« 艦長の椅子ともおさらばだ | トップページ | 日本史の旅はみかんに限る »

2006年3月 2日 (木)

みかんに聞いてもわからない

 みかんの木を庭に植えている家を良く見かけます。なんという種類ものかは判りません。黄色い夏みかんという感じの実がなります。この時期出切るので夏みかんではなさそうです。木いっぱいに実がなるので栽培も簡単なのでしょう。でもその実を収穫しているという家は少ないようです。それどころか折角なった実は地面に落ちたままになっています。私はそれを見ると回収して茂みの中へ落としてやります。アスファルトの上で踏み潰されるより、土に返ってくれないかなと思うからです。

 昨日も一つ見つけました。ところで、どうして木の持ち主たちはこの実を食べないのでしょうか?美味しくないのでしょうか?これは一つ試してみたくなりました。持ち帰りました。「THE 恐怖の人定実験」です。夕食の後、剥いて食べました。別に皮が硬いということはなく簡単に向けました。味は・・・「美味しい!」と言うほどではありませんが、悪くないです。種もなくて食べやすかったです。しかも無農薬(多分)。何でほったらかしにされるのでしょう?その木があることが当たり前になっている日常の中に埋もれてしまっているのかもしれません。

 本日の自転車走行距離 0キロ

 今日であったねこ 2

|

« 艦長の椅子ともおさらばだ | トップページ | 日本史の旅はみかんに限る »

コメント

私の実家・・世田谷にも2本もあります(´з`)=3
何故食べないか・・ただ単にほっておいても毎年実がなるし観賞用には
大きな実がたわわになっていると楽しいですし面白いですものね。
それに食べておいしくないですし今はすぐどこでも甘い蜜柑が手にはいるのでわざわざマズイのを・・と思う方多いのでは・・。

私の母は皮を乾燥させてポプリにしたり搾ってアルコールと混ぜてローションとして手や足につけたりしていましたね。
皮を砂糖漬けにして食べさせられた記憶もあるけど・・

投稿: のんの | 2006年3月 2日 (木) 11:23

夏みかんは、夏までずーと実をつけている期間があるから夏みかんなのだそうです。だから冬に実を付けていても夏みかんだとききました。ほんとかなあ。

投稿: ohryo1 | 2006年3月 2日 (木) 17:50

のんのさん。 あれはやはり美味しくないのですね・・・。人体実験での感じは、結構好きでした。
ohryo1さん。 冬に付けた実が、夏まであるんんですかい?土とすると最強のみかんですね!

投稿: ねこじまん | 2006年3月 2日 (木) 18:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138703/8904361

この記事へのトラックバック一覧です: みかんに聞いてもわからない:

« 艦長の椅子ともおさらばだ | トップページ | 日本史の旅はみかんに限る »