを回している人がいました。ライトがついていたり、携帯の充電したりする防災グッズの類でしょう。あの存在は前から気になっていました。

 先日『太陽族』という太陽電池で携帯に充電する機械を買いました。私の部屋はとにかく陽光が良く入ります。この環境を利用しないのはもったいない!というので『太陽族』を購入しました。手巻き式よりも日向に転がしておけばいい太陽発電の方が私の好みです。携帯に『太陽族』を繋げて日向に転がしておけば良いのかと思っていました。そうではなく、『太陽族』内蔵の充電池に太陽光で充電した後に携帯と接続して充電するのです。真夏の炎天下に携帯を充電と称して放置しておくのはどうかと思っていましたがこれで心配は解消です。

 自転車用ライトにも太陽光発電を使っています。しかしどれも防水性能が低いのが欠点です。アウトドアとか防災で使うので極限状態での使用が想定されるのにこれはどうにかならないものでしょうか?基本的に「お天気」の時に使うものですから防水機能は要らないというのかもしれません。でも突然の夕立に降られたり、池に落っことすなどちょっちと考えただけでもいろいろあります。

 2日ほど前から携帯の純正の充電器が行方不明になっています。そのうちどこからか出てくるとは思います。それまでは太陽発電です。

 本日の自転車走行距離 24キロ

 今日であったねこ 6

<a href="http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/029ae19d.324ee6e3/?url=http://www.rakuten.co.jp/be-kan/503159/487471/#625423" target="_blank">太陽族</a>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月14日 (金)

それは偶然ではない

 友人からメールがありました。以前関わっていた子供が行方不明になったそうです。この春から通うことになった教育機関(学校のことだな)から連絡を受けて、心当たりを片っ端から探し回ったそうです。「もしや」と思うところに行ってみると無事に出会えたそうです。友人は寿命の縮まる思いだったとメールで話してくれました。

 いくつかの幸運な偶然が重なって出会えたのだと思います。それに加えて、これまでつきあって来た時間の積み重ね、日頃の様子をよく見ていたことなどがあったからこそ友人はその子供の居る所へ行かれたのだと思います。

 友人は、その日するはずだった仕事ができなくなって家に持ち帰り『宿題』になったとこぼしていました。まあ、無事に出会えたのですから『宿題』なんて安いものです。・・・なんていうことは何ごともなかった今だから言えることです。

 お疲れ様。

 本日の自転車走行距離 18キロ

 今日であったねこ 3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月13日 (木)

なれると美味しい・・・

 今週は天候不順なので通勤自転車はトレンクルです。6キロほどある駅までの道のりを、目一杯走って20分です。最高速度を維持してトレンクルで走る続けるのはきついです。帰りはのんびりと走ります。行きは通らない『横浜ブルース商店街』(仮名)などを走ったりします。遠回りになります。家について所要時間を見ると25分です。ゆっくり寄り道までして5分程度しか違いません。それからは、朝もゆっくり走ることにしました。駅まで25分朝の、帰りのお楽しみです。

 トレンクルはの乗車姿勢は歩いている時の目線に近いです。車体も小さいので小回りが効きます。町に寄席のポスターなどが張ってあるとそのまま見に行けます。「柳家権太楼独演会・・・ご、権太楼?あ・・・終わってる」など情報収集にも充分使えます。ただし、小さくて軽いので盗難防止上、買い物などの寄り道はしない方がよさそうです。

 本日の自転車走行距離 18キロ

 今日であったねこ 4

<a href="http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/029adf74.b3860820/?url=http://www.rakuten.co.jp/nextr/432996/434959/434961/#368601" target="_blank">超軽量折りたたみ自転車 Panasonic トレンクル7500</a>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月12日 (水)

ちいんけうどんこ

 かつて土地の子供に「どんぐり山」と呼ばれたところがあります。今は地主の神社が経営している幼稚園の子供たちの専用の遊び場となっているので、幼稚園児でないと入れません。私は幼稚園に通っていないので入れません。彼らは「どんぐり山」はなんと呼んでいるのでしょう。

 そのどんぐり山の切り立った斜面に寄りかかるように建っているマンションがあります。これが建設途中とも見える廃墟とも見える不思議な建物なのです。壁が剥がれていたり、ガラスが割れているのは当たり前、壁そのものが途中から「ふっ」っと切れていて、外からそのままマンションの中には入れるんです。山からの木々が枝をたれている所にあるし、神社のものなのか、小さな墓地まであるので不思議さに加えて不気味さも。仮面ライダーか何かの悪役のアジトのような感じです。

 そのマンション、無人なのかといえばちゃんと人が住んでいました。私の小学校時代の友人の家もそこにありました。何度か遊びに行ったことがあります。それでその不思議な光景を目の当たりにした感触を昨日のことの様に覚えています。

 そのマンションがいよいよ解体されるようです。驚いた事に私が友人の家を訪れていた頃と同じ姿でマンションはそこに建っていました。歳をとらないのでしょうか?

