2020年11月30日 (月)

夏物を晩秋に買う

 夏の間使っていた紫外線除けのアームカバーが破けました。
 あともう少しもってくれれば夏も終わりという時期でした。
 去年買ったもの。
 二シーズンもってくれました。
 が、あと少しで使わない季節になっていました。
 残りの時期は更に一年前に買ったものを使い乗り切りました。
 それははさらに古いもの。
 次の夏の時期、早いうちに破けるでしょうね。
 来年用に新たなのを手に入れないと。
 そう思っていたところに夏の売れ残りを発見。
 しかも安くなっていました。
 そこで購入。
 しかし色は黒。
 今まで使っていたものは白でした。
 白がいい。
 紫外線除けとしては黒い色の方が効果はありそうです。
 しかし、真夏に黒いものを見に付けると暑い!
 できれば白がいい。
 しかし・・・。
 「来年用がいるね」と調べると黒しかない。
 白は作らなくなったのか?
 それとは別に自転車用ウエアは黒が増えてきた感じがします。
 黒が流行っているのか?
 う~ん。
 黒は車からの視認性が良くないです。
 できれば使いたくない色。
 Imgp0211_20201129081001
 (夏に着けたら暑そうな夏用アームカバー 大きさ対比用「縄文のめが子」)
 でも夏用アームカバーは黒しかないようです。
 今回はこれを買いました。
 
 本日の自転車走行距離
 
 今日であったねこ 1

|

2020年11月29日 (日)

大型「草薙のつるぎ子」を作ろう 15

 オリジナルデザインの人形「草薙のつるぎ子」制作日誌の続きです。
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2020/11/post-f8b0f4.html
 「大型」と作ろうとしたきっかけは自粛期間中に作った「銅鐸さん」
 これを今までのサイズより大きく作りました。
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2020/05/post-4856fb.html
 Imgp0236_20201129072301
 その理由は「銅鐸」をひと回り大きく作りたくなったから。
 前作より1㎝か2㎝底辺の長さを伸ばして、それに合わせて全体を調整。
 図面を引きました。
「本当に図面道理の大きさ?」と思うほど大きくなりました。
 図面に重ねて見ると確かに寸法は同じ。
 立体にすると大きく見えるみたい。
 完成したものは結構気に入りました。
 オリジナルデザインの人形の中で一番のお気に入りは「草薙のつるぎ子」
 よりイメージに近くなるよう作り直すことも何度か。
 足を付けたり、手を6本にしたりバリエーションも作りました。
 Imgp0238_20201129072801
 (左から 「草薙のつるぎ子(足付き)」「草薙のつるぎ子Ⅵ」「草薙のつるぎ子」)
 バリエーション展開はあまり上手く行かなかった。 
 シンプルなのがいい。
 Imgp0237_20201129072801
 「銅鐸さん」に合わせてこれも大きく作ってみたくなりました。
 そして作業開始。
 思ったよりも手こずりました。
 「銅鐸さん」の方が形が複雑だけど早くできなかった?
 時間がある時だったから?
 しかし、ようやく完成までもう一息という所まで来ました。
 Imgp0216_20201129073101  
 Imgp0223_20201129073101
 Imgp0224_20201129073101
 そこで一つ重大なことに気がつきました。
 「銅鐸さん」はそのシルエットが三角形。
 底辺が長くどっしりしています。
 人形の大型化に向いている。
 それでも冠型銅鐸は重かったと反省。
 一方「草薙のつるぎ子」は足が剣。
 そこが面白いんですが、自立しない。
 それで足付きを後から作りましたがしっくりこなかった。
 重力下では極めて不安定なデザイン。
 それを大型化すると非常にもろくなる。
 完成を間近にしてようやく底に気がつきました。
 幸い「草薙のつるぎ子」は銅鐸さんほど重くない。
 自重で崩壊ということは無いです。
 無いはず。
 無いと思いたい。
 足の剣はその対策に1㎜の真鍮線を芯に入れています。
 そこまでは良かった。
 全体を金属シャフトで貫くように補強するような細工が必要だった。
 各部組み立ての時になったようやくそこに気がつきました。
 ああ・・・、まああいいか。
 対策としてはより強固に支えてくれるスタンドの設計。
 スタンド作るのって面倒くさい・・・。
 
