2019年12月 6日 (金)

「ロードバイクを自分で組む」

 「ロードバイクを自分で組む」という本を買いました。
 Imgp1985
 (「ロードバイクを自分で組む」 大きさ対比用「五重塔子」)
 フレームを買ってくれば、自分で6~7割は自分で組付けられます。
 車輪の組み方とかできない部分もあります。
 車輪が自分で組めるようになるとねぇ・・・。
 かなり便利。
 専用機材も必要だし、とても難しそう。
 このように手を出せない部分もあります。
 独学でどうにかできるようになりました。
 今更本など要らない気もしました。
 けれど面白そう。
 それに元々が独学です。
 プロの知識はありません。
 修理の参考にもなるでしょうということで買いました。
 当然ですが最新の自転車の組み立て方についてでした。
 電動式の変速機、フレームにワイヤーを通す方法などが買いてありました。
 電動式も、ワイヤーを内部に通す特殊なカーボンフレームも持ってない。
 導入予定もありません。
 けれど予備知識としては面白かった。
 後半に少し古い型、すごく古い型の組み方も載っていました。
 こちらの方が私には実践的でした。
 12月末に復元しようとしていたロードバイク。
 この本をきっかけに作業開始が早まりそうです。
 
 本日の自転車走行距離
 
 今日であったねこ 1

 「ロードバイクを自分で組む」

https://books.rakuten.co.jp/rb/16076539/

| | コメント (0)

2019年12月 5日 (木)

ねこ、左手ケガして一週間

 うちのねこが怪我をしました。
 Imgp1963
 (何でもない時の寝姿)
 左手が腫れている。
 医者に行くと膿が貯まっているとかで出してもらいました。
 注射二本(抗生剤と痛み止めだと思う)打ってもらいました。
 抗生物質の錠剤一週間分を処方してもらいました。
 どこでいつ、どんな怪我をしたか分かりません。
 朝は何ともなかったはず。
 お手入れでなめすぎても雑菌が入ることがあるそうです。
 ねこ舌はおろし金状だしね・・・。
 私は爪を研ぐ時の傷じゃないかとにらんでいます。
 原因は不明なまま。
 膿を出してもらったかなり楽になったようでした。
 Imgp1974
Imgp1975
 (病院から帰った夜 左手は伸ばさない まだ腫れています)
 翌日から薬の服用。
 抱っこして仰向けに。
 口を開けてもらうと「するん」
 あれま!簡単。
 歴代のねこの中でも特に素直。
 全く抵抗しませんでした。
 翌日も薬の時間。
 再び抱っこであおむけ。
 ところが・・・。
 口を開けません。
 最初の日は分からないまあ口を開けたのでしょう。
 「何か飲まされた」ことが分かった。
 その二日目以降、口を開けるの苦労しました。
 でもこのねこのすごい所は、それ以上の抵抗をしないこと。
 初代のねこはシャムねこでした。
 気が荒くて面白かった。
 薬を飲ませたことは何度かありました。
 口を開けさせようとすると噛もうとして抵抗。
 手でも足でも抵抗しました。
 噛もうとするときに口を開けるのでそこから「するん」
 でも出しちゃう。
 それを繰り返しているうちに飲んでくれました。
 今のねこは、抵抗はしません。
 でも口をなかなか開けてくれない・・・。
 そんなやり取りを繰り返して一週間。
 薬の服用が終わりました。
 三日目くらいから左手を庇わずに歩くようになりました。
 今ではすっかり完治しました。
 Imgp1976
 (治りました)

 本日の自転車走行距離 0
 
 今日であったねこ 1

| | コメント (0)

2019年12月 4日 (水)

