« しあわせのねこ自転車 | トップページ | MR-4-F その2 »

2005年10月 9日 (日)

MR-4-F

 今自分が所有している自転車は、13年ほど使っているMTB、MR-4という折りたたみ自転車、この夏仕上がったばかりのロードレーサーの3台です。10年位前から自転車通勤していましたが、しばらく自転車に乗ることそのものをやめていた時期があります。3年前にふとしたことでMR-4という自転車を買いました。それをきっかけとして自転車の趣味を再開しました。その時の記録をまとめておいたものです。

 「うちのお嬢」

「ロードレーサーだから段差とかに気をつけて下さい」新車を受け取った時、店の人にそう言われました。「ロードレーサーなのかこれは!」ロードレーサーといえばあの細身のタイヤにスリムなフレームで「シャーッ」と、どこからともなく現れ、追い抜き、そしてそれに私が追いつくことはない。あの自転車ですね。遂に私もあの仲間入りをする日がきたのでしょうか。今迄はMTBを使っていました。あの気楽な感じとはお別れ。これからは困った時の歩道避難もなしで車道専門に走り続けなくてはなりません。未舗装路はどうする?失うものへの郷愁が涌いてきました。やめるのなら今のうちです。でも、今更やめるわけにはいきません。何より思いもかけずレーサーに乗れるのです。やってみましょう!

 折りたたみ自転車を買おうと思ったのは、その2ヶ月ほど前のことでした。ちょっとした移動にあると便利だろうと思ったのがそもそもの始まりでした。駅まで走り折りたたんで輪行、降りたら走る。キックボードをその役に使ったこともありました。しかしあれは意外なほど走行音がして、そのため後方の様子が掴みにくいという欠点を感じて、手放しました。始めは近所の量販店で扱っている23万円程度の安物で充分。ついでに前後サス付きにしてサス体験もする。そんな計画でした。購入はボーナスの時期。それまでまだ間がありました。そのうちに、どうせ乗るならしっかりと走る奴、変速も最低でも7段変速は欲しい。そう思うようになってきました。そうなると、予算も6~7万円くらいはかかるかなと一気に倍。以前にも折りたたみ式を買ったことがあります。「NASAの技術を応用した」とかで、超軽量という製品でした。しかし重力下での使用には軽いとは言えず、坂の多い横浜では効果が疑問な3段変速、タイヤ径が小さいせいか、ブレーキシューは消しゴムが減るが如くに磨耗する、スピードは出ないなど等、自分の評価は散々でした。だから折りたたみ車に対する期待は全くありませんでした。けれど、あれから何年も経っています。技術も進歩しているはず。とにかく今どんなものが出ているのか見ないことには話になりません。そう思って、町田の方にある自転車屋に足を運んだのでした。

・・つづく

 昨日の自転車走行距離 60キロ

 家を出てから帰るまでに見たねこ 16

 

 本日の自転車走行距離 0キロ

 家を出てから帰るまでに見たねこ 1

|

« しあわせのねこ自転車 | トップページ | MR-4-F その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« しあわせのねこ自転車 | トップページ | MR-4-F その2 »