« 一杯やっか | トップページ | 歩道橋 »

2005年11月30日 (水)

ゆーぶれーき

 町でママチャリを見かけました。別に珍しくもない光景です。私の目にとまった理由はブレーキです。大抵のママチャリは前後でブレーキの種類が違います。前はブレーキシュートいうゴムパットで車輪(リム)を両側からはさむことでスピードを調整します。後は『ドラムブレーキ』というシロモノで・・・仕組みはよくわかりません。よく利きますが、後輪の軸と密接な関係にあるため、後輪の修理をする際にとても邪魔です。だから私はあのドラムブレーキというのが大嫌いです。今日見かけた自転車は、ブレーキが前後で同じ種類。ブレーキシューを使用したものでした。これは整備しやすいだろうなと見とれてしまいました。更に目を凝らすと、後輪のブレーキシューが『Vブレーキ』という種類のシューを使っていました。「ママチャリのブレーキにはママチャリ用」と思い込んでいた私には意外でした。「こんなのもありなんだ・・・」感心すると同時に、職場のママチャリにも転用できるかもしれないと、禁断のママチャリ改造計画がふと胸をよぎります。
 私のMTBも前と後でブレーキの種類が違います。前は『カンチブレーキ』、後は『Uブーキ』という種類です。両方ともブレーキシューでリムを挟み込む、『真剣白刃取り』をイメージしていただくと・・・かえってわかり難くなるかも知れません。私のMTBは旧式なので部品も古いです。カンチブレーキは新型のVブレーキに取って代わられて下火になったとは言うもののまだ新車に採用されています。後のUブレーキというのがトンと見なくなりました。Vブレーキが登場するまでは、MTBのブレーキとしては最もよく利くと言われていたそうす。私が出入りしていた自転車屋のお兄さんなどカンチブレーキしか着かない自転車をわざわざ改造してUブレーキをつけていたくらいですから。
 そんなに利くのにどうして普及しなかったのか。MTBは野山を走ります。私は走りません。オフロード用のゴツゴツした太いタイヤで瓦礫だろうが、泥道だろうがどんどん走っていきます。私はオンロード用のつるつるした細いタイヤで砂利道ならいきますが、水たまりは避けて走ります。泥道を走っていると、タイヤのブロックパターンに泥がつきます。それがブレーキとタイヤの間に溜まるんですね。Uと言っていますが、実際には『∩』こういう感じでタイヤに被さっています。ここに泥が溜まるとタイヤが回らなくなるので走行不可能になります。走行を止めるのはブレーキの最大の仕事ですが、走れなくなるのでは役に立ちません。これがUブレーキが衰退した原因ではないかと思います。カンチブレーキだとブレーキ本体が左右に独立しているので、タイヤとの間に異物がたまることはありません。やがて進化してVブレーキが誕生しました。私のロードレーサーにもついています。もともとMTB用に開発された物なのであまりロードレーサーには使われないのですが、やってみたかったのです。ところでこのVブレーキ、どこから見ても『V』には見えないのです。『|‐|』 こんな形。左右の縦線がブレーキ、ハイフンがリムだと思ってください。正面から見るとこ んな感じ。ブレーキをかけても『\‐/』な形にはなりません。『|‐|』のままです。Vというより『H』です。でも『Hブレーキ』じゃ商品として売れなかったでしょう。それに止まれそうもありません。『Hブレーキ』なんかじゃ。
 13年前、MTBを買ったばかりのある日のことです。通勤に使っていました。ある細い路地を走行中、前から犬の散歩をしている人に出会いました。道を空けるつもりで端によりました。季節はちょうど今頃だったと思います。枯葉が積もっていました。ま、MTBです。枯葉の山など気にしない気にしない。そのまま調子よく走っていきました。暫くすると後輪が動かなくなりました。「なぜ???」停止して調べました。後輪とUブレーキの間に枯葉が溜まっていました。「げ」です。でも良く見ると枯葉は只のおまけに過ぎませんでした。自転車を走行不可能にした本当の理由は別なものでした。なんと犬のくそ!・・・すみません。下品な言葉を使ってしまいました。訂正します。犬のうんこです!!どうしたらよいのか判らないくらい絶望的になりました。とりあえず枯葉などで溜まったくそったれの・・・じゃない、このうんこたれの『うんの字』を取り去って走行可能な状態にしました。しかし・・・新車だっ
たこともあってスーパーショック!暗〜い気持ちになりました。この後どうやって始末しようか??そればかり考え、世界中の犬とその飼主を呪いながら職場に急ぎました。結局、洗い場でホースから水をじゃんじゃんかけて洗い流しました。それ以来、今日まで枯葉が溜まっている所は走りません。そしてはたと気がつきました。『Uブレーキ』のUはその形状からのネーミングではありません。『うんこのU』です。Uブレーキが衰退した本当のわけもこれでわかりました。
 私のMTBはGTというメーカーの製品です。GTは、いろいろとこだわりを持った自転車を世に出していました。後輪にUブレーキを採用していたのもそのこだわりだったと思います。しかし、翌年のモデルからUブレーキ搭載機は姿を消しました。それを知ったのは私の『Uブレーキ事件』から数日後のことでした。
 
 本日の自転車走行距離 27キロ

 家を出てから帰るまでに見たねこ 11

|

« 一杯やっか | トップページ | 歩道橋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一杯やっか | トップページ | 歩道橋 »