スートラにハブライトホルダー二基装着

 自転車にハブライトホルダーを装着しています。
 きっかけはリンプロジェクトのレインポンチョの導入。
 ポンチョはハンドル周りを覆ってくれます。
 手元が濡れなくて寒くならなくていい。
 欠点が二つ。
 サイクルコンピュータ、腕時計が見えず、時間等が分らない。
 ハンドル装着のライトが路面を照らせない。
 センターフォークブラケット装備でも照らせません。
 Imgp1980
 時間確認問題は未解決ですが、ライト問題は即解決。
 ハブライトホルダー装着で、ポンチョの覆いから逃れられます。
 同じような時期にテールランプ付きバッテリーを買いました。
 Voltシリーズのバッテリーにテールランプが付いています。
 ハブライトホルダーを使えば、後方を赤く照らしてくれます。
 「一つ日で二度おいしい」解決法でした。
 コナのスートラはダボ穴が5か所あります。
 フレームに3か所、フロントフォークに2か所の計5か所。
 右側のフォーク穴に取り付けました。
 本来は車軸に付けるので「ハブダイナモ」です。
 位置は少々上になりますがまあいいでしょう。
 夏の間、ポンチョを使う機会はありませんでした。
 着込むと熱いから・・・。
 寒くなった時期こそ大活躍。
 日が短くなるし、ライトも大活躍の季節です。
 前から気になっていたことが一つ。
 ハブライトホルダーに夜間はより強力なVolt700を付けること。
 明るいけれど電池の消耗は激しいです。
 700用の大容量のバッテリーを使っています。
 そうするとテールランプ付きバッテリーが使えない。
 「夜の雨の日こそテールランプ付きバッテリーを付けたい問題」
 雨の夜、ポンチョ着用でに走る機会が少なかったので忘れていました。
 そのままVolt700に付けていてもいいのですが、こいつは電池食い。
 付けたくはありません。
 そこでハブライトホルダーをもう一つ追加すればいいと思いつきました。
 他の自転車は車軸、つまりハブにホルダーを付けています。
 スートラのハブにもそれを付けましょう。
 ということで上下二段になりました。
 ハブに付けたホルダーにはテールランプ付きバッテリー装備のVolt400。
Imgp1982
 今までの位置にはVolt700。
Imgp1981
 雨の夜間はこの二灯体制で。
 Imgp1983  
 本日の自転車走行距離 44キロ

 今日であったねこ 3

 ハブライトホルダー

https://item.rakuten.co.jp/trycycle/xon-t8xbl01red/

| | コメント (0)

2019年12月 3日 (火)

2019年横浜港カレンダーおしまい。

 去年、2019年の横浜港のカレンダーが当たりました。
http://necojiman.cocolog-nifty.com/personallog/2018/10/post-5af6.html
 Imgp1977
 TVK「カナフルTV」のプレゼントでした。
 部屋には二つのカレンダーをかけています。
 そのうちこの横浜港はひと月前のを開いていました。
 貰って嬉しかったので早速1月を開いて飾ったのでした。
 11月の段階で12月分を開いていました。
 Imgp1978
 だから12月にはおしまい。
 一足早く、お役目終了。
 
 本日の自転車走行距離 22キロ
 
 今日であったねこ 17

| | コメント (0)

2019年12月 2日 (月)

4ミリ径と5ミリ径の差

 自転車のフレームにボトルケージを付けられる「どこでもダボ穴」
 ダボ穴の無い折り畳み自転車ブロンプトンに使っています。
 便利ですが、少々かっこ悪くなるのが欠点。
 先月買ったチタン錠。
 この専用ホルダーがボトルケージのダボ穴で固定するタイプでした。
 これを使うとダボ穴がひと組埋まってしまいます。
 そこで「どこでもダボ穴」を使うのを思いつきました。
 新たに買う前に今持っているものを試してみましょう。
 ブロンプトンから外して別な自転車に付けてみました。
 案の定、かっこ悪い。
 その後、ホルダーは結束バンドで固定することに。
 使わなくなった「どこでもダボ穴」
 元のブロンプトンの戻しましょうか。
 たまたま余っていたチタンボルトが使えました。
 二本必要ですが、余っていたのは1本だけ。
 もう一本用意して、ボルトをチタンに換えましょう。
 「ほんのちょっと軽量化計画」
 早速注文。
 二本一組でした。
 必要なのは1本だけですが、まあ仕方ない。
 「あっ!」という間に到着しました。
 が・・・。
 5ミリ径のボルトが必要なところ、来たのは4ミリ径。
 太さが1ミリ違うと使い物になりません。
 お店の間違いではありません。
 私の注文が間違えていたのでした。
 使う工具が4ミリのアーレンキーだった。
 「4ミリ工具を使うのは4ミリ径のボルト」と早合点。
 がび~ん。
 また注文し直さないと。
 使う当てのない4ミリ径のボルトが二本・・・。
Imgp1973
 (手のひらに乗せると軽さが快感な4ミリ径のチタンボルト 大きさ対比用「草薙のつるぎ子」)
 唯一の心の救いがありました。
 それはボルトを手の平に乗せるととても軽いこと。
 この軽さを楽しむことくらい。
 
 本日の自転車走行距離 14キロ
 
 今日であったねこ 1

 「どこでもダボ穴」

 https://item.rakuten.co.jp/naturum/2912573/

| | コメント (0)

«横浜市泉区