 件の友人は5年生の時に転校してしまい、それっきり会えません。何かの機会にそのマンションの前を通ると彼のことを思い出します。それももうお仕舞いかもしれません。ひとつの時代が終わってしまう感じなのでした。今日のタイトルは、懐かしい友人の名前をばらしたものにしてみました。

 本日の自転車走行距離 12キロ

 今日であったねこ 4

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月11日 (火)

ご家庭でできる手軽なファーストコンタクト

ショッキングな話を聞きました。多摩川べりは『UFO』多発地帯だそうです。私の職場にも目撃者がいました。かの地にUFOが多く出没することは、土地の人の常識だそうです。この話の流れから、上司も以前にUFOを見たことがあることを話してくれました。夜空に停泊して赤や緑のライトを点滅させていたそうです。この方は私と違って与太話などされない方なので、本物のUFOかどうかはわかりませんが、未確認飛行物体を目撃されたことは本当でしょう。しかも多摩川べりで見た人も同じようだったと話していました。

地球は狙われているのでしょうか?四角い宇宙船でないことを祈ります。

http://www.generalworks.com/databank/movie/name/ship/bship.html

 本日の自転車走行距離 18キロ

 今日であったねこ 5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月10日 (月)

sakura sukidesuka?

 「今年の桜は力がない」私の周りでよく交わされる言葉です。確かに今年の桜の花はいつもと比べて白っぽい気がします。冬が寒かったからでしょうか?

 私が小学校を卒業した時に両親が桜の苗木を用意してくれました。「どこに植える?」と聞かれて、小学校を無事卒業できたという親の思いに当時の私は気持ちを向けることが出来ませんでした。「どこでもいいよ」と答え、半ばやっつけ仕事的にいい加減なところに植えました。日の当たらない隅っこです。あれから随分の年月が流れましたが。そんな所で育ったので桜の木はいまだ私の背を超えていません。その後の私の人生が鳴かず飛ばずなのは、先を見ないで場当たり的に過ごしてきたせいかしらと、桜の木を見るたびに思ったりしたこともありました。

 私の桜は日当たり不良、栄養不良なので世間の桜よりも遅く咲きます。昨日ようやく咲き始めました。色がいいんです。ほんのりピンク色、力がないと感じられる世間の桜とはちがう『いつもの桜』の色です。

 「やるね」私の桜。私もこれからです!

 本日の自転車走行距離 18キロ

 今日であったねこ 4

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 9日 (日)

トレンクル復活

故障していたトレンクルの後輪が直ったので取りに行きました。お願いしたのは『サイクル エコ』というお店。店構えは小さいですが、腕は確かなところです。 http://www016.upp.so-net.ne.jp/cycle-ec/スポークが折れてしまいました。小径車はスポークが1つやられると他への負担も大きくなるのそうです。結局スポークとニップルという部品は総取替えとなりました。

 後輪のないトレンクルを運びました。来客中でした。組み立ては自分ですることにしました。お客さんが帰ったので、作業を手伝ってくれました。後輪を固定する留め金のようなものは「チェーン引き」というらしい事が分りました。後輪が脱落しないようにするストッパーだと思っていたら、チェーンの張り具合を調整する部品らしい・・・。らしいというのは確認しなかったので「チェーン引き」と呼んでいたのでそこからの想像想像。

 ついでに防犯登録をお願いしました。手続きをしている時にまた別のお客さんが来ました。『スポルティーフ』という種類の自転車を探しているそうです。エコさんの「『ランドナー』は?」という提案にそれにも興味を惹かれていました。「荷物を載せられて走れる自転車」が欲しいみたいです。私のトレンクルでの輪行通勤の話にも関心を持ってもらえました。私は店を後にしましたが、お客さんどんな自転車を選ぶことになったのでしょう。

 復活したトレンクルは本来の走りを取り戻しました。

 本日の自転車走行距離 12キロ

 今日であったねこ 9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 8日 (土)

マグネットねこ

 職場整備の作業中に、雑多な荷物の中からビニール袋の入ったねこの絵がたくさん出てきました。イラスト集本か何かから切り抜いたような絵で、裏にマグネットシートがはってあります。ホワイトボードなどに張れるようになっています。そんなマグネットねこが11。その袋にはねこしか入っていませんでした。いつ、誰が、何の目的で用意したものなのか全く不明です。