 本日の自転車走行距離 0
 
 今日であったねこ 1

|

2020年11月28日 (土)

ドロップハンドル用のハンドルカバーを試す。

 冬の寒い時期の自転車通勤用にハンドルカバーを用意しました。
 ドロップハンドルにかけられるカバー。
 夏の暑い時期に買っておきました。
 秋になったら売れちゃうだろうと早めに手に入れておいたのでした。
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2020/08/post-64011e.html
 寒いという予報の朝。
 遂に試す時が来ました。
 レビューでは手袋が要らないほど暑くなるとありました。
 ほんとかなという感じ。
 ハンドルに装着。
 Imgp0221_20201127193101
 朝一番で出航。
 寒いという予報でしたがさほどでもない感じ。
 手袋は自転車バッグに忍ばせて素手で使いました。
 風が吹き込んでくる。
 冷たい・・・。
 バーエンドを出す構造になっています。
 Imgp0222_20201127193101
 手を入れる口からバーエンドの口へ風が抜ける・・・。
 Imgp0220_20201127193101
 こりゃ冷たいわ。
 暑くなるんかね・・・。
 ものの5分ほど走ると手がポカポカ。
 レビューでも10分ほどで暑くなるとあったっけ。
 真冬の感想でしょうから、今の気候なら半分の5分か。
 恐らく手から出る汗で中の湿度が上がる。
 それでポカポカしてくるのでしょう。
 使い勝手は分かりました。
 もっと寒くなった時の朝に使いましょう。
 途中で外して、バッグにしまいました。
 そのまま素手で走行。
 手のひらに余熱が暫く残りました。
 しかし、その内冷たくなりました。
 ハンドルカバーの保温効果はなかなかのものでした。
 もっと寒くなる1月から2月に本格的に使うことになるでしょう。

 本日の自転車走行距離 0

 今日であったねこ 7 

 ハンドルカバー

 https://item.rakuten.co.jp/airfric/wg-01r/?s-id=ph_pc_itemname

|

2020年11月27日 (金)

大型「草薙のつるぎ子」を作ろう 14

 オリジナルデザインの人形「草薙のつるぎ子」制作日誌の続きです。
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2020/11/post-99c8a8.html
 作り直した上半身。
 腕の角度が変なことに気がつきを変更。
 角度を変えると服も直さないと変。
 左側の腕と服を切断。
 角度を変えた腕を再接続。
 切断面にパテを盛り、耐水ペーパーで磨きました。
 表面を仕上げると元々こうだったみたいに。
 次の行程は服を直すこと。
 エポキシパテを薄く伸ばします。
 Imgp0198_20201126191601
 それを服の生地にして貼り付けました。
 Imgp0199_20201126191601
 パテの硬化後、ポリエステルパテを盛りつけ。
 Imgp0200_20201126191601
 その硬化後、耐水ペーパーで磨いて地ならし。
 Imgp0201_20201126191601
 更にラッカーパテを溶剤で解いたものを塗りつけます。
 目の細かい耐水ペーパーで磨いて仕上げをしました。
 Imgp0206_20201126192501
 上半身の修正が終えたところで、腕を取り付けます。
 Imgp0205_20201126192501
 その角度の検討。
 ここで間違うと「完成!」と思ったところでまた作り直し。
 Imgp0209_20201126192501
 しんちょ~に。
 腕の角度が決まったので接着。
 パテの硬化を待って今までと同じ工程で仕上げます。
 Imgp0210_20201126192501
 頭部にも少し手を入れました。
 つづく。
 
 本日の自転車走行距離 40キロ
 
 今日であったねこ 10
 
 
 
 

|

2020年11月26日 (木)

「眠りねこ」と「眠りそうなねこ」は間違いやすい。

 「眠りねこ」と「眠りそうなねこ」は間違いやすい。

 https://www.youtube.com/watch?v=gN5caNcM-ME
Imgp0174_20201126090301
 

 本日の自転車走行距離 8.5キロ
 
 今日であったねこ 1

|

«腕立てとおしっこ