2020年7月16日 (木)

キャットアイVolt100が使えるように

 取り付け用のツメが折れたキャットアイVolt100ライト。
 一時はヘルメットホルダーを接着。
 ヘルメットの上で点滅ライトとして使うつもりでした。
 どしかし、どうにも使い勝手が良くない。
 外してトイレの非常灯として待機させていました。
 ブラケットスペーサーを付けたら直せる。
 Volt200をそうして直しました。
 その時、100にそれを応用しなかった。
 接着剤でヘルメットホルダーを固めていたから。
 「取れないだろう」と思っていたのでした。
 エポキシ系接着剤なので丁寧に剥がしていけば何とかなるはず。
 そうして作業開始。
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2020/07/post-4e7921.html
 上手く剥がすことに成功。
 折れたツメのあった台座をのこぎりで切断。
 これでブラケットスペーサーを付ければ完成。
 Volt200もそうして直しました。
 通販でブラケットスペーサーを注文。
 届いたもので作業再開。
 Imgp0138
 でもこの新しいものは使わない。
 Volt300のそれを外しました。
 今や現役のライトで一番古いものに成りました。
 ブラケットスペーサーも傷だらけ。
 新しいのはそこにつかうことに。
 300から外した物を使ってVolt100を直します。
 Volt200を直した時、固定に木ねじを使いました。
 それって取ってあったろうか?
 一本しか要らないのに10本くらいのセットで買いました。
 工具箱の中にはそれらしいものは見当たらず。
 15ミリくらいの木ネジのセットが出てきました。
 100の本体とブラケットスペーサーを合わせて長さを測定。
 木ネジの長さは5mmもあればいい。
 長すぎる・・・。
 手持ちのボルトで何とかならないか・・・。
 色々当ててみましたが合うものは見つからず。
 買うしかないか・・・。
 「買うしかないか」と「ナウシカないか」は間違いやすい。
 買いに行く前にその木ネジを必要な長さに切ることにしました。
 プライヤーで抑えて、金のこで切断。
 ピンバイスで開けた穴に短くした木ネジを仮装着。
 納まった!
 おお、このまま使える!!
 ブラケットスペーサーと本体をエポキシ系接着剤で接着。
 固定用のボルトで固定するところに短くした木ネジで固定。
 ブラケットスペーサーの位置を確認して接着剤の固まるのを待ちます。
 接着剤も固まり修理作業完了。
 Imgp0139
 前回の記事を書くためにVolt200を直した時の記事を読み返しました。
 同じ方法で直してる・・・。
 木ネジを金のこで切ってる!
 この木ネジたちはこのために買っていたものだったんだ・・・。
 がび~ん。
 もう忘れちゃっているけど、5㎜くらいの長さのものが無かったんだ。
 それで売り場にあった一番短いものを買った。
 それを切れば何とかなる。
 そういう算段だったよう・・・。
 ブラケットスペーサーは軟質樹脂。
 過去にツメが折れたことはありません。
 この作業はいちどしかしないだろう。
 そういう思いから「忘れていい」ことになってたんね。
 でも、使う当てのない木ネジを捨てないでいたのは良かった。
 それが使えるかどうか試す前にあ買いに行かないで良かった。
 この辺りはすごく運がいい。
 再び自転車の取り付けブラケットに着脱可能になりました。
 これでVolt200が電池切れで充電中の時交代要員ができました。
 もっとも、その為にG Volt70を買いました。
 しかしこれは270ルーメンという明るさ。
 300ルーメンのVolt300に匹敵します。
 点滅ライトというより夜間のライトとして使う方がいい。
 Volt100は100ルーメン、200は200ルーメン。
 前照灯としてはちょいと暗い。
 でも昼間の点滅灯としては申し分のない性能です。
 
 本日の自転車走行距離 22キロ
 
 今日であったねこ 1
 

|

2020年7月15日 (水)

