« 男の小道具 | トップページ | 一生喰うに困らない! »

2006年3月24日 (金)

旅は追い風

 一昨日は午後から雨、昨日は午後から晴れと予報どおりの天気でした。自転車を職場に一晩置いて、翌日乗って帰えりました。予定通りの行動が出来て満足。

 『東京田園地帯』で何気なく時計を見ました。そこから『びちまるこ橋』を渡って、『横浜温泉街道』を走ります。『横浜温泉地区』という所に着いた時にも時計を見ました。なんと十数分。『東京田園地帯』と『横浜温泉地区』の距離だけ切り出して計ったことはありませんが、「ホント?」というくらい速い気がします。途中で「コルナゴ」というメーカーの自転車に抜かれたので迫撃したのが効いたのでしょうか?そのお陰で信号にもほとんどかかりませんでした。『横浜温泉地区』で信号で止まりました。どう考えても速すぎます。辺りを見回して、その答えがわかりました。

 草や、商店のノボリが私の進行方向へと棚引いています。追い風だったのです。追い風に押されていたから楽に速く走れたのでした。

 コルナゴ氏との勝負はどうなったのか?氏は途中で道を曲がってしまいました。「見逃してやらぁ」

本日の自転車走行距離 18キロ

 今日であったねこ 2

|

« 男の小道具 | トップページ | 一生喰うに困らない! »

コメント

強い追い風の中を、風と同じ速さで走ると、幻想的な感覚に浸れますよ。この前偶然体験しました。
その他の条件としては、人口音のしないところ。もちろんウォークマン禁止です。

投稿: komachi | 2006年3月25日 (土) 00:04

向かい風はすぐにそれと分るのですが、追い風はなかなか実感できてないなぁというのが追い風に対する印象です。幻想的な感覚・・・どんなのだろう?体験するのが楽しみです。

投稿: ねこじまん | 2006年3月25日 (土) 08:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 男の小道具 | トップページ | 一生喰うに困らない! »