« 日本史の旅はみかんに限る | トップページ | 生け捕り »

2006年3月 4日 (土)

うつぼ

 同僚からうつぼを食べ切れないほどいただきました。田舎から送ってきたそうです。「うつぼ」とはあの海に住む蛇のような魚です。何年か前にも頂いたことがあって、その時私はうつぼを絶賛したのだそうです。・・・そうだっけ??薄れゆく記憶の糸を辿っても、うつぼの味は思い出せません・・・。ただ「うつぼが食べられる?!」ということにとにかく驚いて勇んで、貰ったことだけは思い出しました。この冬私は火鉢を手に入れたので「炭火で焼くとうまい」ということです。帰宅して早速焼いてみました。

「うまい!」 たくさん頂いたので、しばらく「炭火焼のうつぼ」が頂けます。軒先にご飯を食べに来るねこのお皿にもおすそ分け。雨戸を閉める頃にはもうありませんでした。美味しかったんだ。

 うつぼと一緒にシイタケもいただきました。これがとにかくでかい!どのくらい大きいかというと、雨の日に傘として使えそうなほどです!そしてこれまたうまい!

 本日の自転車走行距離 75キロ

 今日であったねこ 16

|

« 日本史の旅はみかんに限る | トップページ | 生け捕り »

コメント

うつぼ、って食べられるんですね。はじめて知りました。
どんなお味でしょうか?白身ですか。
by しいたけ大好き人間

投稿: fujie | 2006年3月 7日 (火) 01:07

うつぼは白身です。鰻の様な栄養があるそうです。味はほのかに脂っぽい感じです。火を良く通さないとぶよぶよして噛み切れません。生焼けをもらった軒先ねこは、平気で食べています。

投稿: ねこじまん | 2006年3月 7日 (火) 07:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138703/8933608

この記事へのトラックバック一覧です: うつぼ:

« 日本史の旅はみかんに限る | トップページ | 生け捕り »