キャットアイVolt100復活計画

 以前昼間の自転車走行中、点滅ライトとして使っていたVolt100。
 取り付け用ツメが折れたのでホルダーに付かなくなりました。
 見た時から本体と一体型なので折れたらお終いと分かっていました。
 それがついに折れました。
 ライト本体に異常はありません。
 ツメが折れたのでホルダーに付かない。
 点くのに付かない。
 使えるのに使えない。
 後継モデルのVolt200と交代。
 Volt100はヘルメットホルダーに付くよう改造しました。
 ヘルメットの上でピカピカさせようという計画でした。
 が・・・。
 ヘルメットの上では点いているのかどうなのかもわからない。
 頭も重くなるし、使い勝手が全く良くない。
 ヘルメットライトの計画は中止。
 そのままトイレの非常灯として余生を送ることになりました。
 それから数年経ちました。
 去年、後継機のVolt200のツメも折れました。
 200は100と同じデザイン。
 光量が違うので電池の重さが違うだけ。
 見た目は同じ。
 200も非常灯任務か・・・。
 後継機にGVolt70というライトを買いました。
 その直後、補修部品のスペーサーを使えば直せることを知りました。
 スペーサーを買って修理に挑戦。
 また自転車に付くようになりました。
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2020/01/post-9f944e.html
 先日、ふと思いついた。
 Volt100も同じ方法で直せないか?
 しかし、ヘルメットホルダーを付けてしまいました。
 エポキシ系接着剤でガチガチに固定。
 それで200を直した後、100は放置したんだっけ・・・。
 これが上手く剥がせれば同じ方法で直せるはず。
 先ずはやってみることに。
 接着剤はかなり強固でした。
 Imgp0124_20200714195001
 (上 ヘルメットホルダーを付けたVolt100 下 スペーサーを接着して修理したVolt200)
 カッターで切れ目を入れて、へらで剥がすことに成功。
 後は台座をプラスチック用のこぎりで切断。
 Imgp0125_20200714195001
 これで修理ができます。
 Imgp0126_20200714195001
 あとはキャットアイのスペーサーを用意するだけ。
 予備がないので新規で注文だ。
 
 本日の自転車走行距離 38キロ
 
 今日であったねこ 6
 

|

2020年7月14日 (火)

そこまでするなら使えばいいのに

 新しい爪とぎを買ってもらったねこ。
 爪とぎは主にねこタワーの柱でしています。
 それで間に合っているよう。
 随分とけばけばになってるんだけど。
 そんな事情から買ってもらった爪とぎ。
 相変わらず使わない。
 http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2020/06/post-69b653.html
 Imgp0132_20200714063401
 けれど自分のものという自覚はあるみたい。
 Imgp0133_20200714063401
 枕にしたりしています。
 Imgp0134
 本日の自転車走行距離 10キロ
 
 今日であったねこ 2

|

2020年7月13日 (月)