 久しぶりに日の目を見たマグネットねこ。ホワイトボードに並べて張りました。ボード、ねこだらけです。いい感じです。でも何故かねこしか入っていなかったということを誰も信じてくれません。他の動物も一緒に入っていて、私がねこだけ寄り集めたと思っています。確かにやりそうなことです。でも、本当にねこしか入っていなかったのです!来るべき『ねこ時代』を予感させます。

 本日の自転車走行距離 0キロ

 今日であったねこ 7

 発掘されたマグネットねこ 11

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月 7日 (金)

先人の偉大なる知恵

 「もしあなたが探しているものが引き出しなら、残念ながらここにはありません。『発想の引き出し』を増やしたいのなら他の方法を考えましょう」私の上司がこんなことが書かれた紙片を持ってきました。

 毎年この時期私の職場は、新年度に向けて様々な作業をします。引越し屋さん、ペンキ屋さん、大工さん、芸術家など等、様々な役を自分たちがこなしていかなくてはなりません。前述の紙片は2004年、この時期の日付が入れられていました。筆跡を検める必要もなく、書き残したのは私です。

 一昨年前の作業の中で、どういう経緯か忘れてしまいましたが、命を受けて私が「引き出し」を本体と引き出しに分けて倉庫にしまいました。その時、「来るべき未来」に向けてメモを残していたようです。肝心のメモには、「引き出しの在り処」は記されていませんでした。しかし、そのメモを見た上司は、「ここにはない」ということを即座に理解して、無事に引き出しを探し当てたそうです。「書いておいてくれたお陰で助かった」と大喜びでした。・・・確かに書いた覚えはあるのですが、なぜ本体と引き出しを分けてしまうことになったか等の経緯が思い出せません。日々続く作業の中、半ばやっつけ仕事的にしてしまっていたようです。喜んでくださった上司には申し訳ないのです。

 記録は残しておくものです。出来れば記憶とともに。

 本日の自転車走行距離 35キロ

 今日であったねこ 9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 6日 (木)

不吉の幸福の始まりよ

朝、自転車で行こうとすると何と前輪がパンクしていました。とりあえずチューブ交換です。タイヤを調べると、砂利よりも小さくなったガラスの破片がタイヤを貫通していました。修理時間約15分で復元しました。通勤時間には「余裕」と呼ばれるもの以上の時間を見ているので、15分のロスくらいなんということはないのですが、朝からパンクとはやはり気持ちはめげます。

 しかしこう思いましょう。もし今朝いつの通りの時間に出ていたら、とんでもない事故に巻き込まれていた。ほんの15分ずらしただけでそれは知らずに回避できた。お陰で私も、同じく事故にあった人もこうして無事でいられます。神様のご配慮に感謝です。あーめん、南無阿弥陀仏、南妙法蓮華・・・

 昨日は、トレンクルの後輪のスポークが折れました。スポークというのは、車軸から放射状に伸びている針金みたいな、傘の骨のよう部品。絶妙なテンションで調整されているので、あれが緩んだり折れたりすると自転車は走れなくなるのです。自転車屋さんに修理を依頼してきました。

 故障が続くと不吉な感じがしますが、よく考えてみると楽しく走れる日の方が圧倒的に多いです。普段、当たり前のように感じていた『安全』について考えるいい機会をもらったと思いましょう。

 本日の自転車走行距離 35キロ

 今日であったねこ 3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 5日 (水)

三週間

 「アイディアマラソン」というのがあるらしい。1日何か一つでもアイディアが浮かんだら、それをノートに書き残しておく、それを友人など人に話す、そんなことを続ける。三週間続ける事が出来れば、自分の中でかなりの自信、実力になるそうです。

 先日「三週間続ければ人生が変わる」という本を読みました。示唆と発見に富んだいい本でした。タイトルにも表れていますが、そこでのキーワードも『三週間』です。三週間というのは何か意味のある時間のようです。

 という訳で、『アイディアノート』を昨夜から実行しました。三週間続けてみましょう!・・・言っちゃった。

 本日の自転車走行距離 10.5キロ

 今日であったねこ 3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 4日 (火)

ご家庭でできる手軽な宇宙戦争

 今朝起きて、お弁当、朝食の支度などをしていました。玄関先で『がさっ」という音がします。そこには今朝出す為のゴミが置いてあります。それが飛ばないように洗面器を重石にしていますが、それも投げ出されたような音がしました。

