« はたらくおじさん | トップページ | 高速自転車講座 »

2005年11月17日 (木)

はたらくねこ

DVC00041  朝に夕に職場へ出入りするねこ『オレンジねこ』の姿を見たい!というリクエストがありました。私はカメラの類を所持しておらず、撮影は難しいのですが、リクエストに応えるべく各員一層奮励努力します。

 今まで携帯電話のカメラで、気になった風景などを撮影していましたが、遂に壊れてしまいました。壊れたのはカメラだけで、電話としての機能は全く問題ないので機種変更するべきかが迷いどころです。そんなことを考えている所に、auが防水の携帯を発売しました。これはかなり惹かれました。別に雨の中、電話をする用などあるわけではありません。しかし自転車で行動していると気になるのはお天気です。ふいの雨などで慌てることはしばしばです。そんな時、携帯に防水機能が備わっていたら故障の心配がありません。そう思って、機種並びに契約会社変更を検討しました。防水携帯のパンフレットなどを持ち帰って検討します。料金形態も検討します。結構良さそうです。この際思い切って変えてみますか!・・・・そう思って何気なく携帯のカメラスイッチを押します。それまでは、フリーズ状態で全く使えなかったのに、一転して普通に使えます。「あれ、直った?」カメラが使えるのなら機種変更等は必要ありません。計画は中止です。そう思った翌日、カメラのスイッチを押すと・・・使えない。やはり壊れています。再び変更計画浮上です。おかしなことに、変更計画を決意するとカメラ機能は復活します。ある種の危機感を抱かせるといいようです。でも直に使えなくはなりますが。妙に人間臭いこの携帯、もう暫く使うことにしました。

 実現は不可能といわれた『働くねこ』の撮影に成功しました。写真はこのカメラが問題なく使えた5月の頃です。学習院の講座で知り合った自転車仲間と房総半島にサイクリングに行ったときのことです。千葉最南端にある野島崎灯台に行きました。灯台見学の受付に立っていたのはなんとねこです!本当に受付にいるのです!受付には他におばさんもいます。ねこに直接見学料150円を支払いました。私から見ればねことおばさんは同等の立場でしたから、選ぶならねこでした。しかしねこは金銭を受け取ることはありませんでした。おばさんの方は自分に払ってもらいたかったようで不服そうでした。

灯台からの眺めは雄大の一言。最南端なのでも視界を遮るものはありません。「地球は丸い」と感じました。灯台の周りにはねこがたくさん住み着いています。驚いたのはこの「受付ねこ」が台から外に「ぴょん」と飛び降りると、間髪をいれず中から別のねこが飛び乗って受付台に立ちます。この仕事、完全交代制です。ねこは全部で4ついました。おばさんに聞くと、親戚、いとこ、親などまだまだたくさんいるということでした。

ねこは働きます。犬のように犯罪者の車を追いかけたり、電話をかけたり、倒れた人の所に駆けつけて励ますなどということはしません。でも働きます。ある事情で、定時に出勤、退出という夢のようなことをしたことが10日間ほどありました。途中に通る公園の横では道路工事をしていました。朝礼なのでしょうか、働くおじさん達が整列しています。よく見るとその最後尾になんとねこが加わっていました。この光景はたまたまではありません。毎朝見られました。夕方5時、退出してそこを通ると、工事は終わったのかおじさん達はいませんでした。しかし件の「道路工事ねこ」はそこにいました。公園で暮らしているのでしょう。声をかけました。

「働いたの?」

「にゃぁ」

ほんにんに直接聞いたのですから間違いありません。ねこは働きます。

 本日の自転車走行距離 50キロ

 家を出てから帰るまでに見たねこ  0

|

« はたらくおじさん | トップページ | 高速自転車講座 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138703/7157733

この記事へのトラックバック一覧です: はたらくねこ:

« はたらくおじさん | トップページ | 高速自転車講座 »