トルクレンチでプレッシャーアンカーを取り付ける。

 GTのグレードのアヘッドステムのスペーサーを交換しようと思いました。
 スペーサーは位置を変えてハンドルの高さを調整する部品です。
 純正は真っ黒。
 手持ちの色付きに替えたかった。
 交換してステムを元に戻して終了・・・。
 のはずでした。
 どうもブレーキに効きが良くない。
 ブレーキをかけるとハンドルがガタガタします。
 元に戻した時のボルトの締め付けがよくなかったみたい。
 隙間も空いていました。
 調整し直し。
 が・・・。
 上手くいかず。
 マニュアル本やインターネットでやり方を検索しました。
 いろいろ試しましたがうまくいかない。
 アンカーボルトという部品のネジ山をなめてしまいました。
 がび~ん。
 壊しちゃった・・・。
 グレードのフロントフォークはカーボン製。
 アンカーボルトはカーボンを傷めないように取り付けができる部品。
 そのボルトのネジ山がダメになりました。
 使えない・・・。
 新しいのを買わなくちゃ。
 力を入れすぎたようでした。
 カーボンの方にその影響がなかったのは何よりの救い。
 プレッシャーアンカーを注文することにしました。
 一緒にトルクレンチも注文。
 手で力任せに締めるは良くない。
 プレッシャーアンカーとトルクレンチが到着。
 どうもうまく締められなかったのはアンカーボルトのせいらしい。
 これが傷んでいたから、もしくは最初からふりようひん。
 新しいのを付ければすぐに解決。
 のなずでした・・・。
 何度やってもブレーキレバーをかけてハンドルをゆするとガタガタ7します。
 ひ~。
 プレッシャーアンカーのせいじゃない・・・。
 もう一度インターネットで検索。
 アヘッドステムの正しい付け方を説明しているサイトを見つけました。
 http://ysroad.co.jp/shinjuku/2017/10/09/30836
 その通りに組付けすると・・・。
 フォークとフレームに隙間がボルトを締めるたびに埋まっていく。
 つまりしっあり締められているということ。
 ああ・・・。
 上手くいった。
 この時同時購入したトルクレンチが大活躍。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2020/07/post-0efac6.html
 力の入れすぎを防げるので安心して締められます。
 とはいうものの初めての使用。
 慎重に作業しました。
 どうもねぇ、アヘッドステムは登場した時から苦手でした。
 仕組みがよくわからなかった。
 今回その仕組みがよく分かりました。
 グレードは最新のシステムでフォークがヘッドパーツの部品を兼ねています。
 その辺りも理解しにくかったことの要因。
 でも、基礎は変わっていませんでした。
 その基礎が分かっていなかったことが改めて判明。
 従来型のアヘッドステムの自転車の整備も苦戦していました。
 しかし、なんとか上手くいっていました。
 な~んで上手く行ったのかよく分からないまま。
 上手くいったからいいか。
 何故うまく行ったのかの検証はなし。
 検証できるほどの知識が無かった。
 ということが分かりました。
 ヘッドキャップのボルトで締めるんよ。
 Imgp0131_20200713081401
 (縁の部品がアンカーボルトのキャップ。中央のボルトを締めて調整。アンカーボルトはこの中に入っています)
 それで固定するだけ。
 簡単な仕組みでした。
 金属製のフォークには最初からアンカーボルトを付けるナットが入っていました。
 「ボルト締めれば固定」という「正解」にたどり着きやすかったみたい。
 プレッシャーアンカーで固定するのだと思っていました。
 アンカー先生は、フォークにボルトを打ち込めるネジ穴を提供するだけ。
 キャップとそのボルトで全体をつなぐ。
 ああ・・・、そういうこと。
 これが分からずに散々苦労しました。
 その後テスト航行の成果もも上々。
 ブレーキも問題なく効きます。
 就航当時の乗り心地の良さが戻りました。
 完璧に直せたようです。

 本日の自転車走行距離 16キロ
 
 今日であったねこ 2

 アンカーボルト

 https://item.rakuten.co.jp/gottsuprice/gx-sp26/?s-id=ph_pc_itemname
 

|

2020年7月12日 (日)

トルクレンチ購入

 自転車用のトルクレンチを買いました。
 指定トルクでボルトを開け閉めできる工具。
 今までその必要性を感じてはいませんでした。
 GTのグレードはカーボン製フォーク装備です。
 以前もカーボンフォークを使ったことがありました。
 コラムというフレームにつりつける部分が金属製でした。
 最近のはすべてカーボン製。
 カーボンは軽くて頑丈です。
 が・・・。
 力が一転に集中することには弱い。
 フォークを取り付ける時にボルトで固定します。
 この時のボルトの締め付けが強すぎると最悪破断するそうです。
 そうならないために指定トルクで締め付ける必要が出てきました。
 そこで購入。
 やっぱりカーボン製品は面倒ね・・・。
 そうは言ってもグレード買っちゃいましたから。
 Imgp0127_20200712074001
 専用箱入りで届きました。
 Imgp0128
 (トルクレンチ一式 大きさ対比用「縄文のめが子」)
 六角レンチ各種と星形のレンチが付属。
 使い方は簡単。
 レンチの柄を回してトルクを指定。
 するとその指定トルクまでは締められるけれど、それ以上は動かなくなります。
 締め付けが足りなければ工具は動く。
 力を入れすぎれば工具は動きません。
 2000円くらいの簡易トルクレンチもありました。
 ちゃんとしたのを買ってよかった。
 箱の中に紙っぺらが。
 見ると主な自転車部品の締め付けトルクの一覧表。
 あ、これは助かる。
 実際の製品には指定トルクがあるでしょう。
 でも、目安になります。
 
 本日の自転車走行距離 5キロ
 
 今日であったねこ 9

 トルクレンチ

 https://item.rakuten.co.jp/gottsuprice/gx-06/?s-id=ph_pc_itemname
 

|

«サーキュレーターなるもの