 「なに?」

 音は更に『がさごそ・・・』と探るようなものへと変りました。始めは風の仕業かと思いましたが、そうではなさそうです。何となく人為的な音がします。私の家のある近辺は、地勢学上『たまたま来てしまった人』というのが来にくい場所です。「犬の散歩」等、何らかの目的がない人はあまり通りません。つまり不便なところなのです。時間は朝の5時過ぎ、『悪戯』目的かもしれません。

 さて、相手は何者であるにしても放って置く訳にはいきません。朝からあまり良い気持ちはしませんが、様子を見に行きます。

「赤色警報」「フェーザー砲発射準備、仰角ゼロで全方向へ、私の合図で撃て!」

「アイリスを閉鎖しろ!」

「ジオンの進入を許したのか?!」

何でもいいんです。とにかく謎の物音、その正体と対峙しなくてはなりません。

 「今日は死ぬにはいい日だ」

この楽しい日々がいつまでも続いていて欲しい。そう願うのでありますが、『現実』という名の壁が厚く前に立ちはだかるのでした。ああ・・・哀れねこじまんさんの運命やいかに?!

 この続きはまた来週のお楽しみ・・・・・。

 本日の自転車走行距離 21キロ

 今日であったねこ 5

 ・・・だめです。肝心の私自身が来週まで黙ってなどいられません。

 思い切って玄関の扉を開けるとそこにいたのは、中型犬程もある大きさの『アライグマ』!!こんもり丸めた背中をこちらに向けて、ゴミ袋を物色していました。私とは30センチも離れていない距離でした。何でアライグマ?!家の前でアライグマと出会うとは思いませんでした。飼われていたのが逃げたのか、捨てられたのかしたのでしょう。

「なんだこいつ!!」いきなり後から現れた人と言葉に驚いたのは今度はアライさん。ゴミ袋を諦めてそそくさと逃げていきました。逃げながら件のアライ先生、こちらを一瞥してひと言。

 「文句あるか?」

 だめだこりゃ・・・次ぎ行ってみよう。

 今日であったアライグマ 1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 3日 (月)

じぞうのあかはちまき

 お地蔵様をお祭りしている家があります。その家が建つ前からお地蔵さんはいらしたのか、その家の方が信心からお祭りすることを始めたのかお地蔵さんは、道行く人々をずいぶん長い間、見守り続けています。

 そのお地蔵さんへのお供えにコカコーラが添えられています。中身が入っているかまでは分りません。500mlの缶コーラです。大きすぎます。それが花と一緒に添えられています。花瓶の代わりではなさそうです。毎日あります。同じ物がずっと置かれているのか、定期的に交換されているのかは分りません。別に良いんです。コーラをお供えしようと、中身はサイダーだろうと。

 私が知りたいのは、「お地蔵様はコーラがお好き」かということが何故分ったのかということです!それともコーラはお地蔵さんへのお供え物ではなく、何かの合図なのかもしれません。「地蔵にコーラのお供えは隠密同心集合の合図である・・・」とか。

 本日の自転車走行距離 70キロ

 今日であったねこ 3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 2日 (日)

自分史以前の旅は押入れに限る

私の部屋は、私がいなかった間に物置と化していました。今日は押入れの整理をしました。中のものを出すと、よくもこの狭い中にこんなに入っていたかというほどいろいろなものが出てきます。ダンボールの箱。空けてみると・・・ガ~ン、中身は空なんていうことも。

 いるものといらないものの区別がつかないので母に立ち会ってもらいました。古いアルバムが出てきました。母のものだそうです。あああ・・・思い出にふけってしまうと時間がかかるんですが・・・。でも気持ちは分ります。え、母の子供の頃?私が生まれるその気配すらなかった頃の写真の数々でした。見てもちっとも懐かしくありません。当たり前です。知らない地、知らない時代です。私の部屋の押入れ。こんな近くに歴史がありました。

 風呂敷に包まれていたアルバム群。新しい風呂敷に換えて、再び押入れの奥に仕舞われたのでした。

 本日の自転車走行距離 0キロ

 今日であったねこ 1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 1日 (土)

毎日が土曜日

 自転車通勤経路で「ここまでどのくらいかかった?」と、最初に確認するのは6キロほど走った横浜駅の辺りです。今日は20分かかっていました。普段は15分で走れています。

 5分も余計にかかっている。今日は調子が悪い?違います。土曜だからです。しかも多くの学生は春休みの今、普段の土曜日よりもなんとなく時間がゆったり流れているような気がしました。それで私の走り方も「戦闘的」にはならなかったのでした。

 それで20分かかったのですねぇ。道路事情に関して、毎日が土曜日ならいいのですが。

 本日の自転車走行距離 70キロ

 今日であったねこ 10

| | コメント (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »